VW Tクロス なぜ人気? ヴェゼルに勝る驚きの性能とは

2021年上半期輸入SUV No.1 VW T-Crossの魅力とはなにか? ライバル車比較してみた

 2021年上半期(1月~6月)に、もっとも売れた輸入SUVは、フォルクスワーゲン「T-Cross(以下、Tクロス)」となった。Tクロスは、欧州地域で爆発的なヒットとなっているVWのSUV 3兄弟(ティグアン、T-Roc、Tクロス)の末っ子である。

 2020年1月、日本市場に登場。2020年は、上半期、下半期ともに輸入SUVカテゴリで、1位を獲得するなど、大人気となっている。人気輸入SUV「Tクロス」の魅力とは!? 国産のライバル車と比較しつつ、Tクロスの魅力、そして弱点についても、せまってみよう。

文/吉川賢一
写真/池之平昌信、平野 学

【画像ギャラリー】最も売れている輸入車SUV「Tクロス」とその兄弟を写真でチェック!(18枚)画像ギャラリー

コンパクトなボディに凝縮された「質実剛健」感

フォルクスワーゲンの SUVシリーズの中で最も小さなコンパクトSUVとして、2020年1月に日本導入されたTクロス

 VW「Tクロス」の2021年上半期の新車登録台数は、5193台。冒頭でふれたように、SUVカテゴリでは1位、輸入車全体でみても、1位のMINI(9135台)に続く2位となる好成績だ。「MINI」の数字の中には、3ドアや5ドア、そしてクロスオーバーなど、数車種が含まれているので、1車種で最も売れた輸入車は、Tクロスということになるかもしれない。

 2021年上半期輸入車登録台数ランキングで衝撃的なのは、Tクロス躍進の陰で、同ブランド「ゴルフ」がトップ10から抜けてしまっていることだ。

 かつては、フォルクスワーゲンといえば「ゴルフ」というほどに、圧倒的な強さを誇っていたが、2016年に、ランキングでMINIに抜かれたあとは、メルセデス・ベンツCクラスとの2位争いを繰り広げていた。2020年下半期には、3位に位置していたが、2021年上期ではなんと11位以下にまで落ちてしまっている。

 コロナ禍によって、新型ゴルフ8の日本導入が大きく遅れたことや、半導体不足なども影響しているだろうが、TクロスやT-RocといったSUVがのびたことで、ゴルフが圧迫された、ということが大きな要因であろう。

<2021年上半期SUV登録台数トップ3(1-6月)>
1位(総合2位) フォルクスワーゲン「Tクロス」 5193台
2位(総合5位) フォルクスワーゲン「T-Roc」 3854台
3位(総合7位) ジープ「ラングラー」 3749台

<2020年下半期SUV登録台数トップ3(7-12月)>
1位(総合5位) フォルクスワーゲン「Tクロス」 4065台
2位(総合9位) メルセデス・ベンツ「GLB」 3512台

<2020年上半期SUV登録台数トップ3(1-6月)>
1位(総合4位) フォルクスワーゲン「Tクロス」 4865台

やっぱり小ささは「正義」!! ヤリスクロスよりも実はコンパクト

Tクロスの欧州地域でのライバルは、ルノーキャプチャー、ダチアダスター、プジョー2008、トヨタヤリスクロス、といったところだ。全長4115mmという、非常にコンパクトなサイズは、ハッチバックのポロ(全長4060mm)に次ぐ小ささ

 全長4115×全幅1760×全高1580mm、ホイールベース2550mmのコンパクトなボディサイズは、VWではハッチバックのポロ(全長4060mm)に次ぐ小ささだ。ヤリスクロスとサイズはほとんど変わらず、むしろ65mm短い。

 しかし、Tクロスのほうが角の立ったボクシーなスタイリングのため、ヤリスクロスよりも車室内の広さは勝っている。四角いリアサイドウインドウも、前後席からの見晴らしがよく感じる。最小回転半径も、5.1mとコンパクトSUVの中でも小さく、これも嬉しいポイントのひとつだ(※ヤリスクロスは5.3m)。

 パワートレインは、排気量999ccの直列3気筒インタークラー付きターボ(最高出力85kW(116ps)、最大トルク200Nm)と7速DSGの組み合わせのみ。本国ドイツでは、ハイパワーな1.5LのTSIもラインナップにあるが、常用速度域がドイツよりも低い日本市場には不要、ということだろう。

 WLTC燃費は16.9km/L(市街地13.2、郊外17.1、高速19.1)と、国産のコンパクトSUVと比べていいとはいえないが、ドイツのメーカーらしく、高速巡行での燃費を優先したセッティングとなっている。

次ページは : ドア閉じ音からも伝わる「質実剛健なつくり」