バディの最多購入世代は30代! 光岡自動車の魅力に迫る

バディの最多購入世代は30代! 光岡自動車の魅力に迫る

 2018年のロックスター、最新作バディなどなど「夢、挑戦、次代へ」をテーマにクルマを生み出し続ける光岡自動車。ベース車を大胆に、そして楽しく変貌させるマジック(仕事)に迫る! メーカーインタビュー「教えて光岡さん!」も掲載!

●トピック
・最新作バディに試乗!
・教えて光岡さん! 6つの質問
・「個性」が手に入る! 今買える光岡自動車
・光岡自動車の狙い、特有の魅力とは……

※本稿は2021年6月のものです
文(バディ試乗)/飯田裕子 写真/MITSUOKA、ベストカー編集部 撮影/平野 陽
初出:『ベストカー』2021年7月26日号

【画像ギャラリー】傑作・超個性派から霊柩車まで!!? 光岡自動車38年の歴代モデルをギャラリーでチェック!


■「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」がコンセプト 西海岸で最新作バディに試乗する!

「写真を撮りたくて、吸い寄せられるように来ました」。とある場所でスケボーを楽しんでいた妻子のいる男性。

「これ、ミツオカのバディですよね。ウチのと同じRAV4がベースなのでつい隣に愛車を停めちゃいました!」(某有料道路PAにて)とご夫婦。

「なんかみんな知ってるんだ、バディのこと」と自然と笑顔になる筆者。こんな経験はなかなかない。

RAV4より全長が130mm、全幅が10mm拡大。タテ目リアコンビとパネルを貼ったようなデザインがいい
ガソリン車、ハイブリッド車があり、いずれにも2WD&4WDを設定。価格は469万7000~589万9300円

 昨年11月に先行予約を開始したミツオカ初のSUV「バディ」。当初の年間生産台数は150台だったが、反響の大きさを受け300台に修正。それも今なら理解できる。

 車体のベースはトヨタRAV4。これのフロントフェンダーから前部分と、リアのバンパーフェイスからゲートにかけて改造。仕上げのクオリティは当然高い。

 デザインモチーフは1970~1980年代のアメリカ車だそうで、フロント部分のクローム調の上下二段構えのヘッドライトやグリルがライトとともにキラッキラ。

フロントビュー
サイドビュー
リアビュー

 当時のシボレー サバーバンを思い起こさせる。リアのウッドパネルを貼ったようなデザインはジープ グランドワゴニアっぽい。

 しかし、そんな「何かに似ている」の“何か”を知らなくても、カリフォルニアの風を感じられるのではないか、このクルマなら。デザインが唯一無二なのは間違いないし、何より本当にイカしているのですよ。

●装備は最新。安心して個性を楽しめるバディ

 デモカーは2Lのガソリン車(FF)。

 このスタイルだからV8のドロドロ音をさせながら走るソレを想像したくなったけれど、ドライブフィールはRAV4そのもの。

 ただしタイヤはボコボコパターンのオールテレーン(BFグッドリッチ)。

 パターンノイズが気になるものの驚くほど乗り心地はよく、やっぱりこのタイヤが似合っているみたい。

 インテリアはオプションの専用のレザーシート(これ、おすすめです!)以外はベース車と同じ。

オプションの専用レザーシートを装着
シート中央などに白のワンポイントが入る。ほかはRAV4と同じ

 操作系やADAS系もしっかり最新のRAV4の装備。実は冒頭のスケボーの彼が「子どもがいるから古いクルマは故障も心配。バディは安心して走らせ、個性を楽しめる」と言っていた。

 彼の意見に大賛成。

 そこが安心の部分であり、みんなが選びたくなるミツオカの魅力なのだと思う。今のSUV人気もあって大ブレイクしちゃうかも!?

最多購入世代は30代だというバディ。業界の活性化にも一役買っている!?
「ステアリング中央のミツオカロゴで自然と高揚しますね」と飯田さん
バディのロゴ。細部に至るまで「西海岸テイスト」が光る

●光岡自動車バディ20ST(2WD)主要諸元
・全長4730×全幅1865×全高1685mm
・車重:1630kg
・ホイールベース:2690mm
・エンジン:2L直4、171ps/21.1kgm
・WLTCモード:15.2km/L(RAV4)
・価格:469万7000~589万9300円

■教えて光岡さん! 6つの質問

Q. ベースとなるクルマ選定は何か基準があるのですか?

A. ミツオカのデザインとベース車のデザインとのマッチングを重視しています。このマッチングが悪ければアンバランスなスタイルになってしまいます。

Q. ベース車両を改造するクルマですが、問題はないですか?

A. フレームから自社で作る製造車と、ベース車から作る改造車、どちらも車両構造上安全面での心配はありません。

Q. ミツオカのクルマ作りの方向性とは何でしょうか?

A. “心を動かされるクルマ”、その感覚を大事にしています。デザインがクラシカルでも機関や装備が最新式であれば、ユーザーのみなさまは安心して楽しむことが可能となり、クルマへ対する愛着も湧いてくるはずです。もう一歩お客様に近い存在となり、心に残るクルマ作りを目指しています。

Q. ロックスターからデザイン路線、従来と変わりましたか?

A. 創業50周年を迎えた記念モデルがロックスター。次の50年に向けて、この節目を契機に新しいことへチャレンジし続ける姿は表現できたと感じています。基本的に、従来は欧州風でロックスターからアメリカ的デザインへ……など方向性は限定していません。

Q. 外装が大きく変化したクルマ。重量は重くならないのですか?

A. 車両にもよりますが、ベース車と比較して極端に重くなるモデルはないです。

Q. ベース車からエンジン、足回りを変更することはありますか?

A. 極力変更せずにデザインをまとめるようにしています。大手自動車メーカー各社が作り上げた、信頼と安全性は当然ながらそのままにしています。足回りなどを変更することはミツオカユーザーのニーズではありません。

次ページは : ■「個性」が手に入る! 今買える光岡自動車

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ