プロボックス最強営業車伝説!! ライバルを徹底研究したトヨタの真髄とは


■燃費も車内装備もビジネスにやさしい

プロボックスのハイブリッドユニット。ノーマルに比べて27万ほど高価だが、燃費換算すると数年で元が取れる計算だ。商用車は走行距離が延びがちなところも恩恵が大きくなる

 プロボックスの特徴とされるハイブリッドでは、DX(185万3500円)の価格を1.5LノーマルエンジンのDXに比べて、27万5000円の上乗せに抑えた。ヤリスでは、1.5Lノーマルエンジンと1.5Lハイブリッドの価格差が約37万円だから、プロボックスのハイブリッドは10万円ほど割安だ。

 そして実用燃費がWLTCモード、レギュラーガソリン価格が1L当たり145円で計算すると、27万5000円の差額を燃料代の節約で取り戻せるのは13万kmを走った頃になる。

 商用バンでは、1年間に2万km以上を走るユーザーも多いから、6〜7年で取り戻せる。走行距離がさらに伸びれば、取り戻せる期間は一層短くなる。用途に応じたハイブリッドの選択でコストを抑えられることも、プロボックスの特徴だ。

 荷室の広さはプロボックス、NV150ADともに同程度だが、後席の造りは異なる。プロボックスでは、Fを選ぶと後席の座り心地が向上して、畳む時も座面の引き起こし式に変わる。同様の仕様をGLやDXコンフォートでオプション装着することも可能だ。

 NV150ADには、このような後席の選択肢はない。最上級のエキスパートGXに、後席のピロー(ヘッドレストではない)が装着される程度の違いだ。

 インパネの周辺も、プロボックスでは、ノートパソコンなどを置ける引き出し式のテーブルなどを装着した。オフィスの作業を車内で行えるように配慮している。商用バンは乗車時間が長いため、仕事場の機能を充実させることも大切だ。

■トヨタの営業力も独走の大きな力

車内装備の充実に加え、トヨタの営業力も大きい。トヨタの営業マンもプロボックスで忙しく走り回っているのに違いない

 このほかプロボックスとNV150ADの売れ行きの違いには、販売店舗数や乗り替え需要も関係する。販売店舗数は、プロボックスを扱うトヨタの4系列が全国に約4600店舗、NV150ADを売る日産は約2100店舗だから、販売網には2倍の開きがある。

 またトヨタでは、ハイエースの売れ行きも好調で、法人に向けた営業力が強い。プロボックスの前身となるカローラバン、かつて売られていたサクシードの前身になるカルディナバンも人気が高かったので、プロボックス&サクシードも堅調に売れた。この高人気が今も続いている。

 以上のようにプロボックスは、価格の安い1.3Lエンジン搭載車や燃費の優れたハイブリッドの設定、仕事に使いやすいインパネ周辺の快適装備、座り心地の優れた後席のバリエーション、さらに法人営業の得意な販売店など、さまざまな相乗効果によって売れ行きを伸ばした。

 この総合力こそ、トヨタの強みであり、プロボックスが好調に売れる理由だ。プロボックスには、トヨタ車の本質が息付いている。

【画像ギャラリー】商用バン市場独占!! トヨタ プロボックスの独壇場の理由を見る

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ