今こそ憧れのあのマシンを手に入れたい!! オヤジたちの最新バイク事情

今こそ憧れのあのマシンを手に入れたい!! オヤジたちの最新バイク事情

 バイク人気が高まっている昨今。ベストカー読者にオヤジライダーの最新トレンドをお届けしよう。

 懐かしの名門ブランドが国内に復活するトピックを筆頭に、売れ筋や買い時のバイク、過熱化する絶版旧車などなど、まとめて解説!

※本稿は2021年8月のものです
文/沼尾宏明 写真/ベストカー編集部 ほか CG/白圡 学 取材協力/ウエマツ
初出:『ベストカー』2021年9月10日号

【画像ギャラリー】おれたちの青春!! 懐かしい憧れのバイクは今いくら!? 驚きの中古価格を見よ!!(12枚)画像ギャラリー

■事情その1:市販熱望! 日本のオヤジはZ×ビモータが欲しい!

●カワサキとのコラボで「走る宝石」が国内導入か

カワサキ Z900RS(右)と本誌提案のビモータ KB5のCGイラスト(左)。3年連続で大型クラス1位の販売台数を記録しているZ900RSの直4ユニットをベースに、外装や足まわりを換装した比較的気軽なビモータモデル『KB5』として提案したい。CGではフレームも変えているがノーマルでもサマになるだろう

 コロナ禍により”密”にならない趣味が人気とあって、バイクブームが加速している。

 なかでも若い頃バイクに慣れ親しんだ50代を中心に趣味としてバイクを始めるケースが多いようだ。

 人気を集めるのは、昔懐かしいスタイルを最新バイクで再現した「ネオレトロ系」。

 往年のカワサキ Z1/2をモチーフにしたZ900RSが好例だが、名車のルックスを持ち、乗車姿勢が安楽なモデルが支持されている。

 そんななか、オヤジ垂涎のブランドが大きな動きを見せる。

 1970~1990年代、憧れのイタリアンブランドとして君臨した「BIMOTA」(ビモータ)が、日本で全国展開されそうなのだ。

 ビモータはフレームビルダーやチューナーとして世界的な名声を誇ったものの、近年は経営悪化で実質的に休眠状態だった。

 しかし2019年、カワサキが出資し、ビモータとの合弁会社を設立。

 昨年、復活第1弾の「テージH2」を市販化し、話題を呼んだ。

ビモータ テージH2。2020年に投入された「新生ビモータの第1弾」。カワサキ・Ninja H2のスーパーチャージドエンジンと、ビモータのシンボルであるセンターハブステア+独自フレームが衝撃を呼んだ。2021年7月現在、輸入車を扱うモトコルセ(神奈川県厚木市)が国内に輸入販売しており、価格は866万8000円

 この流れを受け、今秋、カワサキが「国内でビモータの正規販売を開始する」との情報が入ってきたのだ。

 今まで川崎重工の社内カンパニー「モーターサイクル&エンジンカンパニー」が二輪事業を担当してきたが、これを今年10月1日付けで分社化。

 子会社の「カワサキモータース株式会社」が新設される。

 これに伴い、「ビモータとの協業・提携を大胆かつ積極的に推進」と正式にアナウンス。

 さらに、噂では全国77店舗を展開する「カワサキプラザ」で、まず復活第1弾のテージH2を販売するという。

 さらに第2弾としてニンジャ1000SXベースの軽快スポーツ「KB4」も市販間近との噂。

 こちらの国内販売は不明だが、全国のカワサキプラザで購入可能となることを期待したい。

ビモータ KB4。復活第2弾として予告されていた「KB4」も登場間近。カワサキ・Ninja1000SXの直4ユニットを、ビモータお家芸の鋼管トレリスフレームに搭載する。1978年に発売されたKB1の現代版とされ、丸目のフルカウルなどに面影が。一方で、ラジエターをエンジン前面→リアに移設したとの噂があり、大幅なコンパクト化が期待できる

 ビモータの国内展開を祝し、ベストカーでは最終兵器の「KB5」(仮称)をぜひ提案したい。

 KB5は、発売以来ベストセラーを記録しているZ900RSに独自パーツを与えたモデル。元ネタは知る人ぞ知るビモータのZ1用キットだ。

 実はこのキット、1978年にビモータがカワサキエンジンを載せて発売した公道モデル=KB1より古く、カワサキ×ビモータの原点「KB0」と呼ぶべき存在。

 これを再現したKB5こそ、カワサキ×ビモータのコラボを祝い、カワサキモータース発足の記念碑的マシンにふさわしい。

 オヤジにとっては、あの頃憧れたステイタス抜群のバイクが入手でき、Z900RSより見栄が張れる。

 価格はどこまでモディファイにするかによるが、テージH2(並行輸入価格は約870万円)ほど高額にならず200万円前後で抑えられるハズ。

 好セールスが期待でき、分社化で収益を上げたいメーカーにも旨味があると思うのだが……どうですかカワサキさん!?

カワサキ Z1。1973年、ビモータがカワサキ Z1向けにスイングアームやマグネシウムホイール、シート&外装などを販売。フレームが制作されていないためかナンバリングされていないが、1978年のKB1以前なので、「KB0」と呼ぶべき存在だ。Z1モチーフのZ900RSをベースに、現代に甦ることを期待

■事情その2:オヤジには今しかない! なんとしても手に入れたい空冷名車

●消える前に「名作」を確保しておくべし!

 今オヤジが買うべきバイクの新車として候補に挙げたいのが、絶滅の危機を迎えている空冷エンジンのマシンだ。

 その一因が二輪排ガス規制。

 2022年11月以降に全面適用され、現在の継続生産車も規制適合が迫られる。空冷のビッグバイクは、対策にあたって大改良が必要となるため、多くが生産終了になると噂されているのだ。

 2021年3月に空冷のSR400が生産終了し、争奪戦が繰り広げられたが、同じく空冷で名機のハーレー・スポーツスターが殿堂入りとなるようだ。現行型はすでに欧州では2020年型がラスト。

ハーレー-ダビッドソン XL1200Xフォーティエイト(価格:153万7800円~)。ハーレーのなかでも価格や排気量が手頃で、使い勝手が優秀なスポーツスター。日本で最も人気の高いシリーズだ。エンジンは伝統の空冷OHV2バルブで、排気量は883ccと1202cc。現行型は3機種あるが、すでに新車は入手困難。一番人気のフォーティエイトは180万円前後のプレミア価格をつける中古車も

 そして今年7月、64年の歴史を持つ従来の空冷Vツインに代わって、電子制御満載の水冷ユニットを積んだスポーツスターSが発表された。

 正式なアナウンスはないが、日本でも空冷版は2021年型がラストになるとの情報だ。

 また、唯一の空冷直4を積むCB1100シリーズも順次終了になるとの噂。

 美しい冷却フィンに独特なサウンドなど現行のクルマでは味わえない空冷を堪能できるのもバイクならでは。今が新車を手に入れるラストチャンスだ!

ホンダ CB1100(価格:125万4000円~)。ホンダとしては1980年代以来、久々に新開発した空冷4発を引っ提げ、2010年デビュー。現行唯一の空冷直4ビッグバイクだが、STD仕様は現行型がファイナルの見込み。RSおよびEXグレードは2022年型がラストとの噂だ
ヤマハ SR400(価格:60万5000円~)。1978年の初代以来、空冷単気筒やキック始動を頑なに守ってきたロングセラーも、ついに2021年型でファイナルに。最終型は発表から数日で限定版1000台+通常版5000台を受注し、計画上限に達した。限定版は早くもプレミアが

次ページは : ■事情その3:オヤジキラー続々、即完売中!