販売台数はアルファードの10分の1以下!! それでもヴェルファイアを1グレードだけ残す理由は?

販売台数はアルファードの10分の1以下!! それでもヴェルファイアを1グレードだけ残す理由は?

 2021年4月の改良でヴェルファイアは1グレードだけに縮小された。いまやヴェルファイアの販売台数は兄弟車であるアルファードの10分の1以下で、2021年5月の販売台数は487台しか売れていない。

 とはいえ、月500台程度は売れているのだから1グレードだけでも販売を継続するのもわからなくはない。が、代わりにアルファードを売ればいいようにも思える。

 トヨタは今年3月末にプレミオ/アリオンやプリウスαを生産終了するなど、車種整理を進めている。それなのに、ここまで兄弟車のアルファードに比べて売れなくなったヴェルファイアを販売継続するのはなぜなのか?

 新車販売事情に詳しいジャーナリストの小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志
写真/トヨタ、一汽トヨタ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタのミニバンたちを画像でチェック!


■デビュー時の販売目標はアルファードよりも多かった!

 2021年4月28日に、トヨタ アルファードと同ヴェルファイアが、法規対応をメインとした一部改良を実施した。そして、この改良によりヴェルファイアは、改良前は特別仕様車であった“GOLDEN EYES Ⅱ”をグレード化すると同時に、このグレードのみとするモノグレード化を実施した。

2021年4月28日の一部改良で、グレードが「GOLDEN EYES Ⅱ」だけになったヴェルファイア
ヴェルファイア GOLDEN EYES Ⅱの内装。「ちょいワル」な高級感が漂う

 改良後のカタログは、イメージとしてはアルファードのカタログにヴェルファイアが“居候”するような形で、アルファードとヴェルファイアが1冊にまとめられている。

 今時にしてはかなり分厚いカタログではあるものの、ヴェルファイアに関するものは、巻末近くの数ページのみとなっている。兄弟車とはいえ、カタログが一冊にまとめられているのはかなり珍しい。

 販売現場では、「ヴェルファイアはそのうちなくなるだろう」という見方が大勢となっているようで、かつてヴェルファイアを専売していたネッツ店へ出向き、「ヴェルファイアを見にきた」と伝えても、「なぜアルファードではなく、ヴェルファイアなのですか?」とセールスマンに聞かれる始末。

 なんともヴェルファイアの置かれている現状は、同情したくなるほど寂しいものとなっている。

 現行アルファード&ヴェルファイアが登場した時(2015年1月26日)のトヨタが発信したニュースリリースを見ると、月販目標台数ではアルファードが3000台に対し、ヴェルファイアが4000台となっている。

2015年1月のフルモデルチェンジで登場した現行ヴェルファイア

 さらに2017年12月25日にマイナーチェンジを実施しているのだが、この時のニュースリリースを見ると、アルファード3600台に対し、ヴェルファイアは4500台となっている。

 つまり、現行モデルのデビュー当初や、その2年後のマイナーチェンジの頃は、ヴェルファイアのほうが売れるだろう(売りたい?)と見ていたのである、ところが……。

■年が進むにつれ反転する人気

 まずはグラフを見てもらいたい。これは自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計をもとに、2016年度(2016年4月~2017年3月)から2020年度(2020年4月~2021年3月)までの、各年度締めでの年間販売台数の推移を表したものとなる。

アル/ヴェルの販売台数推移

 2016年度は約1.4万台の差をつけてヴェルファイアのほうが売れていたのだが、翌2017年度はわずか1983台差ではあるがアルファードが逆転、以降アルファードとの差は開く一方となり、2020年度にいたっては、ヴェルファイアはアルファードの販売台数に対して約13.8%となる1万4749台で終わっている。

 つまり、現行モデルがデビューして1年後ぐらいには、すでにヴェルファイアの販売台数は下降線をたどっていたのである。

 2020年5月からの、トヨタ系ディーラー全店での全車(一部を除く)併売化実施前は、アルファードはトヨペット店のみ、ヴェルファイアはネッツ店のみの専売となっていた。

 アルファード、ヴェルファイアともに、見た目は異なるものの、かなり押しの強いエクステリアや、ゴージャスなインテリアは共通なのだが、より若々しさを強調した押しの強さを持つヴェルファイアは年齢の若い人、そのなかでも“やんちゃなお客”が目立っていたようだ。

 トヨタが全店併売化実施を表明した頃に販売現場で聞くと、「取り扱い車種が増えるのは歓迎ですが、ヴェルファイアはちょっと……」という話をセールスマンから聞いたことがある。

 突っ込んで聞いてみると、契約してもらったお客のなかで、明らかにフェンダーからはみ出す大径タイヤへの履き替えや、透過率が明らかに違法とわかるほど低いウインドウフィルムをディーラーの整備工場で装着して納車して欲しいという“やんちゃなオーダー”が結構目立つのが気になるとのことであった。

「客商売なので、正面切って断るのもなかなか難しいし、それがもとでトラブルにもなりかねない」というのが、ヴェルファイアに距離を置きたい、専売の頃にはヴェルファイアを扱っていなかった、トヨタ系セールスマンの本音のようであった。

 ディーラーの整備工場は監督官庁となる、運輸支局の違法改造や不正整備に対する厳しい目が光っており、抜きうち監査なども行われるということなので、いくらお客のお願いとしても、企業コンプライアンス上、それを受け付けることはできないのである。

 このような話が直接、今のヴェルファイアの状況を招いたとは思えないが、今回の全店併売化は、販売会社や販売拠点(店舗数)の統廃合などに優先して、全店舗での全車種併売化が実施された。

 しかも、併売スタート時に統廃合された兄弟車は、ハイエースとレジアスエース、プロボックスとサクシードといった商用車ばかりであった。

 その後は例えば、マイナーチェンジのタイミングで、タンクが廃止されてルーミーのみになったりもしているが、プレミオ&アリオンのように、どちらかが残るのではなく、両方とも生産を終了するケースなどもあった。

 4月28日の一部改良はあくまで法規対応をメインとした小規模なものなので、ヴェルファイアはモノグレード化したものの、「私はやっぱりヴェルファイアがいい」というお客向けに残されたもので、近い将来には販売終了になるのではないか? という声が販売現場では多く聞かれる。

 2020年5月の全店併売化スタート直後に、トヨタ系ディーラーを数軒を訪れると、いずれもショールーム内の目立つところにアルファードの大判ポスターが掲示されていた。

“上”からプッシュを指示されるアルファード。値段からはちょっと信じられないくらい好調に売れている

 聞いてみると、「メーカーからかどうかはわからないが、“上”からアルファードをプッシュするように指示があった」とのことであった。その後アルファードはコロナ禍で爆発的に売れていくことになる。

次ページは : ■ヴェルファイア系デザインのヴォクシーは引き続き人気

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ