スズキのカリスマ経営者鈴木修さんが残した「心に響く名語録」


 2021年2月24日、スズキは鈴木修代表取締役会長の退任を発表した。鈴木修氏の会長退任は、同日行われた取締役会において内定したもので、2021年6月開催の第155回定時株主総会において採択される予定となっている。

 ついにその時が来たのだ。

 鈴木修氏は1978年にスズキ社長に就任。同社のインド進出を主導するなど、40年余りにわたり経営の指揮を執ってきた。

 2000年に会長兼CEOに就任し、一時は社長職も兼任したものの、2015年には社長職を、2016年にはCEOを後任の鈴木俊宏氏に譲っている。会長退任後は、同時に退任する原山保人副会長とともに、相談役となる予定だ。

 そこで、鈴木修氏がこれまで残してきた数々の名語録のなかから、モータージャーナリストの片岡英明氏が抜粋して、名語録の背景とともに解説する。

文/片岡英明
写真/ベストカー編集部 スズキ トビラ写真(REUTERS  Issei Kato – stock.adobe.com)

【画像ギャラリー】鈴木修会長とともに歩んできたスズキの名車たち大全集 !!


中小企業の親父が2021年6月に勇退

静岡県浜松市のスズキ本社社長室にて、2008年(REUTERS  Yuriko Nakao – stock.adobe.com)

 スズキのカリスマ的な経営者として知られ、生涯現役を貫くと公言していた鈴木修会長が、創立100周年の節目をとらえ、2021年6月の株主総会をもって会長職を退き、粋に去って行く。

 社長に就任したのは、鈴木自動車工業を名乗っていた時代の1978年(昭和53年)だ。その頃は軽自動車メーカーという印象が強かった。だが、1980年代になると登録車の分野でもカルタスやエスクードなどのヒット作を出すようになる。

 また、世界最大の自動車メーカーだったゼネラル・モーターズ(GM)とも提携し、燃費のいいスモールカーを積極的に提供した。未開だったインドにも進出し、1990年代にはハンガリーにも生産拠点を築いている。

 鈴木修さんの経営手腕はすごかった。常に現場主義を貫き、ひらめきと行動力において誰にも負けなかったのである。だからスズキは、あれよあれよと思う間に「世界のスズキ」へと成長していったのだ。

 今のスズキがあるのは、八面六臂の活躍を演じた鈴木修さんがいたからだ、と言って過言ではない。遺した功績は驚くほど多い。人々から「修語録」と呼ばれた名言も一冊の本になるほどたくさんある。

 そこで鈴木修さんらしい名言をピックアップしてみよう。「修語録」から、近い将来の自動車メーカーの生き方や生き残り戦術のヒントが見えてくるはずだ。

名語録1/GMとの提携のなかで生まれたスズキはメダカじゃなくて蚊

スズキとGMが1981年8月に提携して以来初の共同開発車となる、シボレークルーズを2001年11月に発売。日本市場を含めたアジアパシフィック地域におけるGMの世界戦略車第一号

 「ゼネラル・モーターズが鯨で、うちがメダカ? いやうちはメダカじゃなくて蚊ですよ。だってメダカは鯨にのみ込まれてしまうが、蚊であれば空高く舞い上がることができるので飲み込まれない」

 GMと提携した1980年代、スズキは弱小メーカーだった。が、鈴木修さんは「ぺしゃんこに潰されるのは嫌だから『この野郎』という気持ちで挑戦し続けてきた」と述べている。

 不屈の精神で臨み、頑張ったから瞬く間にGMから信頼を勝ち取り、頼りになるパートナーとして認められた。小さな会社だったから巨大なライバルと対等に戦うのは難しかったが、これだけは絶対よそに負けない、特長のある会社にしたい、と鈴木修さんは常に考えていたのである。

 この努力が身を結び、今では世界中の大きな自動車メーカーが、空高く舞い上がったスズキの高い技術力や次の一手に注目するようになった。

 また、鈴木修さんは「スズキのクルマづくりがここまで進化できたのは、GMという『いい師匠』に恵まれて、技術者を育ててもらった」とGMに対する礼と恩も忘れていない。

次ページは : 名語録2/100年に一度の変革期を予見した名言

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ