【初心者の壁】狭い道でのすれ違い、ちゃんと幅寄せできてますか?


乗りなれないクルマでも、いつもと同じ「頭の位置」をつくること

 普段は使わないクルマを運転する際は、まず初めに、頭がいつも運転しているクルマと同じ位置になるよう、シートの前後位置や背もたれの角度を調節します。次に、サイドミラーとルームミラーの角度を調節し、左右後方がミラー越しに見えるようにしておきます。

 サイドミラーが、幅寄せでは最も重要な目印です。運転席から見た視界が毎回変わると、車両感覚はつかみにくくなってしまいます。

サイドミラーを通してみたクルマのリア周りの情報から、縁石までの距離を推測する(PHOTO:写真AC_カメラ兄さん)

ホンダ車には「幅寄せしやすくなる」印が隠されている

 2010年以降に発売されたホンダ車の多くには、一辺が4~5ミリの二等辺三角形の形をしたマークが、フロントウィンドウの縁に印字されています。これは、幅寄せする時に、無意識のうちに視線の動きを補正するアイテムなのです。

 これにより、狭い路地などでの接触事故を減らすことができるそう。海外も含めたすべてのホンダ車に、三角マークをつけることにしているようです。

「三角マーク」があることで、無意識のうちに視線の動きを補正してくれる

次ページは : 苦手な人は駐車場の白線を使って練習を

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ