国内最激戦区に本命登場!! 200万円台SUVでカローラクロスは最もお買い得なのか?

国内最激戦区に本命登場 200万円台SUVでカローラクロスは最もお買い得なのか?

 2021年9月、トヨタカローラクロスが発売され、コンパクトSUV市場は賑わいをみせている。

 今回は、コンパクトかつ200万円台で買えるヤリスクロス、ヴェゼル、キックスと、カローラクロスをあらゆる角度から比較する。どのクルマが一番お買い得なのか?

文/渡辺陽一郎
写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN、中里慎一郎
表/ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】200万円台で買える人気のコンパクトSUVを画像で比較!(22枚)画像ギャラリー

カローラクロス登場! コンパクトSUV人気車種を比較

コストパフォーマンスの高さが魅力のカローラクロス。事前受注開始から約1か月で、およそ1万3500台の注文が入るなど好調な販売が続く

 最近、コンパクトSUVの人気が高い。2021年9月には、カローラクロスが発売され、注目を集めている。そこでライバル車のヴェゼルとキックス、同じトヨタ車でボディがさらにコンパクトなヤリスクロスも含めて、4車の買い得度を比べたい。

 まず、カローラクロスはハイブリッドが割安で、現時点では受注台数の90%を占める。キックスはハイブリッドのe-POWERのみで、ノーマルエンジンは選べない。駆動方式も前輪駆動の2WDのみだ。そこで各車とも、ハイブリッドを搭載する2WDの買い得グレード同士で比較する。

 そのラインナップは以下の通りだ。カローラクロスハイブリッドZ(299万円)、ヴェゼルe:HEV・Z(289万8500円)、キックスX(275万9900円)、ヤリスクロスハイブリッドZ(258万4000円)になる。

室内の質感/前後席の居住性/荷室の使いやすさ比較

ヴェゼルのインパネ。操作系の最適な配置や視界のよさを追求したデザイン

 居住性を比べると、最も快適な1位はヴェゼルだ。インパネなどの内装が上質で車内も広い。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ2つ半に達する。

 居住性の2位はキックス。内装の質は平均水準だが、後席の膝先空間は、前述の測り方で握りコブシ2つ弱になる。3位はカローラクロスだ。内装はキックスよりも少し上質だが、後席の膝先空間は少し狭く握りコブシ1つ半に留まる。

 4位はヤリスクロス。内装の造りは基本的にコンパクトカーのヤリスと共通で、後席の膝先空間は握りコブシ1つ少々と狭い。1~3位の車種はファミリーカーとしても使えるが、ヤリスクロスは2名以内の乗車に適する。

※順位
1位 ヴェゼル
2位 キックス
3位 カローラクロス
4位 ヤリスクロス

カローラクロスの荷室容量は487Lを確保(5人乗車時)。さらにハンズフリーパワーバックドアが搭載。簡単に荷物を積むことが出来る

 荷室は居住性ほどの差が付かない。この4車は海外でも販売され、後席よりも荷室が重視されるからだ。特に荷室容量の大きな1位はカローラクロスで、リヤゲートの角度も立てたから、背の高い荷物も積みやすい。

 2位はヴェゼル。後席の足元空間を広げたから、荷室長(荷室の奥行寸法)は特に長くないが、シートアレンジは多彩だ。燃料タンクを前席の下に搭載するから、後席をコンパクトに畳めて、床の低い大容量の荷室に変更できる。  

 3位はキックスで、シートアレンジは単純だが、荷室長に余裕があるから使いやすい。4位はヤリスクロスだ。リヤゲートを寝かせたから、背の高い荷物は積みにくい。

※順位
1位 カローラクロス
2位 ヴェゼル
3位 キックス
4位 ヤリスクロス

次ページは : 走行性能/WLTCモード燃費比較