新型カローラクロスが199.9万円から! コスパのいいSUVと悪いSUV


 コンパクトクラスからミドルクラス、ラージクラス、さらにはクーペ型まで、まさに百花繚乱状態のSUV市場。トヨタSUVのラインナップを下から見ていくと、トヨタライズが167万9000円~、トヨタヤリスクロスが179万8000円~、トヨタC-HRが238万2000円~。

 他メーカーのコンパクトおよびミドルサイズSUVは、日産キックスe-POWERが275万9900円~、ホンダヴェゼルが227万9200円~、マツダCX-3が189万2000円~、マツダCX-30が239万2500円~という構図。

 こうしたコンパクトSUV、ミドルクラスSUV市場にトヨタが投入したのが2021年9月14日に正式発表となった、新型カローラクロスだ。トヨタSUVのラインナップのなかでは、ヤリスクロスとハリアーの間、ミドルクラスのSUVに位置する、SUVである。

 驚いたのはミドルクラスなのに、199万9000円(1.8Lガソリン車、2WD)からという戦略的な価格。ハイブリッドでも259万円からと、カローラクロスの価格はまさにコストパフォーマンス(以下コスパ)のいいSUVといっていいのではないだろうか。

 そこで、今回はカローラクロスのコスパは本当に優れているのか? そのほかのSUVも検証し、コスパのいいSUV、コスパの悪いSUVをモータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、ベストカーweb編集部、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】期待の新型カローラクロス ライバルSUVとスペックを徹底比較!!