トヨタ ヤリスクロスデビュー1年後の今も絶好調!売れて当然のSUVなのか?

デビューから1年経っても絶好調! トヨタ ヤリスクロスは売れて当然のSUVなのか?

 トヨタのコンパクトSUV、ヤリスクロスはデビューから1年が経過するが、自販連データによる7月の販売台数はヤリスシリーズ全体でナンバーワン。シリーズの販売台数のなかでおおよそ半分がヤリスクロスなので、今でも絶好調の売れゆきだ。

 しかも、トヨタのコンパクトSUVとあって昨年8月の発売前から「売れるのは間違いなし」という前評判もあったが、それほどまでにヤリスクロスは売れて当たり前のSUVなのか?

デビューから1年が経つヤリスクロスを今、再検証した。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ヤリスクロスとライバルたちを画像で比較!


■ライバルの生産限界も順位を後押し?

 クルマにはさまざまなカテゴリーがあるが、今はSUVの人気が高い。15年前のSUVの売れゆきは、新車として売られる乗用車の10%以下だったが、今は25%を占める。

 特に注目度が高いのは、運転しやすく価格も割安なコンパクトSUVだ。新型車の投入も活発で、2019年にはライズ&ロッキーとCX-30。2020年にはキックス、ヤリスクロス、MX-30。2021年にはヴェゼルも発売された。

 これらのコンパクトSUVのなかで、最も多く販売されている車種がヤリスクロスだ。2021年1~7月の登録台数は、1カ月平均で約9500台に達する(ヤリスとGRヤリスを除く)。

コンパクトSUVのなかで、最も多く売れているヤリスクロス。2021年1~7月の登録台数は、1カ月平均で約9500台に達する

 ライバル車のヴェゼルは、2021年4月に新型を発売して人気を高めたが、狭山工場の閉鎖が決まって生産工場を鈴鹿製作所に移した。鈴鹿ではN-BOXをはじめとするNシリーズやフィットも生産するため、増産にも限界がある。

 そのためにヴェゼルの登録台数は、現行型になって最も多い2021年7月でも7573台だ。販売計画の1カ月当たり5000台は上まわったが納期は長い。販売店によると「大半のグレードが半年で、PLaYは今でも約1年を要する」という。

 順調に生産できれば、ヤリスクロスよりも登録台数が多くなった可能性もあるが、実際は約2000台少ない。

 このような経緯もあり、SUVの販売1位はヤリスクロスだ。2020年の発売から同年12月までは、ライズの登録台数がヤリスクロスよりも多かったが、2021年に入るとヤリスクロスが一貫してSUVの販売1位になった。そこで発売後1年を迎えたヤリスクロスの商品力を改めて検証したい。

2020年の発売から同年12月までは、ライズの登録台数がヤリスクロスよりも多かったが、2021年に入るとヤリスクロスが逆転した

■見た目がよく、ライバルより安いという魅力

 販売店にヤリスクロスについて尋ねると以下のように返答した。「今はSUVが人気を高め、ヤリスクロスの売れゆきは好調だ。SUVでは価格が割安で、外観はカッコイイ。コンパクトカーのヤリスに比べると後席も広く、ファミリーのお客様にも推薦しやすい」。

 ヤリスクロスが好調に売られる背景には、このように複数の理由がある。まずSUVで大切な外観の存在感が強い。全長は4180mmと短く、運転しやすいコンパクトサイズだが、全幅は1765mmと少しワイドだ。

 そしてホイールベース(前輪と後輪の間隔)を全長の割に長い2560mmとして、4輪をボディの四隅に配置した。外観はボルボXC40をコンパクトにしたような印象で、SUVの力強さを上手に表現している。販売店の指摘どおり、ヤリスクロスにとって外観の魅力は大きい。

存在感のあるエクステリアデザイン。全長は4180mmと短く、運転しやすいコンパクトサイズだが、全幅は1765mmと少しワイド。ヤリスクロスにとって外観の魅力は大きい

 価格が割安なことも特徴だ。エンジンは直列3気筒1.5Lのノーマルタイプとハイブリッドを用意した。

 ノーマルタイプで最も安価なX・Bパッケージは、法人やレンタカー向けで衝突被害軽減ブレーキを省いたから推奨できないが、価格は180万円を下まわる。ノーマルエンジンならば最上級のZでも221万円だ。

ヤリスクロスのパワーユニットは1.5L直4エンジンと1.5Lハイブリッドの2種。ノーマルエンジンならば最上級のZでも221万円だ

 ハイブリッドZも258万4000円で、ノーマルエンジンと比べて37万4000円の上乗せに抑えた(価格はすべて2WD)。

 一方、ライバル車のヴェゼルは、直列4気筒1.5Lのノーマルエンジンは装備のシンプルなGのみだ。販売総数の90%以上はハイブリッドのe:HEVで、売れ筋のe:HEV・Zは2WDでも価格が289万8500円に達する。

ヴェゼル e:HEV Z。販売総数の90%以上はハイブリッドのe:HEVで、売れ筋のe:HEV Zは2WDでも価格が289万8500円に達する。ノーマルエンジンもあるが、装備がシンプルな仕様のみ

 同じくライバル車のキックスでは、ノーマルエンジンが用意されず、ハイブリッドのe-POWERのみだ。Xの価格は275万9900円になる。

キックスではノーマルエンジンが用意されず、ハイブリッドのe-POWERのみ。Xの価格は275万9900円

 このようにヤリスクロスは、ハイブリッドでも価格がライバル車に比べて20万~30万円は安い。ノーマルエンジンを選ぶと55万~70万円も下まわる。ヤリスクロスでは、インパネのデザインやホイールベースをベース車のヤリスとほぼ同じにすることで、開発コストと価格を安く抑えた。

 加えて価格の安いノーマルエンジン車にもグレードが豊富に用意され、少ない予算で購入できる。この買い得感がヤリスクロスの魅力をいっそう強めた。

次ページは : ■購入しやすさは本体価格設定だけにあらず

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ