古きよきアメリカの象徴 消えたアメ車メーカー&ブランド

古きよきUSAの象徴 消えたアメ車メーカー&ブランド

 世界一の自動車大国として長きにわたり君臨してきたアメリカ。ビッグ3が有名だが、かつてはビッグ3以外にも、多くのメーカー&ブランドが存在していたのである。

 すでに消滅してしまったが、忘れるには惜しいそれらのメーカー&ブランドたち。本企画ではそれを見て回りたい。

※本稿は2021年5月のものです
文/永田恵一 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】当時の広告・ポスターなども掲載! 消えたアメ車ブランドをギャラリーでチェック!


■GM系

■ポンティアック(GM系)

 まず頭に置きたいのが、GM自体がブランドの集合体ということである。ポンティアックは1926年にGM傘下のオークランド・モーター・カンパニーの派生ブランドとして設立し、後にGMの1ブランドとなった。ポジションは大衆向けのシボレーの若干上で、スポーティなイメージを持つといったところだった。

 しかし、1970年代を絶頂期に1980年代までは好調だったのだが、1990年代に入り日本車の影響などもあり、徐々に低迷。2000年代に入るとシボレーとの差別化が難しくなったのに加え、GMの経営不振で、2010年度限りでブランド廃止。

●フィエロ(1985年)…初代MR2と同時期に登場した、V6エンジンを搭載するなどしたライトなMRスポーツ。

フィエロ(ポンティアック/1985年)

●ファイヤーバードトランザム(1976年)…マスタングのライバルとなるカマロの兄弟車で、トランザムはその最上級グレードだった。

ファイヤーバードトランザム(ポンティアック/1976年)

●グランダム(1992年)…3代目からFFのミドルクラスカーとなり、4代目は日本でも比較的安く販売された。

グランダム(ポンティアック/1992年)

●バイブ(2002年)…トヨタのヴォルツ、マトリックスと3兄弟を形成したNUMMI製ミドルクロスオーバーとして販売。

バイブ(ポンティアック/2002年)

■オールズモビル(GM系)

 1897年設立のオールズ・モーター・ビークル・カンパニーは1908年にGMに買収され、GM2番目のブランドとなった。ポジションとしてはポンティアックと上級ブランドのビュイックの間、中の上といったイメージで、当初は先進的なモデルも持っていた。

 しかし、1980年代以降ビュイックなどとのGM社内での差別化が難しくなり、2004年に一部の車種をビュイックに残す形でオールズモビルは消滅した。

●トロネード(1966年)…初代モデルはキャデラックエルドラドと関係のある2ドアクーペで、徐々に小型された。アメリカンなデザインがナイス。

トロネード(オールズモビル/1966年)

●カスタムクルーザー(1979年)…アメ車らしい大型ステーションワゴンだったが、最後の3代目モデルは短命に終わった。

カスタムクルーザー(オールズモビル/1979年)

●オーロラ(2000年)…V8エンジンを搭載するフルサイズセダンだったが、洗練が仇となり最後の2代目は短命だった。

オーロラ(オールズモビル/2000年)

■ジオ(GM系)

 アメリカにおいてGMは1980年代後半まで、エントリーモデルとなる低価格帯のモデルはスズキカルタスやいすゞジェミニといった提携関係のあったメーカーのものでカバーしていたが、それを1989年にブランドとし、シボレーディーラー内で売っていたのがジオである。

 しかし、ジオもGM社内でのバッティングなどの問題もあり、トラッカー(スズキエスクード)を最後に2004年にブランドが消滅した。

●ストーム(1991年)…3代目ジェミニの3ドアハッチバックと日本ではヤナセが販売したPAネロのアメリカ仕様モデルだ。

ストーム(ジオ/1991年)

■サターン(GM系)

 サターンはオイルショック以後、日本車に受けた打撃に危機感を覚えたGMが工場を新設してまで1985年に設立したブランドである。サターンの大きな特徴は販売方法で、ディーラーではなくリテーラーと称し、公平なワンプライス販売、売りて側からは声を掛けないといったことを実践(これは日本でも同様)。

 1997~2001年の4年で日本から撤退、GM社内でも差別化が難しくなり、2010年にブランドが消滅した。

●メトロセダン(1995年)…同時期のスズキカルタスとはエクステリアデザインや衝突安全性、ボディ剛性など、微妙に異なっていた。

メトロセダン(サターン/1995年)

●メトロ3ドア(1995年)…エンジンは1L、3気筒と1.3L、4気筒を搭載し、後継車は韓国の大字(現韓国GM)のアベオだった。

メトロ3ドア(サターン/1995年)

●Sシリーズ(1991年)…セダン、ワゴン、クーペをラインナップ。独自の販売方法などにより初代モデルは北米で大ヒットしたが、日本では苦戦。

Sシリーズ(サターン/1991年)

●オーラ(2006年)…Lシリーズ後継となるラージセダンで、プラットフォームは当時のオペルベクトラと共通。

Sシリーズ(サターン/2006年)

●ビュー(2008年)…シボレーキャプティバスポーツ、オペルアンタラなどの兄弟車のミドルSUVでハイブリッドも設定。

ビュー(サターン/2008年)

■フォード系/クライスラー系

■マーキュリー(フォード系)

 マーキュリーはフォードと高級ブランドのリンカーンの中間となる、GMのポンティアックにイメージが近いブランドとして1938年に設立。

 マーキュリーは「フォードより全体的にちょっと高級」というトヨタのレクサスやホンダのアキュラにもそういったものがある手法で1990年代までは好調だった。

 しかし、2000年代に入るとフォード社内で中途半端な存在となるなど、低迷し始め、2010年に姿を消した。

●クーガー(1968年)…ポンティアックトランザムに相当するマスタングの上級モデルで、悪っぽい雰囲気も特徴。

クーガー(マーキュリー/1968年)

●セーブル(1992年)…フォードにとって重要なラージセダンのトーラスの上級版で、日本でも販売されワゴンが人気。

セーブル(マーキュリー/1992年)

●グランドマーキー(2005年)…フルサイズセダンのフォードクラウンビクトリアのマーキュリー版で、歴代全モデルがFRだった。

グランドマーキー(マーキュリー/2005年)

■プリムス(クライスラー系)

 GMのシボレーに近い、クライスラーにおけるエントリーカーを担当するブランドとして1928年に設立。好調なスタートを切ったが、1960年代にはクライスラー社内でのダッジブランドとのバッティング、1970年代前半の好調など浮き沈みが激しく、業績は低迷するいっぽう。

 1990年代終盤に復活のチャンスがあったものの、社内事情もあり最後のチャンスを生かすことができず、2002年に消滅した。

●ロードランナー(1964年)…「3000ドルで買えて、ゼロヨン加速が14秒」というわかりやすいマッスルカー。

ロードランナー(プリムス/1964年)

●ダスター(1970年)…実用車のヴァリアントをベースにした3ドアファストバックのスペシャルティカー。

ダスター(プリムス/1970年)

●プローラー(2000年)…サイクルフェンダーを持つなど往年のホッドロッドを思わせるモデルだが、短命に終わった。

プローラー(プリムス/2000年)

■イーグル(クライスラー系)

 ブランド名は後述するアメリカンモーターズ(以下AMC)をクライスラーが買収した際にあったイーグルというモデルに由来し、1988年に設立された。

 当初はAMC時代のモデルもあったが、イーグルのラインナップは設立から最後まで既存のクライスラー車のバッジ違いがほとんどだったこともあり、パッとせず。1990年代後半から段階的にモデルが廃止され、1999年にイーグルブランドは消滅。

●プレミア(1990年)…AMCがルノー傘下時代に開発されたルノー25ベースのラージセダンゆえ、アメ車っぽくない。

プレミア(イーグル/1990年)

●タロン(1995年)…三菱エクリプス、プリムスレーザーのバッジエンジニアリングとなるスペシャルティカー。

タロン(イーグル/1995年)

●ビジョン(1993年)…イーグルとして唯一のオリジナルモデルとなるラージセダンで、日本でも販売された。

ビジョン(イーグル/1993年)

次ページは : ■トヨタ系/少量生産系