ロッキー&ライズにHVモデル登場! ほか新型車・限定車など最新情報大放出

ロッキー/ライズにハイブリッド追加! ほか新型車・最新限定車情報

 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズにハイブリッドモデルが登場。こちら詳報するとともに、マツダ CX-30に特別仕様車登場、レクサス LS一部改良&フィアット 500C追加グレード…などなど、新型車・限定車の最新情報をお届け!

※本稿は2021年11月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年12月10日号

【画像ギャラリー】ハイブリッドモデル追加のロッキー/ライズ!! ほか最新特別仕様車・限定車ほかをギャラリーで見る(28枚)画像ギャラリー

■国産車編

■ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ(追加グレード・11月1日発表)

 ダイハツとトヨタによる共同開発で生まれたコンパクトSUV、ロッキー/ライズ。従来はパワーユニットに1Lの直3ターボのみが用意されていたが、11月1日、新たにハイブリッドシステムを搭載したグレードが追加された。

ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズにハイブリッドシステムを搭載したグレードが追加(写真はダイハツ ロッキー)

 搭載されるハイブリッドシステムの名は「eスマートハイブリッド」。新開発の1.2Lエンジンを発電専用とし、その発生した電力で前輪を駆動させる。考え方としては日産のe-POWERと、ほぼ同じといっていい。

ハイブリッド車のインパネ。エンジンON/OFFボタンがブルーになり、メーター内にバッテリー残量表示が追加

 1.2Lエンジンはハイブリッド向けに最適化され、力強い加速と28.0km/Lというクラストップレベルの低燃費を実現。アクセルペダルだけで車速をコントロールできる「スマートペダル」も搭載し、街乗り性能が大きく強化されたモデルとなっている(ちなみに1.2L NA車も今回追加設定された)。

 従来からの1Lターボも4WDに残し、合計3種のパワーユニットが揃ったロッキー/ライズ。先進安全装備「スマートアシスト」も進化し、ますます魅力的になったと言えるだろう。

トヨタのライズ ハイブリッドZ。グレード設定の違いなどから価格帯も微妙にロッキーと異なる

●価格:166万7000円~(ロッキー)/170万7000円~(ライズ)

■マツダ CX-30(特別仕様車・10月28日発売開始)

 マツダは10月28日、CX-30に一部改良を施すと同時にグレード追加と特別仕様車をラインナップに加え発売した。

写真はスマート・エディション。SKYACTIV-Xの持ち味はそのままに燃費を改善し、より気持ちいい加速感とエンジン音を実現した

 用意されたのはSKYACTIV-X専用「スマート・エディション」と全車種向けの「ブラック・トーン・エディション」(特別仕様)の2種類。

 ラインナップ整理と追加を行い、購入希望者には幅広い選択肢から選ぶことが可能となった。

●価格:266万2000円〜

■MAZDA 3(特別仕様車・10月28日発売)

 マツダは10月28日、マツダ3に一部改良を施したうえで新グレードと特別仕様グレードの2種類を追加し発売した。

AT車についてはアクセルペダルの踏力特性も改良された。また、吸排気系サウンドもチューニングし直された

 今回の一部改良では、SKYACTIV-Xの燃費改善のほか、ターンシグナルランプをディミングターンシグナルへと変更されている。

 また、今回追加されたグレードはCX-30と同じく「スマート・エディション」と「ブラック・トーン・エディション」の2種類が用意された。

●価格:236万5000円〜

■ダイハツ ミライース L “SA III 10thアニバーサリーエディション”(特別仕様車・10月25日発売開始)

 ダイハツは10月25日、ミライースに特別仕様車となる「10thアニバーサリーエディション」を追加し発売した。

ナビアップデートパックなどがつくほか、10周年記念モデルと一目でわかる記念バッジもリアゲートに取り付けられる

 初代ミライースが登場した2011年から数えて、今年でちょうど10年目となるが、このモデルはそんな10周年を記念したモデルとなっている。

10周年記念モデル記念バッジ

 ベース車はL”SA III”を採用しており、純正ナビアップグレードが標準装備されるなど、お得な一台に仕上がっている。

●価格:86万200円〜

■レクサス LS(一部改良・10月28日発売開始)

 レクサスは10月28日、フラッグシップモデルであるLSに一部改良を施し、発売を開始した。

タイヤの変更のほかにも先進技術面も進化。LTAのセンタートレース性向上や、周辺車両の動きに配慮する最新版のレクサス・チームメイトを実装する

 今回の一部改良では、標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤからノーマルタイヤへと変更することで走りの上質感を高め、乗り心地や静粛性向上を図っている。

 なおランフラットタイヤについてはメーカーオプション設定として引き続き選べるようになっている。

●価格:1071万円〜

■輸入車編

■フォルクスワーゲンT-Roc “Black Style”(特別仕様車・11月2日発売開始)

 フォルクスワーゲンは11月2日、コンパクトSUVモデルのT-Rocの特別仕様車「ブラック・スタイル」を発売開始した。

スタイル・デザイン・パッケージをベース車としており、オプティカル・パーキングシステムやDiscover Mediaなどのインフォテイメントも標準装備とされた

 ブラック・スタイルでは、T-Rocが持つクーペ風ボディスタイルがより映えるブラックを基調とし、フロントグリル、リアストリップ、ルーフレ―ルや専用デザインCピラーなどの特別装備を纏うことでより一層クールな印象を与えており、ホイールも専用デザインの18インチアルミホイールが与えられる。

 また、エクステリアだけを磨いたモデルではなく、安全性を向上させる機能も追加されており、パークディスタンスコントロール(前後)も装備している。

 ボディ色は全6色を用意。価格はTSIモデルで396万7000円、TDIモデルでは416万9000円となる。

●価格:396万7000円〜

■フィアット 500Cツインエア ドルチェヴィータ(追加グレード・10月7日発売開始)

 フィアットは10月7日、電動ソフトトップが魅力的な500Cにより上質な仕上げを目指したグレード「ドルチェヴィータ」を新たに追加し、発売した。

オシャレな雰囲気を纏った500Cドルチェヴィータ。価格は290万円。トランスミッションは5AMTのみ

 当グレードではハードトップの500と同じくクルーズコントロールを標準装備とし、フロントフェンダーには専用トリムバッジが取り付けられる。

 また、内装ではブラック/アイスの2トーンシートを装備する。

●価格:290万円

■BMW 118dインディビジュアル・エディション(限定モデル・10月20日発売開始)

 BMWは10月20日、118dに180台限定で「インディビジュアル・エディション」を発売した。

Hi-FiオーディオシステムやiDriveナビゲーション・パッケージを標準装備する。価格は512万円とされた

 プレイ・エディションジョイ+をベースとした当限定モデルは、日本初導入のMスポーツ・エクステリアを装備しスポーティさを強調している。

 また180台中90台は内装に通常では選べないモカ色のダコタ・レザーを採用。より魅力的な一台に仕上がっている。

●価格:512万円

■フォルクスワーゲン〈価格改定〉(一部車種対象・10月1日より適用)

 フォルクスワーゲンは8月26日、新型ゴルフをはじめ一部車種の価格改定を発表、10月1日より適用した。改定の理由は原材料価格高騰と発表されている。

ゴルフの場合約4万円の値上げとなる

次ページは : ■アバルト〈価格改定〉(全車種対象・10月18日より適応)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ