日本車はカッコよくなったのか? 昭和vs平成 国産名車デザイン7対決

日本車はカッコよくなったのか? 昭和vs平成 国産名車デザイン7対決

 ここ10年ほどで、日本車のデザインレベルは目に見えて上がっている。筆者は2002年から2014年までベストカーにて、元日産チーフデザイナーの前澤義雄氏とデザインに関する対談を延々行っていたが、連載開始当初、まだ日本車のデザインレベルは高くなく、多くの駄作の中に稀にキラリと光る逸品がある程度。

 平均レベルは欧州車に比べ大幅に低かった。振り返れば、戦後の自動車黎明期から、ずっとそういう傾向が続いていた。

 ところが近年は明らかな失敗作がほとんど消え、平均レベルが劇的に向上。しかも、失敗を恐れない挑戦的な姿勢が顕著になり、ユーザー側も挑戦的なデザインにほとんど拒絶反応を示さないという、正のスパイラルになっている。

 あまりにも挑戦的なデザインに、保守的なクルマ好きが拒絶反応を示すケースも少なくないが、万人受けする無難なデザインからの脱却が、日本車のデザインを大きく飛躍させたのは確かだ。

 ただ、傑作中の傑作デザインを抽出すると、昭和の日本車も光り輝いていた。デザインは半世紀ほどたつと、単に古いだけでステキに見えてしまう部分があるので、「懐かしの国産名車」は、どれもこれも光り輝いて見える。当時と比べると飛躍的にレベルアップしたはずの現代日本車デザインもたじたじだ。

 そこで今回は、昭和のデザイン名車と平成以降のデザイン名車を対決させてみた。果たして勝敗はいずれに?

 なお、エントリーモデルは独断により決定いたしております。あくまで私的な脳内バトルですので、気軽に読み飛ばしていただければ幸いです~。

文/清水草一
写真/トヨタ、日産、ホンダ、スバル、マツダ、三菱、スズキ、ダイハツ

【画像ギャラリー】昭和vs平成令和 多くのファンを魅了したカーデザインを徹底比較!!


■スポーツカー部門デザイン対決その1


●昭和代表/初代フェアレディZ(S30)
●平成以降代表/4代目フェアレディZ(Z32)

ロングノーズ・ショートデッキスタイルが際立つ初代フェアレディZ(Z30型)
1989年登場のZ32型フェアレディZ。歴代Zのなかでは異彩を放つデザインをもつ

 昭和の日本車を代表する名車として、まず初代フェアレディZを選出。それにぶつけるにふさわしい平成のスポーツカーは、やっぱり平成のフェアレディZだろう……と思いましたが、結局平成元年登場のZ 32になってしまいました。

 すでに発表済みの新型フェアレディZでもよかったんだけど、あれは初代のオマージュ作。元祖とオマージュを戦わせても、オマージュに勝ち目はない。Z33,Z34はまったく役不足なので、自然、前澤義雄氏がチーフデザイナーを務めたZ32になった次第です。

 初代フェアレディZのデザインは、ジャガーEタイプをモチーフにしていると言われるが、確かにそのロングノーズ・ショートデッキスタイルは、コンパクトでありながら実に雄大でカッコイイ。

 なかでもノーズの左右をスプーンですくったようにえぐった丸目のヘッドライトは、ジャガーEタイプの大衆車的解釈とでも言おうか。Zに独特のエレガンスを与えている。日本車史上、最もカッコいいクルマは、いまだ初代フェアレディZではないだろうか!?

 対する4代目のZ32型は、それまでのZのデザインを大きく変え、ミッドシップ的なキャブフォワードにルックに。全幅を思い切って拡大したことで、それまでのZにはなかったグラマラスなフォルムを実現した。登場した時はそりゃもう、その迫力に震えが来て、迷わず買ってしまいました。

 この2台を今比較すると、Z32が歳月の荒波に揉まれて微妙に色褪せ、パネル面の緊張感不足(たるみ)が目に付くのに対して、初代はその傑作ぶりがますます輝きを放っている。S30Z、昭和の圧勝だ。

■スポーツカー部門デザイン対決その2


●昭和代表/初代セリカ
●平成以降代表/現行スープラ

シンプルかつ美しい造形の初代セリカ。リアフェンダーの流線型の曲線はジェット機をモチーフにしたもの
現行型スープラ、初代と比べるとずいぶん筋肉質になった気がする

 初代セリカは「ダルマ」と呼ばれた昭和の名作。それにぶつけるべきは、リボーンしたスープラだろうということで、選出させていただきました。

 ダルマセリカは、当時の国産車としては珍しかった曲線的なフォルムから命名されたが、今見てもシンプルで美しい。イメージは、「大空を飛ぶジェット機」だったという。リアフェンダーのふくらみは、ジェット機の翼が発生させる空気の流れのイメージなのですね。

 対する現行スープラは、筋肉が付きすぎて女子から嫌われるボディビルダーっぽくはないだろうか。すべての造形が溶けて流れ落ちそうで、それが豊かさを連想させない。マッチョすぎて速さも強さも感じさせない……。

 ということで、初代セリカの圧勝。現行スープラを出した時点で失敗でした。ごめんなさい。

次ページは : ■セダン部門デザイン対決

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ