大人気のアルファードが一部改良!! 装備変更後のお買い得グレードはどれだ!?

大人気のアルファードが一部改良!! 装備変更後のお買い得グレードはどれだ!?

 2021年4月28日に一部改良を受けた大人気車種のトヨタアルファード。装備の変更などが行われたが、その人気に陰りはないという。

 今回は法規対応、グレード整理、そして装備の変更を受けたアルファードのお買い得グレードに迫る!

文/小林敦志、写真/ベストカー編集部、TOYOTA

【画像ギャラリー】超人気ミニバンが装備変更!! 一部改良を受けたトヨタ アルファードを見る


■一部改良を受けたアルファードのベストグレードを考察

2021年5月に一部改良を受けたトヨタ アルファード。改良後の人気も衰え知らずだ

 いま新車販売の世界で話題の1台となっているのがアルファード。さまざまな角度からメディアでは取り上げられているが、ここではベストチョイスといえるグレードはどれかを考察していきたい。

 2021年4月28日に行われた、法規対応をメインとした一部改良において、アルファードはガソリン仕様のG及び、ハイブリッド仕様となるS、G、SRグレードが廃止された。ボディカラーについても、ラグジュアリーホワイトパール(086)、スティールブロンドメタリック(4X1)が廃止となっている。

■ボディカラーは『白か黒』の2択!?

パールホワイトはオプションカラーとなり料金が上乗せされるが、払った分は下取りや買い取りの査定額にも必ず反映され上乗せされる。選んで損はないだろう

 まずはボディカラーであるが、現場のセールスマンに聞くと

 「街なかを走るアルファードを見ていただいてもわかるとおり、ホワイトパールクリスタルシャイン(以下パールホワイト/070)もしくは、ブラック(202)ばかりです。まずはこの2色以外を選ぶとリセールバリューに悪影響が出ます。

 海外へ中古車として輸出する際には、ダークレッドマイカメタリック(3Q3)の人気が高いともいわれていますが、この情報はいまひとつ“眉つば”ものです。そもそも国内では赤系のボディカラーを選ぶのはかなりリスキーとされています」とのこと。

 それでは、パールホワイトとブラックのどちらがよりベストといえるのだろうか。

 ポイントはブラックがメタリック系ではなく、ソリッド系のブラックであること。ソリッドブラックは細心の注意を払い、使うウエス系を厳選しても、ひとたびボディを拭き取れば“洗車傷”がついてしまうほど、塗装面がやわらかくデリケートなボディ色となる。

 もちろん、いまどきはボディコーティングを納車時に施工するのは当たり前だが、それでもナーバスになってしまうだろう。

 一方でパールホワイトはオプションカラーとなり、3万3000円の上乗せとなってしまう。

 しかし、アルファードに限らず、パールホワイトはオプションとして選び、支払い額に上乗せしても、払った分だけは必ず下取り査定額や買い取り査定額には上乗せされるともされており、パールホワイトを選んでボディコーティングを施工するのがおすすめといえるだろう。

次ページは : ■エンジンは直4が人気、FF設定のないハイブリッドは避けられる傾向が