ダイハツ独自開発「e-スマートHV」搭載のロッキー&ライズの凄い中身


 2021年11月1日、ダイハツ工業は、小型車向けとして新開発したハイブリッドシステム「e-スマートハイブリッド」を搭載するコンパクトSUV、ロッキーX HEV/プレミアムG HEVを発売すると同時に、トヨタも兄弟車であるライズハイブリッドG/ハイブリッドZも発売した。

 この「e-スマートハイブリッド」は、ダイハツ主導で新開発されたもので、エンジンは発電専用、100%モーターで走行するシリーズハイブリッドとなる。

 ダイハツ主導で新開発された「e-スマートHYBRID」は今後、同社の他の乗用車や、将来的には、軽自動車にも投入予定だという。

 さて、このe-スマートハイブリッドとは、どんなパワートレインなのか。明らかになった情報を読み解きながら、同じシリーズハイブリッドを採用する日産のe-POWERとの違いを徹底解説。

文/吉川賢一
写真/ダイハツ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】ダイハツが独自開発した安くて燃費のいいロッキー&ライズのハイブリッド発表! その中身を知る!


■e-スマートハイブリッドはどんなシステムなのか?

ロッキーのe-スマートハイブリッド搭載車の価格はX HEVが211万6000円、プレミアムG HEV(写真)が234万7000円。従来型は横基調のグリルであったが、HEVではメッシュ状の専用デザインが与えられている
ライズのe-スマートハイブリッド搭載車の価格は、ハイブリッドGが216万3000円、ハイブリッドZが232万8000円
DNGAプラットフォームに新たな1.2Lエンジンのシリーズハイブリッド、e-スマートハイブリッドを搭載。リアシート下にリチウムイオン電池を配置

 ダイハツによると、小型車における電動化の研究は、1960年代から始まっていたという。小型車は、スペースは少ないがボディは軽いため、小型のバッテリー&モーターでも駆動させることができ、これらの組み合わせは実に相性が良い。

 「ハイブリッドマスター」である、トヨタの技術とノウハウも活用しながら熟成を進め、投入タイミングを虎視眈々と見計らっていた、ということなのだろう。

 これまでロッキー/ライズのパワートレインは、2WDと4WDも、直列3気筒の1Lターボのみであったが、今回は2WDに新開発の1.2L直列3気筒NAエンジンと、そのエンジンを発電用としたe-スマートハイブリッドを設定、4WDはこれまで通り1Lターボとするラインアップへと再構築された。

 この1.2Lガソリンエンジンは、1Lエンジンクラスのエンジン幅(クランク軸方向)となっており、コンパクトな車体への搭載も可能だ。

 そのため、フロントタイヤの切れ角には影響せず、これまで通り最小回転半径5.0m(16インチは4.9m)を確保している。なお、WLTCモード燃費は 20.7㎞/Lを達成、従来型1Lターボの18.6 km/Lから約11%も改善した。

ロッキー/ライズが搭載するe-スマートハイブリッドはシリーズ方式のハイブリッド

 e-スマートハイブリッドは小型の100%モーター駆動のシステム。レスポンスのいい加速や高い静粛性に加え、システム自体が軽いことから、コンパクト SUVクラストップレベルの28.0km/L(WLTC モード)の低燃費、そして小型なシステムだからこその、211万6000円~という驚異的な「安さ」が魅力だ(詳しくは後述する)。

コンパクトSUVのハイブリッドトップレベルの28.0km/Lを実現
ワンペダルで加減速が操作できるスマートペダル

 e-スマートハイブリッドのモデルでは、アクセルペダルだけでスピードコントロールができる「スマートペダル」も採用。低速域ではクリープ走行も残しており、ギクシャクするような動きになりにくいように配慮されている。なお走行モードは「ノーマル」と、燃費重視の「エコ」の2つだ。

 e-スマートハイブリッドモデルの魅力は、ハイブリッドシステムだけではない。ダッシュサイレンサーの三層化やフードサイレンサーの遮音性向上、エンジンアンダーカバーへの吸音材の追加、遮音性能向上や制振材の改良を加え、車内でも会話しやすい高い静粛性を実現。燃費や走行性能だけでなく、クルマの質感の向上も、抜かりなく行われているようだ。

 容量4.3Ahの小型バッテリーを、リアシートクッション下に配置しており、ラゲッジスぺ―スはこれまで通りの大容量のままだという。

リチウムイオンバッテリーはリアシートクッション下に配置

 またプレミアムG HEV、X HEV、プレミアムG には、オートホールド機能付の電動パーキングブレーキを標準装備したことで、ACCには停車保持機能が追加されている。プレミアムG HEV、X HEVには1500W以下の電化製品が使える外部給電機能も搭載する。

■コンパクトSUVのHV最安の211万6000円~ 1.2Lの同じグレード同士で約30万円のアップ

ロッキーX HEVの価格は211万6000円
ロッキーX HEV。ダイハツによれば1Lターボ(4WD)は走りにこだわるユーザーへ、1.2Lガソリン車は街乗りメイン価格重視のユーザーへ、1.2Lのe-スマートハイブリッドは環境、燃費、先進感を求めるユーザーへ向けて開発したという

 ロッキーの価格は166万7000~234万7000円、e-スマートハイブリッド車は、X HEVが211万6000円、プレミアムG HEVが234万7000円。

 このe-スマートハイブリッドを搭載したロッキーの価格はダイハツ社内で議論が交わされ、エントリーグレードを200万円以内(税抜き)にするべく、コスト面を徹底的に突き詰めた結果、X HEVは税抜きで192万3636円(税込みは211万6000円で出すことができたという。

 1.2Lガソリンエンジンを搭載する同グレード、181万円のX、プレミアムGは205万8000円だから、e-スマートハイブリッドはXグレード同士では30万6000円高、プレミアムG同士では28万9000円高となる。

 約30万円の価格アップとなるが、それでも211万6000円(X HEV)~という超低価格。他の国産車メーカーからすれば、驚異でしかない。

 一方、ライズのe-スマートハイブリッド搭載車の価格は、ハイブリッドGが216万3000円、ハイブリッドZが232万8000円と、1.2Lガソリンエンジンの同グレードとの価格差はハイブリッドGが30万6000円、ハイブリッドZが28万9000円高となる。

ロッキーe-スマートハイブリッド搭載車の価格は、「X」が211万6000円、「プレミアムG」が234万7000円。プレミアムGには、ホールド機能付きの全車速追従ACCとLKC(レーンキープコントロール)が備わる
ロッキーよりもライズのほうが若干高い

次ページは : ■1L直3ターボに対し、+20%ものトルクアップを実現!!