長大化を加速させる欧州のトレーラ最新事情に迫る!

日本のダブル連結トラックよりもっと長い!? さらに長大化を加速させる欧州のトレーラ最新事情に迫る!

 トラックドライバー不足や高齢化が深刻化するなか、トラック輸送の省力化を促進するため2019年に本格導入された長大トレーラが「ダブル連結トラック」だ。

 ダブル連結トラックは、フルトレーラの連結全長を従来の21mから最大で25mまで緩和し、1セットで大型トラック2台分の輸送力を実現するもので、現在は連結全長23~25mの車両が、大手路線事業者を中心に日本全国で運行されている。

 このダブル連結トラックが参考としたのが欧州の大型コンビネーション車両「LHV(Longer Heavier Vehicle)」だが、その欧州ではLHVよりさらに大型のコンビネーション車両「HCT(High Capacity Transport)」が実用化されようとしており注目だ。

 最初に実用化を果たしたのは、大型コンビネーション車両で30年以上の実績を持つ北欧のフィンランド。同国では2019年に連結全長34.5m、連結車両総重量(GCW)76tのHCTが正式に認可された。また、スウェーデンも2030年までにHCTを普及させるべく法制化を進めているところだ。

文/緒方五郎&「フルロード」編集部
※2019年12月10日発売「フルロード」第35号より

【画像ギャラリー】この長大さは圧巻!! 白夜の国からやってきた『HCT(High Capacity Transport)』に注目!!