スバル車たちの本当の実力 堅実なのか!? お買い得か!? 


■インプレッサスポーツ(2016年10月発売)

プジョー308が100点なら、インプレッサスポーツは88

インプレッサスポーツ。194万4000〜261万3600円。
インプレッサスポーツ/194万4000〜261万3600円
【ライバル一番手】プジョー308。フランス車らしさを味わえるプジョーの主力車。価格は279万9000〜443万円
【ライバル一番手】プジョー308。フランス車らしさを味わえるプジョーの主力車。価格は279万9000〜443万円

このクラスにはゴルフがあり、プジョー308も、さすがは欧州COTY(カー・オブ・ザ・イヤー)受賞車と登場から時間のたった今でも感心する点が多い。ライバル一番手は308で、僅差の次点にゴルフという感じだ。

308は室内の広さや荷室など数値においてほぼすべてゴルフを上回っているし、内外装の仕立ても上々で、しなやかで素直な操縦性を持つ走りのよさにも舌を巻く。

そんな厳しい市場における競争力を高めるべく開発したSGPも相当にハイレベルだが、ステアリングフィールや足回りなど、まだ欧州勢に学ぶ点は多い。また、パワートレーンの魅力に乏しいのもインプレッサの弱点。日本勢の強敵としてはアクセラとシビックが挙げられる。

■インプレッサG4(2016年10月発売)

シビックセダンが100点なら、インプレッサG4は93

インプレッサG4。194万4000〜261万3600円
インプレッサG4/194万4000〜261万3600円
【ライバル一番手】ホンダ シビックセダン。ハッチバックよりも落ち着いた走りが魅力。1.5Lターボ+CVTで価格は265万320円
【ライバル一番手】ホンダ シビックセダン。ハッチバックよりも落ち着いた走りが魅力。1.5Lターボ+CVTで価格は265万320円

このクラスのセダンは輸入車の選択肢はナシ。日本勢では、アクセラも出来はよいのになぜかセダンになると一気に存在感が薄れるのだが、いっぽうで気になるのがシビックだ。ハッチバックほど過度にスポーティな性格は与えられておらず、クルマとしてのまとまりはセダンが上。パンチの効いた1.5Lターボエンジンの加速感と俊敏なハンドリングがもたらす走りの気持ちよさはこのクラス随一。

G4も走りは上々で、セダンとハッチバックでけっこう違うものだと感心したものだが、同じくパワートレーンに魅力がないのは否めない。

そのほか、プレミオ/アリオン、シルフィ、グレイスもあるが、ずっと若々しい雰囲気を持つG4の敵ではない。

次ページは : ■WRX S4(2014年8月発売)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ