なぜ売れないホンダ フィット不振の理由を大調査!!! 原因は「N-BOXにあり」!!?

原因は「N-BOXにあり」!!? なぜ売れないホンダ フィット不振の理由を大調査!!!

 まずは下の販売台数表を見てほしい。昨年の登場直後の3月は軽く1万台越えで1位に輝いたフィット。

 が、今年5月から半導体不足要因を差し引いても……台数が伸びない。

 「なぜか?」。その要因を多角的に突き詰めるために急きょ調査団を結成。まずはフィットを高評価する清水草一氏が強力ライバル、ヤリスともども試乗。「なぜ」の真相をつかむ!

※本稿は2021年11月のものです
文/清水草一、遠藤 徹、写真/ベストカー編集部 ほか、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年12月10日号

【画像ギャラリー】ぼっ、ぼっ、ぼくらはフィット調査団!! フィットが売れない原因はどこにある!?(16枚)画像ギャラリー

■誰もが称賛! でも販売台数下降線の不思議

奇数月のデータを紹介。2020年3月、ヤリスを抑えて1位で登場。が、今年5月以降は月販台数が伸びない状況だ

 フィットが売れてない! 相変わらず……いや、ますます売れてない! 今年4月以降は販売ベストテン落ち。4〜9月のトータルだと16位という、ていたらくだ。

 フィットはバランスのいいコンパクトカーだ。出た時は、「販売No.1を維持してもおかしくない!」と思った。それが16位なのだ! いったいナゼ!? 今回はその原因を究明してみよう!

■N-BOXへ流れている!?

右はホンダ フィット(e:HEV HOME〈2WD〉/211万7500円)、左は今回比較対象としたトヨタ ヤリス(ハイブリッド Z〈2WD〉/232万4000円)。中央はご存知清水草一氏(プライスレス?)

 よく言われているのが、「N-BOXに客が流れている」という点だ。確かにそれはあるだろう。しかし、ノートより売れないのはナゼ!? 日産でもルークスはかなり売れている。9月はN-BOXに迫った。フィットがここまで売れないのは、フィット自身にも原因があるはずだ。

 走り。まったく問題ない。ヤリスには軽快さで負けるが、落ち着いた乗り味は高級感がある。1クラス上の貫禄だ。

 続いて実燃費。世界No.1のヤリスには負けるが、リッター20kmはまず割らない(ハイブリッド)。充分だ。近年、ユーザーはそれほどガチで燃費にはこだわらないし。居住性。これはクラスNo.1である。ヤリスと比べれば大差で勝っている。

次ページは : ■ヤリスが16位かも!?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ