N-BOX ハリアー フィット…人気車の「次」に挑んだ新型車の成否


スバル 2代目レヴォーグ/2020年

スバル 2代目レヴォーグ(販売期間:2020年~/全長4755×全幅1795×全高1500mm)

 先代(初代)レヴォーグは2014年に発売された。レガシィツーリングワゴンの後継車種に位置付けられ、走行性能、内外装の造り、安全装備、運転支援機能をバランス良く向上させた。発売の翌年となる2015年には、月平均で約2500台が登録されている。

 登録台数自体は多くないが、レヴォーグは先代型でも売れ筋価格帯が300万~350万円と高く、スバルの国内販売店舗数はトヨタの約10%と少ない。これらの事情を考えると、先代レヴォーグはクルマ好きのユーザーの間で高い人気を得た。

 2代目の現行型は、2020年10月に登場した。エンジンやプラットフォームは刷新したが、ボディサイズやデザインは初代を踏襲している。直近となる2021年1~5月の登録台数を見ると、月平均で約3300台だ。今後の動向は未定ながら、現行型の売れ行きは堅調だ。

 現行レヴォーグは、先代型の優れた商品力を継承しながら、アイサイトXの採用で運転支援機能も進化させている。レヴォーグのユーザーが想定した期待どおりのフルモデルチェンジをおこない、新型への乗り替え重要を効果的に生み出した。

マツダ3/2019年

マツダ3(販売期間:2019年~/全長4460×全幅1795×全高1440mm)

 今のマツダ車は、魂動デザインとSKYACTIV技術によって成り立つが、コンセプトやデザインは従来モデルから継承されている。最もわかりやすいロードスターは、初代モデルから車両の性格をほとんど変えていない。

 マツダの主力商品とされるマツダ3も同様だ。日本で3代目アクセラとして売られた先代型と比べても、ボディサイズや車両全体の雰囲気は受け継がれている。

 先代型は3代目アクセラとして2013年に発売され、翌年の2014年には、月平均で約3500台を登録した。2012年には先代CX-5、2014年には現行マツダ2(当時は4代目デミオ)も登場して活発に売られていたが、3代目アクセラも好調だった。

 ところが2019年に発売された現行マツダ3は伸び悩む。発売の翌年になる2020年の登録台数は月平均で約1600台だ。コロナ禍の影響を受けたことを考えて、2021年1~5月の平均を割り出しても、同様に約1600台になる。

 現行マツダ3は外観の個性が強く、特に5ドアのファストバックは後方視界も悪い。後席に座った時にも閉鎖感が伴う。人気の高いクリーンディーゼルターボは、排気量を先代型の2.2Lから1.8Lに下げたこともあって動力性能が物足りない。

 価格は安全装備の充実もあって高めの設定だ。2Lの「20Sプロアクティブ」は251万5741円、ディーゼルの「XDプロアクティブ」は279万741円、火花点火制御圧縮着火方式を使うスカイアクティブXを搭載した「Xプロアクティブ」は319万8148円に達する。

 このほか今のマツダにはCX-30なども用意され、SUVを中心に車種も充実してきた。身内との競争関係も災いして、マツダ3の登録台数は伸び悩んでいる。

次ページは : トヨタ 4代目ハリアー/2020年

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ