アバルト595いかが?運転の楽しさで選ぶ300万円以下輸入車ベスト5

運転の楽しさで選ぶ300万円以下で買える新車輸入車ベスト5

 輸入車といえばどうしてもやや高額なイメージがあるが、300万円以下に限ればかなり手ごろな価格といえるだろう。日本車にはないデザインや走りなどが手に入る価格としてはかなりリーズナブルだ。

 そこで今回は、そんな300万円以下の輸入車の中で、乗って楽しい、走りが楽しめるモデルを5台、岡本幸一郎氏に選んでもらった!

文/岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】高級車だけが輸入車じゃない!! 300万円以下で買える走って楽しい操って楽しい輸入車を見る


■車両価格300万円以下の輸入車はどれぐらいある?

日本で人気のあるドイツ車は比較的高価格帯が多いので、300万円以下となるとフランス車が多くなってくる

 車両価格が300万円以下の輸入車がどれぐらいあるのか、見落としのないようベストカー本誌の8月10日号の価格表からピックアップしてみたところ、以下のとおり。

 日本では圧倒的な販売比率を誇るドイツ勢は、もっと高価格帯が主体で、300万円以下で買えるクルマは限られるのに対し、ラテン系とくにフランス勢はBセグが充実している。アメリカ勢はレネゲードのみだ。

 むろん、惜しくも300万円をわずかに上回るけれど楽しいクルマもいくつもあれば、ある車種の中でもグレードによってドライブフィールが違って、上級グレードは運転が楽しくても、300万円以下のグレードはそうでもなかったりするケースもある。

 あるいは価格設定自体についても、装備を充実させたことで価格が上がった例や、逆に見た目の価格を安くするため装備を削っている例も見受けられるのだが、そのあたりをいいだすとキリがないので、キッチリ車両価格300万円で線を引くことにする。

 そして、なにかしらか特徴的な「楽しい」を持っていることを念頭に選んでみた。

■第1位は車両重量1110kgで145psを発揮する元気車

ジャスト300万円のアバルト595。小さなヤンチャ坊主といった感じの走りと、見た目の愛らしさからは想像できない勇ましいサウンドが楽しい

 1位はエントリーモデルのMT車の価格がジャスト300万円のアバルト595としたい。

 エントリーモデルながら1.2リッターで145psを発揮するエンジンは、勇ましいサウンドとともに、吹け上がりの元気よさが印象的。車両重量も1110kgと軽いのだから、どれほど楽しいかご想像いただけよう。

 パッケージング的にも、ショートホイールベースでナロートレッドでちょっと車高が高いので重心も高め。それゆえ本来的に操縦安定性は高くないのだが、だからこそ楽しい。

 ちょっと攻めると操作したとおり挙動が出て、いろんなことが起こるので、楽しさ倍増だ。タックインを駆使して、アクセルワークで曲がり具合を自在にコントロールすることもできる。さすがはアバルト、こういうクルマがどんな感じだと楽しいのかを知り尽くしている印象。

 エンジンもハンドリングも、まさしく「痛快」という言葉がピッタリの仕上がりだ。

 ご参考まで、アバルトのチンクのエントリーモデルは当初は「500」だったところ、中身を踏襲して呼称だけ「595」になったという経緯があり、「595」と呼ぶ中に165ps仕様と180ps仕様があることを念のためお伝えしておこう。

 それにしても、企画のお題が「300万円以下」で本当によかった。もしも「300万円未満」だったらこのクルマも、「非常に残念ながら……」となるところだった……(笑)

次ページは : ■2位と3位は走りの一体感を味わえるこの2台