N-BOX? それともルーミー? 人気スーパーハイトワゴン買うならどっち??


 今、 軽自動車でも登録車でも一番の売れ筋はスーパーハイトワゴン。販売台数ナンバーワン車は軽自動車ではホンダN-BOX、登録車は1位のヤリスシリーズがヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスの3車種を合わせた台数なので、単一車種で数えるとルーミーがトップに立つのだ。

 今最も売れているのはスーパーハイトワゴン。そして、そのなかでも軽自動車と登録車のナンバーワン車になっているN-BOXとルーミーは、どっちがお薦めなのか? カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】もはや日本の国民車?スーパーハイトな軽と小型車のツートップを徹底比較!!


■2021年上半期新車販売ベスト4がスーパーハイトワゴン

 日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会が公表しているデータによると、2021年1~6月に国内で売られた新車の販売1位は、トヨタヤリスとされる。

 しかしトヨタヤリスの登録台数には、コンパクトカーのヤリスに加えて、SUVのヤリスクロス、スポーツモデルのGRヤリスも含まれる。多くのユーザーにとって、ヤリスとヤリスクロスはまったく異なるクルマだろう。

 そこで登録台数を分割して算出すると、2021年1~6月の1カ月平均は、ヤリスが9848台、ヤリスクロスは9193台だ。いずれも1万台を下まわった。

 そうなると国内販売の1位は軽自動車のホンダN-BOXになる。2021年1~6月の1カ月平均は1万8425台に達した。2位はスズキスペーシアで1万3116台。3位は僅差でコンパクトカーのトヨタルーミーが入り、1カ月平均は1万2915台だ。4位はダイハツタントで1万1544台になる。

軽スーパーハイト系ワゴンの独走を許さじと急遽開発・発売された、トヨタルーミー。狙いは当たり、見事に軽スーパーハイトワゴン3強の一角を崩した

 以上の国内販売上位4車は、2021年1~6月における1カ月平均の登録台数(軽自動車は届け出台数)が1万台を超えた。

 そしてこの4車は、すべて2列シート車でありながら、全高は1700mmを上まわる。後席のドアは全車がスライド式で、スーパーハイトワゴンと呼ばれるタイプだ。そのために外観はすべて似ている。今の国内販売ベスト4車は、同じカテゴリーのボディ形状で占められているわけだ。

■スペース効率命のN-BOXとルーミー、クラスは違えど似たようなボディサイズだ

 そこで軽自動車で販売1位のN-BOXと、小型/普通車で1位のルーミーを比べてみたい。

 ボディは小型車のルーミーが大きい。ルーミーの全長は3700mm(標準ボディ)、全幅は1670mm、全高は1735mmだ。N-BOXは3395mm×1475mm×1790mm(2WD)になる。

ボディサイズでは小型車のルーミーが当然大きい。ただしホイールベースはベースとなるパッソと共通の2490mmとなり、軽のN-BOXよりも短いのだ。

 ルーミーはN-BOXに比べて305mm長く、195mm広いが、全高は55mm低い。注目すべきはホイールベース(前輪と後輪の間隔)で、ルーミーは2490mm、N-BOXは2520mmだ。N-BOXの全長はルーミーに比べて305mm短いのに、ホイールベースは逆に30mm長い。

ホンダN-BOX。初代のヒットにより、2代目も気合いとおカネをかけて開発された。それゆえ、軽スーパーハイトワゴンとして群を抜く出来である。日本一の売れゆきもうなずける

 そのためにN-BOXでは、4輪がボディの四隅に配置され、前後のオーバーハング(ボディがホイールよりも前後に張り出した部分)は短い。N-BOXは全長と全幅が小さな軽自動車なのに、全高はルーミーよりも55mm高く外観が不安定に見えそうだが、ホイールベースを長くして視覚的なバランスを整えた。

 最小回転半径はルーミーが4.6~4.7m、N-BOXは4.5~4.7mだ。狭い道での取りまわし性は、ボディの小さなN-BOXが有利だが、ルーミーも小回りが利くから小型車としては運転しやすい。スーパーハイトワゴンとあって両車ともに外観が直線基調だから、視界が優れ、ボディの四隅もわかりやすい。

次ページは : ■全方位的によくできたN-BOXに対し、ルーミーは快適性でやや劣る印象

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ