日産の名門が原点回帰!! なぜ「NV350」を取った? キャラバンの期待と不安

愛着ある名前に原点回帰!! なぜ「NV350」を取った? 日産キャラバンの期待と不安

 2021年10月20日、日産自動車は「キャラバン」のガソリン車をマイナーチェンジし、同日より販売を開始することを発表した。今回のマイナーチェンジで、ガソリン車は車名が「NV350キャラバン」から「キャラバン」へと変更された。

 現行型NV350キャラバンが登場したのが、2012年6月のこと。このフルモデルチェンジのタイミングで、それまで「キャラバン」であった車名が「NV350キャラバン」へと変更された。今回、約9年4カ月ぶりに「キャラバン」へ車名が戻されるかたちとなった。

 なぜ今回、車名から「NV350」をとったのか。そして、日産キャラバンはこのさき、どのように進化していくのだろうか。

文/吉川賢一、写真/NISSAN

【画像ギャラリー】マイチェンを受けた日産 キャラバンと欧州で導入される新型商用車を画像でチェック!(22枚)画像ギャラリー

「NV350」をとった理由は「愛着ある名前への回帰」

キャラバンは、仕事の相棒としてのみならず、荷室にバイクや自転車、カートなどを積み込んで遠征や旅行に出かけたりと、レジャーや趣味を楽しむお客さまからも、高く支持されてきた

 日産「キャラバン」は、トヨタ「ハイエース」と共に、「日本の働くバン」として、多くのお客さまに愛用され続けられてきた名車だ。

 広く使い勝手の良い荷室空間や、堂々とした存在感のあるエクステリア、仕事の相棒としてのみならず、荷室にバイクや自転車、カートなどを積み込んで遠征や旅行に出かけたりと、レジャーや趣味を楽しむお客さまからも、高く支持されてきた。

 筆者の知人にも、キャラバンをキャンピングカー仕様に改造し、遠征先で寝泊まりできるようにしていた方がいる。箱型ボディならではの広さは、自宅と遜色ないほどに快適に過ごせるのだそうだ。

 ちなみにNVは「日産(NISSAN)のバン(Van)」、350は「車両総重量3,500kgクラス」を意味している。同様に、NV100クリッパーは「1000kgクラス」、NV200バネットは「2000kgクラス」となる。

 また、欧州日産には、全長4.5mほどのNV250、全長5mほどのNV300、全長6mオーバーのNV400、という商用バンもある。海外でも販売される商用車であるため、名称でおおよそのサイズ感が分かるように決めた、日産商用車のネーミングルールであった。

 冒頭でお話ししたとおり、今回、約9年ぶりに、ガソリン仕様の車名が「キャラバン」へ回帰されたわけだが、商用バンの「NV150AD」も2021年5月のタイミングで車名を「AD」に変更している。

 その理由について日産の広報担当に伺ったところ、「これまで日産のLCV (Light Commercial Vehicle:小型商用車)のグローバルでの認知向上という観点で、NV/NTを付けることをルールとしてきましたが、日本において実際のお客さまの認知は、キャラバン、ADもしくはADバン、とされているのが実情でした。今後はお客さまに、これまで通りの車名でマネージしようとする決断をしました」とのことだった。

 日本市場ではNV350といった機能的な名称よりも、長年使われてきて愛着がある「キャラバン」ブランドに修正したほうがビジネス的に良い、という判断したようだ。

日産の「新顔」採用!! AT多段化で燃費と静粛性も改善

マイチェン後のキャラバン。エクステリアはフロントグリルとフロントバンパーを、ナバラやフロンティアといった海外向け日産SUVが採用を始めた「インターロックグリル」へと刷新してきた
マイチェン前のNV350キャラバン

 今回のマイナーチェンジのポイントのひとつは、エクステリアの変更だ。フロントグリルをナバラやフロンティアといった、日産の海外向けSUVが採用を始めた「インターロックグリル」へと刷新、フロントバンパーも変更し、グリルに付いたNISSANロゴも新形状となった。

 ボディカラーも3色を追加。雪原を想起させる「ピュアホワイトパール」、漆黒の夜空をイメージした「ミッドナイトブラック」、アウトドアシーンで存在感が光る「ステルスグレー」の新色を加え、全8色のラインアップとした。また、特別塗装色にはスクラッチシールドを採用している。

 インテリアも小改良されている。メーターには、視認性、操作性を大幅に向上した新型のファインビジョンメーター(5インチTFTディスプレイ付)を採用。ステアリングは新形状のD型ステアリングホイールを採用し、シートトリムは生地を刷新するなど、質感も大幅に向上させている。

 スカイラインなどにも採用されている長時間ドライブでの疲労を軽減する「スパイナルサポート機能付きシート」も全車標準装備。なお、運転席と助手席のシートバックとクッションには、シートヒーターも装備した。

 また、インテリジェントエマージェンシーブレーキを全車標準採用したことで、全車がサポカーS(ワイド)の対象となった。さらに、「インテリジェントルームミラー」をEXグレード以上に標準装備、「インテリジェントアラウンドビューモニター」(EXグレード以上に標準装備)の機能性も向上させている。

 そして、大きめの変更ポイントが、トランスミッションが5速ATから7速ATに多段化し、燃費と高速走行中の静粛性が改善したことだ。WLTCモード燃費は8.3km/L、マニュアルシフトモードも追加された。

 ライバルのハイエースの6速ATに対して、ギアは増えたが、ハイエースの燃費は9.3km/Lであり、燃費性能は依然として及ばない状況だ。

次ページは : 現行型キャラバンに求められるのは「軽量化」