ゴルフVIIIにマツダ3・インプSTIをぶつける! Cセグハッチ最前線

ゴルフVIIIにマツダ3・インプSTIをぶつける! Cセグハッチ最前線

 いよいよこのカテゴリーの“真打ち”とも言うべきVWゴルフVIIIが日本発売を開始。国産勢も強豪モデルがひしめき合うCセグハッチバックモデルのなかで、覇権を握るのは果たしてどれか?

 マツダ3FB、インプレッサスポーツSTI Sportとの頂上決戦を松田秀士氏がレポート!

※本稿は2021年月のものです
文/松田 秀士 写真/ベストカー編集部 撮影/佐藤正勝
初出:『ベストカー』2021年8月10日号

【画像ギャラリー】ゴルフVIII・マツダ3FB・インプレッサスポーツSTI Sport 3台を様々な角度からチェック!!!


■走りからADASまで厳しくチェック!

 Cセグハッチバックの王様、新型VWゴルフ(VIII)がいよいよ日本上陸である。

 そこで国産Cセグハッチバックの代表としてマツダ3ファストバック、インプレッサスポーツSTI Sportの3台を引っ張り出した。

 さあ、王様ゴルフVIIIに対して日本勢はどのレベルにあるのか、あるいは凌いでいるのか? さっそく乗り比べだ。

 まず新型ゴルフVIIIをじっくり乗り回してみよう。

 ライトまわりを含め、より直線的なラインを感じるエクステリアはスッキリ感が強い。

VWゴルフVIII…松田秀士氏が3気筒エンジンとは思えないほど、室内静粛性が高かったというのがゴルフVIII。エンジンルームでは分厚いゴムのマウントがしっかり仕事をしていた
VWゴルフVIII…松田秀士氏が3気筒エンジンとは思えないほど、室内静粛性が高かったというのがゴルフVIII。エンジンルームでは分厚いゴムのマウントがしっかり仕事をしていた

 AmazonのアレクサやAppleのSiriのような音声認識+操作システムの進化にも注目だが、ここではやはり48Vマイルドハイブリッドを採用した1L 3筒ターボエンジンに注目。エントリーモデルともいえるeTSI Activeを引っ張り出してみた。

 エンジンを始動してみて、まず驚くのが室内でのメカニカル振動の少なさ。先入観さえなければ3気筒エンジンとはわからない。

 そこでエンジンフードを開けてみると、4気筒エンジンに比べて明らかに振動している3気筒があった。

 しかし、分厚いゴム質のエンジンマウントがその振動をしっかり吸収している。経年劣化して交換する時は高そうだが、凄いパーツである。

 いわゆるオルタネーター(発電機)を駆動とスターターもできるモーターに置き換えたベルト駆動の48Vマイルドハイブリッドが装備されたエンジン出力は110ps/20.4kgm。

 これに7速DSGが接続される。圧巻だったのはこの48Vによるコースティング機能。

 停止寸前やアクセルオフでのエンジン停止が頻繁に起こり、燃料を節約している。またアイドリングストップからの再始動も瞬間にエンジンに火が入る音なしスターター。お見事だ。

 では動力性能を国産ライバル2車と比較しよう。

エンジンユニットが各々三者三様の違いを見せたCセグハッチバック3台
エンジンユニットが各々三者三様の違いを見せたCセグハッチバック3台
ゴルフは1Lターボ+48Vマイルドハイブリッド、マツダ3は1.8Lクリーンディーゼル、インプレッサは2L水平対向NAを積む
ゴルフは1Lターボ+48Vマイルドハイブリッド、マツダ3は1.8Lクリーンディーゼル、インプレッサは2L水平対向NAを積む

次ページは : ■三者三様の個性ありだが……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!