レクサス日本導入から16年…そのブランド力は本物か

レクサス日本導入から16年……そのブランド力は本物か!?

 2005年、トヨタの高級ブランドとして日本展開を開始したレクサス。

 いまだに否定的な評価も出るが、ここにきて、日本に、そして日本人に根付きつつある気がしてならない。

 レクサスの魅力と価値を多角的に探ってみる。

※本稿は2021年10月のものです。
文/松村 透 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】ジャーマン3に追いつけ・追い越せ!! ユーザーに認められた日本産高級ブランド レクサスの16年(17枚)画像ギャラリー

■カギになるのはやはり「ユーザーの声」

レクサス LC。「欧州車に対しても遜色ないブランド力」(30代)

 日本産高級ブランドとして展開しているレクサス。

 とかく、「歴史の浅さもあり、ブランドの構築にはまだ至らない」などと評するモータージャーナリストもいるが、カギになるのは『クルマを買うお客さん』。

 ここにきて、一般ユーザーや若い世代からは「レクサス、いいじゃない」「日本のクルマだから故障しない高級車、最強だと思う!」といった声も耳にする。

 レクサス、今や一般には受け入れられているのではないか!? ……という想定のもと、一般の方はどう感じているのか、声を集めてみた。

■会社経営者が乗るクルマ

レクサスRX。「日本製高級車という安心と信頼性がある」(28歳)

 今回、20〜30代の方を中心にクルマ好きや一般ユーザーのみなさんへレクサスに関して話を聞くことができた。

 総合的な意見を最初に明かすと、「高級車」「ディーラーのおもてなしが素晴らしい」「ブランドとして確立されつつある」といった好意的な内容のものが目立つ。

 ブランドが受け入れられつつあるのでは? というこちらの想定を大きく外すことはないようだ。一方で、ブランドとしての未成熟具合を指摘するなど、ネガな意見があったのも事実……。

 いくつかの質問項目を設け、忌憚ない意見を伺ってみたが、その具体的な声を紹介していきたいと思う。

●Q:レクサスに対しての率直な印象は?……安心して乗れる隙のない高級車(東京都・30代)/女の子に人気、デートカーに最適、壊れない、オシャレ(千葉県・20代)/ディーラーでの手厚いサービスはホテルを思わせる(岡山県/40代)。

●Q:あなたの周囲の人たちのレクサスに対するイメージは、どうでしょうか?……全方位で不満がない(東京都・30代)/会社経営者やお金持ちが乗るクルマ(群馬県・50代)/あまりクルマに興味がないが、レクサスは所有したいと思う(東京都・40代)。

●Q:「レクサスというブランド」に対するイメージは?……短期間で高級車のイメージを定着させたことは凄いと思う(東京都・20代)/ブランドとして若い人から認知されている(東京都・20代)/松山英樹選手など、ゴルフとコラボすることでのイメージ戦略が巧みa(岡山県・40代)。

*   *   *

 まずは「レクサスに対するイメージ」。高級車やお金持ちというキーワードが目立つのは予測どおりといえる。そして、「ディーラーでの手厚いサービスはホテルを思わせる」という意見。

 後述のオーナーズクラブの声にもあるが、噂に聞く極上のサービスはお客を虜にさせるには充分……といった感じか。こんな部分に特有の世界観があるのもレクサスの特色なのだろう。

次ページは : ■日本製という安心感