トヨタセンチュリーにまつわる数々の疑問を元営業マンが解説


 トヨタのショーファードリブン(編注:いわゆる運転手付きの高級車)「センチュリー」は、1967年に誕生し、現行型で3代目となる。官公庁の公用車、企業の社用車で使用されることが多く、御料車としてのイメージも強いだろう。

 日本車の中でも別格の存在であるセンチュリーは、購入に対しての厳しい条件があるといった噂が耳に入る。実際のところ、センチュリー購入には大きな壁があるのだろうか。

 本稿では、実際にセンチュリーを取り扱っていた、元トヨタディーラー営業マン(トヨタ店勤務)の筆者が、センチュリー購入に関する疑問を解決していきたい。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】日本一の贅を尽くした!? センチュリーのこだわりが詰まった細部をじっくり堪能


■センチュリーは普通に購入できないクルマなのか?

1967年に誕生したトヨタ センチュリーは現行型で3代目となる

 センチュリーの販売に関して、「条件」や「特別」などと検索すると、多くの噂話を見つけることができる。

 「普通にディーラーに行っても購入できない」、「購入希望者は審査を受ける必要がある」など、一般的なクルマの買い方とは遠く離れた、センチュリーの購入方法が載っている。

 まず初めに、これらの情報はあくまで噂話のひとつと理解していただきたい。筆者が勤務していたトヨタ店では、センチュリー販売に関して、特別な条件や方法などは規定されていなかった。センチュリーは、誰でも普通に購入できるクルマである。

 ただし、高額なクルマであり、生産体制も特別であるため、注文後にキャンセルとなると、販売店は具合が悪い。車両本体価格2008万円のクルマがキャンセルとなるのは大事件なので、他のクルマよりもより慎重に販売対応を行っているのが現実だ。

 例えば、クラウンやハリアーなど、台数が多く出るクルマであれば、万が一キャンセルが出たとしても、在庫車として他のユーザーへ販売できる可能性はある。

 新車販売が難しければ、一旦試乗車や社用車として登録し、半年ほど使用した後に、中古車として販売こともできるだろう。(とはいえキャンセルは販売店にとって大きな打撃となる。安易な気持ちでは絶対におこなわないでいただきたい。)

 販売条件や購入資格という具体的な指標はないが、信用できる人かどうかを見極める作業をおこなうのがセンチュリーの販売だ。もちろん他車種でも同様の見極めは行われており、センチュリーの販売に限ったことではない。

 トラブルを回避するための、販売店がおこなう一般的な動きが、センチュリーの販売でもおこなわれているということだ。

■購入代金の一部先払いを「お願い」するケースも

良好な関係にある顧客に対しては、センチュリーでも他のトヨタ車でも普通に契約し納車される

 すでに何十年もの付き合いがあり、良好な関係にある顧客に対しては、センチュリーでも他のトヨタ車でも、普通に契約し納車されるだろう。販売店と顧客との信頼関係があれば、特別な対応は必要なくなる。

 信頼関係を構築できていない初取引の購入者に対しては、慎重に対応せざるを得ない。センチュリーを購入検討する理由や、その使い方などを聞き取りしながら、購入希望者がどのような人なのかを感じ取っていく。

 センチュリーは、カタログを簡単に渡して、契約書だけもらえばいいというクルマではない。したがって、カタログも簡単には手に入らないだろう。

 そもそも、センチュリーのカタログ原価は、他車種の数倍高い。ハードカバーの書籍を普通に購入できる金額なので、販売店によっては仕入れる量も少なく、常設していないお店も多いのが実情だ。

 契約時には、お願いベースとなるが、車両購入代金の1割程度を、契約時に先払いしてもらうケースがある。オーダー後に注文者が行方知れずになるのを防ぐ目的だ。しかし、あくまでお願いであり、前金の支払いが購入の「条件」ではない。

 購入から納車、そしてその後のメンテナンスでのお付き合いまで、滞りなく進んでいくことが、センチュリー販売での至上命題だ。

 反社会的勢力や販売会社自身が取引を中止している相手以外には、「売らない」と断られることはないと思うので、購入検討される際には、できる限り営業マンの情報収集に協力してあげてほしい。

次ページは : ■転売等から守るために……買った後もきめ細やかなメンテナンスを促進

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ