【スカイライン、エスティマ…】名門車たちの黄金時代を振り返る


売れているクルマがあれば、売れてないクルマもある。ただ古くからのクルマ好きにとっては、売れないクルマのなかに「かつて売れていたクルマ」を見つけて切なくなることがある。

いまは販売店のお荷物になっているようなこのモデル、かつてはみんなが憧れた大人気車種だったのに……。本企画ではそんな、現行型は「不人気車」と呼ばれて日陰の存在ではあるが、かつて一世を風靡したモデルたちを紹介したい。

いずれのモデルも現在は月販三桁台、苦戦を強いられております。若い方はご存じないかもしれませんが、いずれのモデルも「黄金時代」があって、それはそれは、大変な騒がれようだったのです!

文:片岡英明


■日産シーマ(初代)

日産(初代)シーマ 1988〜1991年
日産(初代)シーマ 1988〜1991年

5ナンバー枠の小型車が常識だった1980年代に「ビッグカー」の時代を築いたフルサイズのプレミアムセダンがシーマである。1987年秋の東京モーターショーで鮮烈なデビューを飾り、88年1月に正式発売に移された。セドリックとグロリアの上に君臨し、エンジンはパワフルな3ℓのV型6気筒DOHCハイフローセラミックターボが主役だ。初代モデルの走りは鮮烈だった。グッと腰を落とし、ノーズを上げて豪快な加速を見せつけている。

初代モデルは91年までに13万台に迫る販売を記録し、シーマ現象を巻き起こした。2台目はV型8気筒エンジンになり、豪華さを前面に押し出している。96年に3代目、2001年に4代目が登場。2年近いブランクの後、ハイブリッド専用モデルとなった5代目(現行型)シーマが誕生した。が、2代目以降のシーマに、初代のような豪快さはなかった。

黄金時代を挙げるというなら、やはり初代。あの頃のシーマは豪速球でライバルたちをのけぞらせ、海外の名門プレミアムカーにも衝撃を与えている。

■日産スカイライン(8代目)

日産(8代目)スカイライン 1989〜1994年
日産(8代目)スカイライン 1989〜1994年

スカイラインはスポーツセダンの代名詞であり、日本の風土が生み出した名車だ。誕生したのは1957年4月だから、60年以上の歴史を誇る。スポーツセダンとして認められるのは2代目からで、これ以降、GTは直列6気筒エンジンを搭載した。が、11代目からとなる21世紀のスカイラインは、パワートレインをV型6気筒エンジンとし、長いことターボパワーも封じている。当然、刺激性は薄れ、マイルドな印象を受けるようになった。

当然、スカイラインの黄金時代は音色もいいストレート6を積んでいた時代だ。名車が多いから1台に絞るのは難しい。販売面では4代目のケンとメリーや5代目のジャパンが名車となる。人気度と熱狂的なファンが多いのは3代目のハコスカと8代目のR32だ。どちらも時代の先端を行くダイナミックな走りを見せつけた。ジャパン以降、スカイラインは販売が落ち込んでいる。これに歯止めをかけたR32は稀代の名車と言えるだろう。キュートで、走りの実力も飛び抜けて高かった。

次ページは : ■ホンダオデッセイ(初代)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ