危ないよ…! 電動キックボードの悪質な事故急増中! 周囲の対応と注意点とは

危ないよ…! 電動キックボードの悪質な事故急増中! 周囲の対応と注意点とは

 2021年4月から始まった電動キックボードの実証実験。都内でも電動キックボードが走っているのを見ない日はないぐらい、多くの人が利用している。ヘルメット着用が任意になり、気軽に移動ができるようになった反面、直近事故や違反での取り締まり事例が増えている。

 8月26日、新宿区在住の飲食店従業員の女性(23歳)が、自動車運転死傷処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの疑いで書類送検された。

 免許が必要と分かっていながら無免許でナンバーのついていない電動キックボードを運転。JRの新宿大ガード東交差点で「赤信号なのはわかっていたが、クルマが来ていないように見えた」ので信号無視して直進、左側から青信号で交差点内に進入してきたタクシーと衝突し、タクシー乗客に加療10日間の頭部打撲を負わせたというもの。加害者も右手の骨を折る大けがをした。

 電動キックボードの実証実験が始まってから半年あまり、今どんな状況になっているのか? 電動キックボードの今を解説する。

文/柳川洋
写真/柳川洋、Adobe Stock(トビラ写真/Fxquadro@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】「自分さえ良ければいい」って乗り方をしていると、最後は自分に帰ってくる…ってコト!?


■電動キックボードの事故は今年34件発生

電動キックボードに絡む事故は今年8月24日までで34件発生しているという(Studio Romantic@Adobe Stock)
都内で借りることができる電動キックボード。ハンドルに付けられている二次元バーコードをスマホのアプリで読み取って起動させる(写真/筆者撮影)

 警視庁によると、都内では電動キックボードによる事故が相次ぎ、今年は8月31日までに39件の事故が起きており、交差点での出会い頭の事故が目立つとのこと。

 また、大阪では今年5月にナンバーを取得していない電動キックボードで知人女性を前に乗せた二人乗りの状態で難波の歩道を走り、歩道を歩いていた40歳代の女性をはねて転倒させ、首の骨を折る全治1ヶ月の重傷を負わせた上逃走した無職の男(30歳)が逮捕された。過失運転致傷とひき逃げで6月に略式起訴され、大阪簡裁から50万円の罰金の略式命令を受けた。

 この事故の悪質さが際立ったこともあり、大阪府警では違法キックボードに対する摘発が強化された。6月に、無免許運転で電動キックボードに乗って1週間前に警察官から警告を受けたばかりの男が無免許、酒気帯びで電動キックボードを運転して、現行犯逮捕されるなど摘発が相次いだ。

 福岡でも7月、無免許酒気帯びで実証実験中の電動キックボードに乗っていた男が逮捕されている。

 このように悪質な事故もかなり増えており、実証実験が終了する今年10月以降、電動キックボードに対する規制の方向性がどのように変わっていくのか注目される。

 ちなみにイタリアでは先月末に13歳の子供がミラノ近郊で電動キックボードの事故で亡くなり、ヘルメット義務化と時速20kmへの最高速度制限、4時間以上の講習後に取得が可能になる免許義務化の議論が進められている。

■電動キックボードは自転車、原付、自動二輪? 法律上の位置づけは?

 ではそもそも、電動キックボードが法律上どんな位置づけをされているのか、正確に言える人はどれだけいるだろうか。それが分からないと、何が違法で何が合法なのかは正確に分かっていないことになる。

 いわゆる「電動キックボード合法化」直後から現在まで計19回、走行距離合計43.9kmも電動キックボードを利用したり、ベストカーwebに関連記事を書いている筆者でも、簡単に説明するのは難しい。

 まずは原則論から。「原則的」には、モーター出力が定格出力0.6kw以下の電動キックボードは、道路交通法上「原動機付自転車」、いわゆる原付扱いになり、0.6kwを超え1.0kw以下だと「自動二輪車(小型)」、いわゆる排気量50cc~125㏄の、黄色やピンクのナンバープレートをつけて走るバイクと同等の扱いとなる。

 だが、最近よく都内で目にする「LUUP」などのナンバー付き電動キックボードは、実は「小型特殊自動車」。2021年4月に「産業競争力強化法の認定新事業活動計画」にしたがって貸し渡された電動キックボードの特例措置により、「小型特殊自動車」として公道の走行が認められている。

 その特例措置により、ヘルメット着用は義務ではなく、「自転車を除く」「軽車両を除く」と書かれた一方通行路を逆走でき、自転車専用通行帯も走行できる。

 また原付であれば最高速度が時速30kmだが、特例措置に基づく電動キックボードは最高時速が15kmに抑えられている。

最近は人気も高く利用者も増え、こんなにまとまって電動キックボードが借りられる状態も珍しくなった(写真/2021年4月筆者撮影)

 念のためだが、この特例措置は、「特定の認可済みの事業者が貸し渡し、認定新事業活動計画の実施区域内を走っている場合のみ」適用され、今年の10月に終了することになっている。

「認可済みの事業者」は、株式会社Luup、株式会社mobby ride、株式会社Exxと長谷川工業株式会社のみ。「実施区域」はLUUPの場合、品川区、渋谷区、新宿区、世田谷区、港区、目黒区のみ。

図は筆者作成。情報は経済産業省HPより引用

 例えば西新宿5丁目のポートから渋谷区にある笹塚に行くのにLUUPの電動キックボードを借り、ヘルメットを被らずに中野区を通る方南通り経由で行ってしまうと、道路交通法違反になってしまう。

 また「認可済みの事業者」から貸し渡されたものではない電動キックボードは、原付もしくは小型自動二輪としてナンバーを取得の上、自賠責保険に加入し、走行時はヘルメットを着用のうえ、灯火類・方向指示器、バックミラーなどを整備する必要がある。

 ナンバーがついていない「野良」電動キックボードで公道を走るのが違反であるのはいうまでもない。

次ページは : ■特例電動キックボードは自転車ではなく小型特殊自動車扱いである!