気づけば絶滅危惧種… MTやタコメーターなど…近く消えるかもしれないクルマ技術 5選

 「空飛ぶクルマ」が現実になりつつあります。交通が不便な山間地域や離島などで、クルマに代わる移動手段として、経済産業省と国土交通省などによる官民一体のプロジェクトが立ち上げられており、日本における「空飛ぶクルマ」の実現に向けて、開発が進められています。

 市販化までには、まだまだ課題山積のようですが、現在、国内の主要大学や企業によって、試作機の開発が進められており、タイヤに代わってプロペラがついたモビリティの登場も、夢の話ではなくなってきています。

 市販されているクルマをみても、その昔は夢のような話だった、先進運転支援技術や先進安全装備が充実してきており、そして電気自動車や燃料電池車までもが登場するなど、さまざまな技術が盛り込まれてきています。

 そして今後も、デジタルサイドミラーやデジタルバックミラーなど、採用が進むと思われるクルマに関する技術はたくさんあります。となると当然、クルマからはなくなっていく技術も。

 そこで今回は、近い将来消える「かもしれない」クルマの技術について考えてみようと思います。

文:
写真:NISSAN、TOYOTA、HONDA、Tesla Motors、LEXUS

【画像ギャラリー】消滅も近い!? V6 NAエンジンを搭載する国産車を写真でチェック!!


V6 NAエンジン

 現在、国産車で自然吸気(NA)のV型6気筒エンジンをラインアップしているのは、トヨタのアルファード/ヴェルファイア、レクサスRC350(RXはV6+ハイブリッド)、そして日産フェアレディZとエルグランド、と極少数。4気筒エンジンとは比較にならない独特な低音サウンドは、筆者としては実に優雅に感じるものではありますが、燃費の悪さは致命的です。

オラオラ顔と言われるアルファードに負けず劣らず迫力を増した新型エルグランドのフロントマスク 数少ないV6 NAエンジン搭載車だ

 北米ではマルチシリンダーエンジンへの信仰はいまだ根強くあるようですが、日本ではそういった方はごく少数であり、この手のV6 NAエンジン搭載車は淘汰されていくことになるでしょう。

 その後は、ターボ化をして400馬力オーバーのハイパフォーマンスカー用エンジンか、もしくはハイブリッド化したラグジュアリー車用エンジンかの2択となる、と思われます。

マニュアルトランスミッション

 すでに日本では、MT車の新車販売比率は2%程度。限られた車種で、極少数が販売されている状況です。

 ここまでMT車が減っている理由としては、もちろん運転操作がより楽なAT車のほうが需要が高い、ということもありますが、ACC(追従型クルーズコントロール)を代表する先進運転支援システムとの相性が悪いため、ということもあります。

 MT車はクラッチ操作なしに停止するとエンジンストップするため、低速になるとACCがキャンセルされてしまうのです(走行中でもクラッチ操作をするとACCはキャンセルされる)。

 自動停止から再発進まで、制御の守備範囲が広いATに比べると、MTは不利であり、MT車は商用車や趣味性の高いクルマを除いて、ほぼ消滅することになるでしょう。

先日登場した新型N-ONEは6MTの「RS」が設定されている マニュアル比率は当初、2割弱と想定していたとのことだが、実際には3割以上に達しているという(HONDA広報担当者による)

 ちなみに、運転免許統計令和元年版によると、第一種普通運転免許を取得したドライバーのうち、AT限定免許を取得した方は、約68%。いまでも約3割の方は、限定無し免許(MT可)を取得しているようです。

シガーソケット

 昨今は、ほぼ当たり前の装備となりつつある、USB充電口。ただ、クルマに装備されているUSB充電口の多くは、せいぜい2A程度(電圧は5V)程度であり、スマホやタブレットへの給電程度しかできません。

 しかし、通常12V(トラックなどは24V)、電流10Aを供給できるシガーソケットは、シガーソケット対応家電であれば、冷蔵庫や炊飯器、電気ケトルといった家電を使うことも可能で、車中泊の際や、災害時などの緊急性のある場合にも対応することができます。そのため、灰皿はとうの昔になくなっても、シガーソケットは、これまで必要不可欠でした。

 しかし、動力用バッテリーを持つハイブリッド車であれば、AC100V電源供給口(コンセントプラグがクルマにさせるタイプ)も可能であるため、今後はシガーソケットから、コンセントへと置き換えが進むでしょう。

 例えば、コンパクトカーのヤリスハイブリッドにも、AC100V 1500Wまで対応のコンセント口がトランクルーム内にあります。コンセント口は、ハイブリッドカーの必需品として、みなされる日も近いでしょう。

ヤリスハイブリッドのAC100V給電口 コンセントをONにするには、READYインジケーターが点灯している状態で、AC100Vスイッチを押し、作動表示灯が点灯することで、使用可能となる。なお、パーキングブレーキがかかっていることが前提だ

インパネ(スピードメーター、タコメーターなど)

 「スピードメーター」や「タコメーター」なども、淘汰されていくでしょう。搭載車が徐々に増えてきたヘッドアップディスプレイがあれば、今よりもグッと視線移動を減らすことができるからです。稀に見るオドメーターや燃料計などの表示も、センターディスプレイへ移動してしまえば、インパネ周りはすっきりします。

 ちなみにこの形に最も近いのが、テスラの「モデル3」。計器類をすべてセンターディスプレイへしまいこんだインパネのデザインは、潔いほどにすっきりとしています。

モデル3には、いわゆるインパネ(スピードメーター、タコメーター、燃料計、距離計など)がない。それらの情報は、ダッシュボード中央の15インチのタッチスクリーンに表示される

シフトノブ

 センターコンソールやダッシュボードから突出したシフトノブも、将来的には廃止されていくでしょう。シフトは電気信号で切り替え判定が残ればよいため、プッシュボタンでも用は足りるのです。いまもシフトノブを残している理由としては、シフトノブへ慣れたユーザーの混乱を避ける狙いがある、と思われます。

 すでに、ホンダNSXやインサイトなどでは、プッシュ式シフトスイッチが採用されており、センターコンソール上にスイッチが並べられています。突起物がないことで、シフトノブがあった周辺のスペースに空きができています。

インサイトのシフトスイッチ。上から、「P」「R」「N」「D」「E-PKB」「ブレーキホールドスイッチ」と、一般的な順序でレイアウトされている

誰にでも使いやすいか、が課題

 クルマにあるスイッチ類や操作ノブの多くは、ジェスチャー操作やタッチパネル化に切り替えることが、技術的にそれほど難しいことではないのですが、それらの装置が誰にとっても使いやすい形に落とせるかかが大きな課題。なかには、物理的に触れるスイッチで残しておかなければならないものもあるでしょう。

 技術の進歩に、人類がどこまで順応できるか、新しい技術の登場が非常に楽しみですね。

【画像ギャラリー】消滅も近い!? V6 NAエンジンを搭載する国産車を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ