ホンダ新型ヴェゼル 知れば得する購入ガイド ライバル、値引き

大人気SUV ホンダ新型ヴェゼル 知れば得する購入ガイド ライバル、値引き

 2021年4月に新型(2代目)が登場したホンダヴェゼル。発売1カ月で32000台の受注を集め、納車待ちはグレードによっては半年以上という人気ぶり。

 各メーカー、エース級がそろうジャンルのなかで、華々しく登場したスター車種といえる。

 そんなヴェゼルだけに、どんなグレードがあって、どんなライバルがいて、実際に「買う」となると値引きはどれくらいか、しっかり紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

文/諸星陽一
写真/ベストカーWeb編集部、HONDA

【画像ギャラリー】ハイブリッド比率9割超え!! 注目の新型ヴェゼルをギャラリーでチェック!!


■2021年4月に登場した新型ヴェゼル

ヴェゼルはフィットベースのコンパクトSUV。現行モデルは2021年4月23日に発売された2代目。ボディサイズは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mm。パワートレインは1.5L 直4ガソリンと1.5Lエンジン+2モーターのハイブリッド

 初代ヴェゼルは2013年にフィットの基本コンポーネンツを使ったSUVとして登場。2021年4月にフルモデルチェンジを受け、現行モデルとなりました。フルモデルチェンジされてから日が浅いため、変更などの情報はありませんが、発表後約1カ月となる5月25日に、5月24日までの約1カ月間で当初の販売目標である5000台をはるかに上まわる3万2000台以上の受注を受けたことが発表されています。

 ヴェゼルに用意されるパワーユニットは、1.5ガソリンエンジン(118馬力/142Nm)と1.5ガソリンエンジン(106馬力/127Nm)+モーター(131馬力/235Nm)のハイブリッドの2種です。基本駆動方式はFFで、4WDは駆動力をプロペラシャフトで後輪に伝達する機械式となります。

 グレード展開はハイブリッドが中心となります。

 ハイブリッドモデルはe:HEVというグレード名がつけられ、上からe:HEVプレイ、e:HEV Z、e:HEV Xの3タイプです。e:HEVプレイはFFのみで4WDは設定されません。ガソリンエンジンモデルはGグレード1種となります。

 2021年5月25日の受注数発表時には人気グレードや受注比率などが発表されているのでお知らせしておきます。

●タイプ・グレード別構成比
1位:e:HEV Z(76%)
2位:e:HEVプレイ(12%)
3位:ガソリンG(7%)
4位:e:HEV X(5%)


●ガソリン/e:HEV構成比
ガソリン:7%
e:HEV:93%

●FF/4WD構成比
FF:81%
4WD:19%

●G/e:HEV X/e:HEV Z人気カラー(トップ3)
1位:プラチナホワイト・パール(33%)
2位:クリスタルブラック・パール(18%)
3位:プレミアムサンライトホワイト・パール(17%)

●e:HEVプレイ人気カラー(トップ3)
1位:プレミアムサンライトホワイト・パール&ブラック(6%)
2位:サンドカーキ・パール&ブラック(4%)
3位:ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー(1%)

■安全装備

新型ヴェゼルのインテリアは水平基調。視認性の良さを追求した計器類の配置はヒューマン・マシン・インターフェースの高い完成度を感じさせる

 基本的な安全装備は全グレードに標準装備となるので、どのグレードでも安心して購入することができるでしょう。また、全車がサポカーSワイドに該当しますので、65歳以上の方が運転するなど条件が揃えばサポカー補助金10万円が交付されます。ヴェゼルに搭載される安全装備は以下のものとなります。

・衝突軽減ブレーキ<CMBS>
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
・車線維持支援システム<LKAS>
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム
・パーキングセンサーシステム

後席の足元空間は先代から+35mm拡大。身長170cmの大人が座った場合で握りコブシ2つ半ほどの余裕がある。後席の座面跳ね上げ機構も装備される
燃料タンクの配置を最適化したホンダ独自のセンタータンクレイアウト採用によりフラットな荷室が生まれる

 e:HEVプレイとe:HEV Zにはブラインドスポットインフォメーションが標準、マルチビューカメラシステムがプレミアムオーディオなどとセットでオプションとなります。

 ホンダ自体がハイブリッド中心で販売しようとしているのはグレード展開を見ても明白、そしてユーザーもそれに呼応しているのは発注台数からも十分に伝わって来ます。

 ガソリンエンジンモデルにパワー不足を感じるかというとそんなことはありませんが、ハイブリッドの力強い走りはやはり魅力です。ヴェゼルのハイブリッドは2モーター式と言われるものです。じつはひとつのモーターはモーターではなくジェネレーター(発電機)として働きます。EVモードではバッテリーからの電源供給でタイヤを駆動、ハイブリッドモードではエンジンで発電した電力でタイヤを駆動するシリーズハイブリッドとなります。

 エンジンモードではモーターを使わずに直接エンジンの動力でタイヤを駆動します。モーター走行中のe:HEVモデルの加速感はEVそのもので、じつに快適です。e:HEVモデルもガソリン車と同様に4気筒エンジンを積むため、エンジンの振動が少ないのも魅力。さらにe:HEVモデルのフロントウインドウには遮音機能もプラスされているので、静粛性も高くなっています。

 ハイブリッド車とガソリン車で同一グレードは存在しないのですが、ほぼ装備が同じレベルだとe:HEV Xとの比較になります。この場合の価格差は約38万円ですので、それなりの開きがあることになりますが、ヴェゼルを買うならe:HEVを選ぶほうがいいと思います。まだ、発売後日の浅いモデルなので、はっきりしたことはわかりませんがおそらく下取り時の値下がりもe:HEVのほうが少なくて済むと思われます。

次ページは : ■タイプ別装備

最新号

ベストカー最新号

注目度絶大の次期型アルファードのデザインを世界初公開!! ベストカー10月26日号

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が、継続かそれとも再再度延長かで揺れる2021年…

カタログ