あと9年で消滅する現実? 最後かもしれないMTを今のうちに買っておこう!


 日本で買える新車はほとんどが2ペダル車となり、2019年の新車のMT比率はわずか1.4%と、MT車は風前の灯火。しかし、9月3日に発売された新型シビックの発売1ヵ月の受注台数が約3000台と月販目標台数1000台の3倍を超え、時代に逆行するかのように、MTの比率はなんと35.1%、しかも20代が23.9%と最も多く、22.2%の50代が続いているという。

 50代のおじさん世代からすれば、LXの319万円、EXの353万9800円という価格はちょっと高く感じるが、それでも23.9%の20代がそれでも欲しいとなったわけだ。

 「20代で300万円以上のクルマをよく買えたな、自分らの世代ではワンダーシビックは150万円以下で買えたのに……」という声が聞こえてきそうだが、素直に嬉しく思う。

 今後あと10年以内に、EVやハイブリッドカーがさらに増え電動化が進むと、MT以前にトランスミッションが不要となることもあり、MT車は絶滅するだろう。という背景もある。

 そこで、なくなるのは必至! 今のうちに乗っておきたいMT車と題して、おススメのMT車を紹介していこう。

文/永田恵一
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ

【画像ギャラリー】これも自動運転!?自ら動かすMT車の魅力を再認識しよう!!(30枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ