トヨタ新型RAV4購入ガイド 価格&お薦めグレード&値引き情報をお届け

手堅く売れ続ける人気SUV RAV4購入ガイド 価格、お薦めグレード、ライバル、値引き

 大人気となった初代以降いまいちパッとしないまま日本市場では販売終了となり、2019年4月に5代目(現行型)となって復活、以降いきなりヒットモデルとなったトヨタのRAV4。

 デビュー後1年半を経過しても順調に売れ続けており、2021年1~6月の累計販売台数は28,383台で登録車販売ランキング13位。プリウス(同15位)やキックス(同18位)より売れています。つうかプリウスとキックスはもうちょいがんばってほしい。

 さておきそんな人気のRAV4だけに、「買いたい」、「どんなもんか見に行きたい」という人も多いはず。販売店へ行く前に、ちょっと調べてお薦めグレードやライバル車種、目標値引き額の目安などがわかっていると、交渉がとってもスムーズになるので、本記事を用意いたしました!

文/諸星陽一
写真/TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】トヨタRAV4の魅力を本稿未掲載写真でチェック!!


■RAV4最近の改良点

5代目となったRAV4は2019年4月に発売された。2020年8月には全車にディスプレイオーディオを標準装備する一部改良を実施
ボディサイズは全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mm

 初代RAV4が登場したのは1994年のことです。初代RAV4は当時のコロナ(編集部注/トヨタの車種名)などの基本コンポーネンツを用いた、コンパクトなクロスカントリーモデルでした。今でこそ「大きいSUV」として認識されているRAV4ですが、初代モデルは5ナンバーの3ドアモデルからスタートした非常にコンパクトなボディを有していました。

 代を重ねるごとにボディサイズを大型化してきたRAV4ですが、海外では2013年から順次導入が開始された4代目は、日本では未発売。RAV4は一時期トヨタの日本市場ラインアップから消滅していました。

 しかし、アメリカで2018年に発売された5代目RAV4は、2019年から日本での販売が開始され、現在に至っています。2020年6月にはPHVモデルが追加されましたが、今回はガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルに限って扱います。

ドアミラを後方に配置しインパネを低く抑えることですっきりとした前方視界を確保。ワイパーは運転席から見えないように設計されている

 最新の変更は2020年8月に行われた一部改良です。この改良の内容は以下のようになります。

・ディスプレイオーディオの全車標準装備化
・DCM(車載通信機)の全車標準装備化
・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の全車標準化
・パノラミックビューモニターを一G・Z パッケージ”、G、ハイブリッドGに標準装備。アドベンチャーにオプション設定

■搭載ユニットとグレード展開

パワーユニットは2L直噴ガソリンエンジンと2.5Lエンジン+モーターのハイブリッド。駆動方式はFF/4WDを選択可能、4WD車はグレードごとに異なる駆動システムを搭載する

 RAV4に用意されるパワーユニットは2.0Lガソリンエンジンと2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドの2種となります。

 ガソリンエンジンモデルにはシステムが異なる2種の4WDが用意されます。

 ひとつは前後の駆動を配分するプロペラシャフトにカップリングを配置した「ダイナミックコントロール4WD」と呼ばれるもので、このシステムは従来からよくみられるものです。

 もうひとつの4WDは「ダイナミックトルクベクタリングAWD」と呼ばれるもので、リヤのドライブシャフト左右それぞれにカップリングを配置、それをアクチュエーターによってアクティブに作動させ後輪左右の駆動力配分を調整するものです。

新開発のダイナミックトルクベクタリングAWD(写真左)をガソリン車のG・Zパッケージとアドベンチャーに採用。後輪を左右独立で制御するトルクベクタリング機構により意のままに操れるハンドリング性能を実現する

 ハイブリッドモデルはFFと、リヤにモーターを配したE-Fourと呼ばれる4WDの2種。RAV4のE-Fourは前後トルク配分を100対0から20対80まで変化可能と、かなりリヤよりに駆動力を持っていくことができます。

 パワーユニット、駆動方式、グレードの組み合わせはかなり複雑です。

 まずFF車はどちらのパワーユニットにも1グレードのみ用意され、「X」グレード(ハイブリッドの場合は「ハイブリッドX」)となります。

 2.0ガソリンの4WDはダイナミックコントロール4WDを採用するモデルが「X」と「G」です。ダイナミックトルクベクタリングAWDを採用するモデルは「G・Zパッケージ」と「アドベンチャー」です。2.5ハイブリッドのE-Fourは「ハイブリッドX」と「ハイブリッドG」の2種となります。

次ページは : ■タイプ別装備

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ