豊田章男自工会会長の渾身の声明「全部EVは無理」の真意と可能性


 2021年9月17日、菅義偉首相の後継を選ぶ自民党総裁選が告示され、河野太郎規制改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4氏が立候補した。

 はたして、菅首相が表明したエネルギー戦略を新しい総裁(首相)がどのように進展させるのか?

 そんななか、2021年9月9日、豊田章男自工会会長はオンライン記者会見で以下のような声明を発表した。

 『これから総裁選も始まります。一部の政治家からは、「すべてを電気自動車にすれば良いんだ」とか、「製造業は時代遅れだ」という声を聞くこともありますが、私は、それは違うと思います。今の延長線上に未来はないと切り捨てることは簡単です。でも、日本の人々の仕事と命を守るためには、先人たち、そして、今を生きている私たちの努力を未来につなげること、「これまでの延長線上に未来を持ってくる努力」も必要だと思っております。それが、日本を支え続けてきた基幹産業としての私たちの役割であり、責任です』(日本自動車工業会、原文儘引用)。

 この豊田章男自工会会長の「一部の政治家が主張する、全部EVにすればよいというのは無理」という声明の真意はいかなるものか? 

 9月20日の段階で、まだ誰が総裁(首相)になるのかわからないが、はたして豊田章男自工会会長の“渾身の声明”は総裁候補者たちに届くのか、モータージャーナリストの国沢光宏氏が解説する。

文:国沢光宏
写真:日本自動車工業会、Adobe Stock

【画像ギャラリー】脱原発はどこへ? 経産省のエネルギー基本計画の素案とは