スズキのカリスマ経営者鈴木修さんが残した「心に響く名語録」


名語録2/100年に一度の変革期を予見した名言

 「かつては10年ひと昔といったが、今は1年ひと昔。10年先のことを考えるなんて昔で言えば100年先を考えるようなもの。会社のあるべき姿を描くと現実から大きくかい離する。最小限、何を今なすべきかを考えていくことだ」

 自動車業界は100年に一度の大変革期を迎えている。「電動化」や「自動化」に加え、「コネクテッド化」の波も押し寄せてきた。鈴木修さんは、遠くないうちに100年に一度の大変革の時代が来ることを予見し、この名言を吐いたのだろう。

 また、「前年の常識が今年は違う。今やっていることが全部間違っているという前提で見ることだ」とも述べている。

名語録3、4/昭和の古き良き時代が懐かしい名言

スズキ本社

 「土曜休んで日曜も休む奴は要らない。今の日本の悪い所はアメリカ的時間の切り売りが横行している事だ。8時間働けばそれでいいなど通用しない、成果で報酬がでるんだ」

 昭和のカリスマ経営者らしい名言だ。21世紀の今は、うるさいほど労働時間が決められ、残業も制約されている。

 やみくもに労働を強いることはできないが、昭和の時代に育った筆者には、このスパルタ精神の主張が理解できる。経営陣から現場の労働者まで、理屈抜きで一丸となって頑張ったから「世界のスズキ」へと上りつめたのだ。

 同じような名言としては、

 「人間の能力の差は、体力・気力・努力次第で簡単に逆転する。要はやる気次第だ。やる気を出せばなんでもできる」

 というのがある。

次ページは : 名語録5、6/鈴木修氏の独創性がよく表れている