日産の大黒柱ミニバン セレナを買うなら購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

日産の大黒柱ミニバン セレナを買うなら購入ガイド お薦めグレード、ライバル、値引き

 2021年1~6月の累計販売台数は32,283台。日産車ではノートに続く2番目に売れているクルマであり、ミドルクラスミニバンの大看板であり続けるセレナ。現行型は2016年に登場しており、今年(2021年)で丸5年が経過しているが、まだまだ人気は衰えない。

 そんなセレナにちょっと興味があるぞ、という方は、販売店へ行く前にぜひ当記事をご参照いただきたい。お薦めグレードやライバル、値引き情報など、知って得する情報をまとめてお届けします!

文/諸星陽一
写真/ベストカー編集部、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】30年の歴史をもつロングセラーミニバン 日産セレナをギャラリーでチェック!!


■日産セレナの最新情報

日産セレナは30年の歴史をもつファミリー向けミニバン。現行モデルは2016年8月に発売が開始された。マイルドハイブリッド車と、エンジンが発電してモーターで駆動するe-POWERを用意する

 初代セレナは1991年に登場したので、かれこれ30年の歴史をもつモデルとなりました。じつはエルグランドよりも長い歴史のあるモデルで、最近のクルマがどんどん車名を変更していくことからみれば、車名が大事にされているモデルだといえます。

 初代はセミキャブオーバーで基本駆動方式が後輪駆動でしたが、2代目ではFFとなりました。現行モデルは2016年にフルモデルチェンジされた5代目となります。

 最新の変更は2020年8月に行われた一部仕様向上で、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車標準装備化。従来、全車オプションであった「プロパイロット」をハイウェイスターV、ハイウェイスターG、e-POWER ハイウェイスター V、e-POWER ハイウェイスター Gに標準化、「インテリジェント ルームミラー」のオプション設定グレードを拡大。USB電源ソケットが1.0Aから2.4Aに変更されました。

高速道路における渋滞走行と巡航走行を支援するプロパイロットを上級グレードに標準装備

 セレナには2種のパワーユニットが用意されます。ひとつはSハイブリッドの名前で呼ばれるマイルドハイブリッド。150馬力/200Nmの2リットル直4エンジンに、2.6馬力/48NmのISG(モーター・ジェネレーター)が組み合わされます。

 Sハイブリッドは12V用の鉛バッテリーを2つ搭載します。Sハイブリッドは基本エンジン駆動車と思って問題ありません。発進時や加速時にISGがアシスト、減速時にISGがエネルギー回収を行いますが、その割合は非常に小さなもの(とはいえそれなりの効果はある)です。

 もうひとつのパワーユニットはノートでおなじみのe-POWERの名で呼ばれるシリーズハイブリッドです。84馬力/103Nmのエンジンで発電し、136馬力/320Nmのモーターを駆動します。エンジンの出力は直接駆動力に使われることはなく、あくまでも発電のみに使われます。バッテリーを充電する代わりにガソリンでエンジンを回して発電するわけで、いわば発電機付きのEV。発電された電気の一部はリチウムイオンバッテリーに蓄えられます。このリチウムイオンバッテリーは回生ブレーキでのエネルギー回収にも使われます。

■安全装備

明るく開放的な雰囲気のインテリア
スリムなフロントピラーは死角が少なく、右左折時の安全確認をサポートする

 駆動方式はFFが基本で、Sハイブリッドはオートコントロール4WDと呼ばれるプロペラシャフトを有する機械式のスタンバイ4WDを採用しています。e-POWERには4WDモデルは存在しません。SハイブリッドはCVTのミッションを組み合わせますが、e-POWERはミッションが存在しません。どちらもアクセルとブレーキだけの操作となる2ペダルモデルですから、免許はAT限定でOKです。

 日産は安全装備を360°セーフティアシストのネーミングで呼んでいます。セレナは基本的な安全装備は全グレードで標準装備です。ですので、どのグレードを購入しても基本的な安全は担保されると思っていいでしょう。以下に標準装備される安全装備を列記します。

●全車標準装備の安全装備
・VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])
・ヒルスタートアシスト
・インテリジェント エマージェンシーブレーキ
・インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
・LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェント BSI (後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)
・車両接近通報装置
・フロント&バックソナー
・SRSエアバッグシステム〈前席〉
・運転席・ 助手席シートベルト非着用時警告灯&警告音
・ISO FIX対応チャイルドシート固定用アンカー〈セカンド〉

 以下の装備はX、e-POWER X、ハイウェイスター、e-POWERハイウェイスター(つまり各シリーズのベースグレード)以外にオプションで装着可能です。

・インテリジェント DA(ふらつき警報)
・SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム〈前席〉

次ページは : ■乗車定員とインテリア装備