ハリアーとRAV4はなぜ共倒れしなかったのか? 似て非なる人気SUVがヒット作になったワケ

似て非なる人気SUV!? ハリアーとRAV4はなぜ共倒れしなかったのか

 似て非なる同門SUV!? サイズも近いトヨタのSUV、ハリアーとRAV4はなぜ共倒れせず、両車ヒット作に?

 トヨタのミドルクラスSUV、ハリアーが好調だ。直近販売台数は登録車のなかでトップ10圏内をキープし、SUVに限ればトップ3に入る。いっぽう同じトヨタでサイズも近いRAV4も登録車全体でトップ15圏内、SUVではトップ5に入る台数をコンスタントにキープしている。

 キャラクターの違いはあれど、ここまで棲み分けが上手くいった例は多くない。なぜハリアーとRAV4は共存できているのか? 背景には巧みな商品戦略とトレンドの変化があった。

文/渡辺陽一郎
写真/奥隅圭之、池之平昌信、TOYOTA

【画像ギャラリー】発売直後から受注殺到!! 人気SUVのプラグインハイブリッド版 RAV4 PHVを見る


■ハリアーとRAV4 人気の実態は?

2020年6月に現行型へフルモデルチェンジされたトヨタ ハリアー

 最近はSUVが売れ筋カテゴリーになったが、なかでも特に注目される車種がトヨタハリアーだ。2020年6月に現行型へフルモデルチェンジされ、販売ランキングの上位に入る。

 直近となる2021年1~4月の登録台数は、月平均にすると8681台であった。コンパクトなヤリスクロスは9945台(ヤリスとGRヤリスは除く)、ライズは8747台だ。ハリアーは売れ筋価格帯が350万~500万円に達する上級SUVだが、180万~260万円のコンパクトSUVと同等に売れている。

 トヨタのSUVではRAV4も注目される。現行型は日本では2019年4月に発売された。ハリアーに比べて1年少々早く登場したが、プラットフォームはホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値も含めて共通だ。直列4気筒2Lのノーマルエンジン、2.5Lをベースにしたハイブリッドの動力性能もハリアーと等しい。

 つまり、ハリアーとRAV4は基本部分が同じで、ボディサイズも同程度になる。そうなると互いに需要を奪い合いそうだが、両車とも売れ行きは堅調だ。RAV4の2021年1~4月の登録台数は、月平均にすると4508台であった。8681台のハリアーに比べると少ないが、RAV4も中堅水準の売れ行きを保つ。

 アルファードとヴェルファイアの姉妹車は、2020年にトヨタが全店で全車を扱う販売体制に移行すると、アルファードは好調に売れたが、ヴェルファイアはその約10%まで下がった。基本部分が共通のトヨタ車同士では、競争関係が生じて販売格差も広がりやすいが、ハリアーとRAV4では共存関係が成り立っている。

■なぜ同じSUVで車格も近いハリアーとRAV4は共存できているのか

2019年4月に発売されたRAV4。日本では一度絶版となりながら復活。現行型では写真の「Adventure」を筆頭に、オフロードイメージを訴求し、ハリアーと差別化

 ハリアーとRAV4が共存できる理由は、両車ともに、SUVの本質を突いた異なる魅力を備えているからだ。

 SUVは2つのタイプにわけられる。ひとつは悪路の走破力を重視するタイプだ。この代表は後輪駆動をベースにした4WDと副変速機を備えるランドクルーザーだが、RAV4も前輪駆動のプラットフォームを使いながら、悪路向けSUVの特徴を備える。

 RAV4のフロントマスクは野性的な雰囲気で、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は190~200mmを確保する。悪路のデコボコも乗り越えやすい。

 2Lのノーマルエンジンを搭載する「アドベンチャー」と「G・Zパッケージ」には、ダイナミックトルクベクタリングAWDが装着され、走行状態に応じて後輪左右の駆動力を積極的に変化させる。

 例えば右に曲がる時は、旋回の外側に位置する左側の後輪に高い駆動力を配分して、車両の向きを積極的に変える。このダイナミックトルクベクタリングAWDは、舗装路、悪路を問わず、走行安定性を向上させる。スポーティなRAV4を代表するメカニズムだ。

 一方、SUVの2つ目のタイプは、近年になって増えたシティ派だ。内外装の野性的な雰囲気は乏しいが、洗練された質の高さを表現している。SUVとあって居住空間や荷室の広さはワゴンと同等か、それ以上だから、柔軟に動くサスペンションを組み合わせると安定性の優れた快適な移動を楽しめる。

 このシティ派SUVの代表がハリアーだ。ボディサイズはRAV4と同程度で、エンジンやプラットフォームも基本的に共通だが、内外装のデザインと雰囲気は大幅に異なる。文字通り都会的で洗練されている。

 このようにSUVのカテゴリーでは、ラージ/ミドル/コンパクトというサイズの違いに加えて、悪路向けとシティ派というデザインや悪路走破力の区分もある。そのためにSUVには、さまざまな車種が用意されて売れ行きも伸びた。

 RAV4とハリアーは、まさに悪路向けとシティ派という2つの個性をフルに生かして、同サイズで個性の異なる2車種をヒットに結び付けている。

次ページは : ■一度は絶版のRAV4が復活できた背景にSUVの「原点回帰」