新型スバルWRX世界初公開! エンジンは275psの2.4リッターターボ! 日本発表は10月下旬!!


 スバルは新型WRXの米国仕様車を2021年9月10日日本時間22時に世界初公開した。米国での発売は2022年初頭からとなる。

 今回発表された新型WRXは、2014年にデビューした先代VAG型から約7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 はたして新型WRXはどんなモデルに仕上がっているのか? 公開された概要を詳細にわたって解説していこう。

 さらに日本仕様の新型WRX S4はどうなるのか? いつ発売されるのか? 販売店から得た、いまわかっているすべての情報をお届けしていこう。

文/ベストカーweb編集部
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】樹脂製フェンダーやリア回りの過激なデザインに賛否両論!? 新型WRX詳細写真でチェック!


■コンセプトカーVIZIVパフォーマンスコンセプトを思わせるアグレッシブなスタイル

世界初公開となった新型WRX! エアアウトレット付きの樹脂製大型フェンダーに注目。前輪開口部の後端にあるエアアウトレットにより、空気が車輪付近から排出され、前輪タイヤの揚力が減少し、操縦安定性が向上。リアバンパーの両端のエアダクトはリアタイヤ後方から入った閉じ込められた空気を排出し、車体の揺れを軽減
新型WRX GT。ボディカラーはマジタイトグレーメタリック。マットグレーの18インチアロイホイールを装備
リア回りはアグレッシブ! 大型ディフューザーも迫力満点!

 ついにこの時がやってきた。スバリストならずとも日本のスポーツカーファンが待ち望んできた新型WRXが世界初公開となったのだ。

 今回発表されたのは米国仕様の新型WRXだが、日本仕様はWRX S4となる(後半ページで詳細情報お伝えします)。

 まず見てほしいのはエクステリアデザイン。ヘキサゴングリルとヘッドライトで構成されるフロントマスクこそ、レヴォーグを踏襲しているが、コンセプトカーのVIZIVパフォーマンスコンセプトを思わせる大きく張り出したフロント&リアフェンダーが迫力満点。

 さらにそのフロント&リアフェンダーのスポーツサイドガーニッシュやサイドシルスポイラーなどに、整流効果のあるヘキサゴンパターンの空力テクスチャーを採用し、フロントフェンダー後部にはコーナリング時や高速走行時の操縦安定性に寄与するエアアウトレットが設けられた点も注目に値する。

 そして、新型WRXのデザインで最も斬新といえるのはリア回りだろう。リアスポイラーこそ控えめながら、テールランプはコの字型のこれまでなかった斬新な造形だ。さらに4本出しマフラーの上にはいかにも空力特性のよさそうな大型のディフューザーと、歴代STIモデルのなかでも一番攻めているデザインではないだろうか。

 発表された米国仕様WRXのボディサイズ(インチをcm換算)は全長4669mm×全幅1827mm×全高1468mm、ホイールベースは2673mm。

■新型WRXはどれほど進化したのか?

やはりスバル・グローバル・プラットフォーム採用による進化が大きい
全体的にねじり剛性が28%、サスペンションの取り付け剛性が75%向上したという

 やはり新型WRX最大のトピックスは、WRXとして初めてスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)を採用し、ボディやシャシーが高剛性化したことで走りと動的質感を進化させたことだろう。

 SGPの採用により、シャシーの剛性を高め、重心高を低くすることで、乗り心地とハンドリング性能を大幅に向上。

 さらに構造用接着剤を増加したことにより、全体的なねじり剛性が28%、サスペンションの取り付け剛性が75%向上。

 またボディに直接取り付けられたリアスタビライザーバー(サブフレームと比較して)により、効率的に動くようになり、コーナリング時のロールが低減したという。

 すでにSGPによるボディやシャシーの進化はレヴォーグで実証されているが、新型WRXではステアリング操作への応答性や不快な振動や揺れも低減。

 またボディ剛性の高さを生かして路面からの 入力に対する足回りのしなやかな動きを実現するため、サスペンションジオメトリーを最適化 。

 先代モデルに対し、サスペンションの実用ストロークを伸ばし、接地性や安定感を向上したという。つまり、走りの性能と乗り心地を両立させたということだ。

 さらにモーターアシスト軸とドライバーの操作軸を別とした、デュアルピニオン式の電動パワーステアリングを採用することで、滑らかで応答遅れのないスポーティなステアフィールを実現したという。

次ページは : ■275ps/35.7kgmを発生するFA24型ターボを搭載!