なぜ今ワゴンRにスライドドア採用? スライドドアが人気を高めた3つの理由

なぜ今ワゴンRにスライドドア採用? スライドドアが人気を高めた3つの理由

 2021年8月27日に発売されたワゴンRスマイルのウリはスライドドアであることだ。これまで、軽自動車でスライドドアを採用してきたのは、N-BOXやタント、スペーシアなどスーパーハイトワゴンと呼ばれる、背の高いワゴンタイプしかなかったが、今回のワゴンRスマイルは全高が1700mmとハイトワゴンタイプ。

 なぜここまでして、ワゴンRにスライドドアを付けたのか? ここで改めてスライドドアってどんな利点があるのか、その一方で欠点はあるのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/スズキ、ダイハツ、ホンダ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ミニバンだけじゃない!! 販売台数上位を席巻するスライドドア装着車たち


■軽自動車の50%以上がスライドドアを採用する

両側スライドドアを採用したワゴンRスマイル。スペーシアと同様にスライド量が大きいので乗り込みしやすい。パワースライドには予約ロックも搭載
国産車で初めてスライドドアを採用したのは1964年発売のダットサン・キャブライト

 2021年8月27日にデビューしたワゴンRスマイルの特徴は、全高が1700mmを下まわる軽自動車なのに、スライドドアを装着することだ。開発者は「ワゴンRのお客様に尋ねると、40%の方がスライドドアの装着を希望された」という。

 軽自動車でスライドドアを普及させたのは、2007年に発売された2代目タント、2008年のパレット(スペーシアの前身)、2011年の初代N-BOXであった。この3車種の全高はすべて1700mmを上まわり、スーパーハイトワゴンと呼ばれる。

全高1700mm以下の軽自動車としては初めて両側スライドドアを採用するムーヴキャンバス。後席の電動スライドドアを両側に標準装備。スライドドアと置きラクボックスで両手が塞がった買い物もラクラクこなせる

 このタイプが好調に売れて、ダイハツが改めて市場調査を行ったところ、「スライドドアは欲しいが、タントのように背の高いボディは必要ない」という意見も根強く聞かれた。そこで開発されたのが、2016年に発売されたムーヴキャンバスであった。全高は1655mmだ。

 ムーヴキャンバスは好調に売れて、ムーヴ全体の約60%を占める。2021年には、ムーヴキャンバスだけで1か月当たり5700台前後を販売しているから、2020年に登場した設計の新しいタフトの5400台よりも少し多い。

 その結果、今の軽乗用車の売れ行きを見ると、50%以上がスライドドアを装着する。国内販売ランキングの上位にも、スライドドアを備えたハイトワゴンが並ぶ。

ベストセラーのスーパーハイトワゴン、N-BOX(カスタム)のスライドドアを開けた状態

 N-BOXは2021年1~7月の1か月平均届け出台数が1万8200台、スペーシアは1万2800台、タントは1万1000台という具合だ。

 逆にスライドドアを装着せずにすべてのドアが横開きの軽自動車は、ハスラーが7700台、ワゴンRは4700台、N-WGNは4500台だ。N-WGNの売れ行きは、スライドドアを備えたスーパーハイトワゴンのN-BOXに比べると、約25%程度に留まる。大幅に少ない。

 スズキでは軽自動車のスーパーハイトワゴンやムーヴキャンバスの成功もあり、ワゴンRスマイルを企画した。販売店からは「お客様から、スズキにはムーヴキャンバスみたいなクルマはないのか、という質問を受けた」という話も聞かれた。

■スライドドアが人気を高めた3つの理由

狭い駐車などで隣のクルマにドアをぶつけることなく、乗り降りができるのはいい
タントのミラクルオープンドア。助手席側のセンターピラーがないため開口部が広くベビーカーを抱えた状態で乗り込める
センターピラーレスではない両側スライドドアを採用するスペーシア
助手側のセンターピラーレススライドドアを採用するN-VAN。ちなみにN-BOXにはセンターピラーレスドアを採用していない

 このようにスライドドアを備えた軽自動車が人気を高めた背景には、大きく分けて3つの理由がある。

 まずはスライドドアが便利なことだ。ワゴンやSUVが採用する横開きのドアに比べると、開閉時にドアパネルが外側へ大きく張り出さない。隣に駐車する車両との距離が近い時でも、ドアパネルをぶつける心配がなく、乗り降りもしやすい。

 横開きの場合は、自車のドアパネルによって開口部が狭まるが、スライドドアであれば広い。オプション、あるいは標準装備として電動開閉機能も装着できるから、子供を抱えたり、両手で荷物を持っている時でも開閉操作がしやすい。

 またタントやN-VANは、左側のセンターピラー(天井を支える中央の柱)をスライドドアに内蔵させた。そのために左側のドアを前後ともに開くと、タントの開口幅は1490mm、N-VANは1580mmに広がる。

 タントであれば、助手席を前側にスライドさせておくと、ベビーカーを抱えた状態で乗り込める。雨天時など、車内で子供をベビーカーから降ろし、後席のチャイルドシートに座らせる作業を行える。

 N-VANは軽商用車で、助手席も床面へ落とし込むように格納できる。ほかの軽商用バンと違って運転席以外はすべて荷室になるから、左側の開口幅が1580mmに達すると、ボディの左側面を使って大小さまざまな荷物を積み込める。作業効率を大幅に向上させられる。

新型タントは引き続きセンターピラーレスのミラクルオープンドアを採用するが、ピラー内臓スライドドアでボディ剛性が強化されているので、走行安定性においてヤワに感じることはない

 ボディ剛性を確保するため、両側のピラー(柱)をスライドドアに内蔵させるのは困難だが、左側だけでも開口幅をワイドにできると使い勝手が向上する。ピラー内蔵型のような発展性もスライドドアのメリットだ。

 スライドドア装着車の売れ行きが好調で車種数も増えた2つ目の理由は、その多くが国内向けに開発されたことだ。アルファードのように海外で人気を高めた車種もあるが、それでもカムリなどのセダンとは異なり、基本的には国内市場を重視する。スライドドアの軽自動車となれば国内専売だ。

 つまりスライドドアを備える車種は、日本のユーザーを見据えて開発され、デザインやスライドドアドア以外の機能も日本のユーザーに寄り添う。だからこそ好調に売れる。スライドドアも、日本のユーザーを見据えて開発された要素のひとつに位置付けられる。

 スライドドアが普及した3つ目の理由は、比較的若い世代を中心に、スライドドアが標準的な機能になったことだ。スライドドアは、1990年に発売された初代エスティマや初代セレナあたりから普及が始まり、1996年の初代ステップワゴンなどから販売に弾みが付いた。

 したがって1990年以降に生まれた31歳以下のユーザーには、スライドドアを備えるミニバンなどを使いながら育った人達も多い。後席にスライドドアが装着されていないと不便に感じられ、クルマを選ぶ時の大切な条件になっている。

次ページは : ■2列シートのミニバン、ルーミーとソリオも採用