軽トラからカプチーノ……日本の軽自動車が広大なアメリカでなぜウケる?

軽トラからカプチーノ……日本の軽自動車が広大な国でなぜウケる? 「25年ルール」で解禁となった軽がアメリカへ流出中!

 今、アメリカでは、25年経って輸入が認められた1995年以前に製造された日本車がブームになっているが、そのなかでも軽自動車が人気というのに驚かされる。

 そもそも軽自動車は、日本同時の軽自動車規格の枠にハマった日本独自のガラパゴス的な自動車で、日本の国土の25倍もあり、道路も広く、駐車場も止めるスペースを気にすることのないアメリカなのに、なぜ人気なのか? まさに摩訶不思議だ。

 なぜアメリカで日本の軽自動車が人気なのか? 筆者がLAのイベントや軽自動車を販売している業者に話を聞きながら、その理由を探ってみた。

文/加藤久美子(Kumiko Kato)
写真/加藤博人(Hitoto Kato)

【画像ギャラリー】もはや共通語!! 海を渡ってアメリカで愛されるジャパニーズ『Kei』カーたち(12枚)画像ギャラリー

■アメリカ人にとって軽自動車とはどんな存在なのか?

カリフォルニアナンバーを付けているホンダアクティトラック

 11月初旬、ベストカーwebにて、第16回JCCS(日本旧車集会)の様子をお伝えしたが、そのJCCSにも近年は軽自動車の参加が増えている。車種はスズキ・カプチーノ、ホンダ・ビート、オートザムAZ-1などのオープンモデルや、アクティ、キャリイなどの軽トラだ。

 主催者によると軽自動車の参加は近年とても増えているとのこと。ちなみに、JCCSは参加条件にいろいろな基準があり、そのなかのひとつに『1995年以前に製造された日本車』という項目がある。

 実はこちら3~4年前まで『1985年以前に製造された日本車』であった。それが日本車好きな人々の要望によって、1985年→1995年に延長された。25年ルールでアメリカに輸入されて合法的に登録された軽自動車の参加がどっと増えた、ということも理由のひとつだろう。

 アメリカ人にとって軽自動車とはどんな存在なのだろうか? もちろん、アメリカに「軽自動車」という規格があるわけではないので、それほど興味がない人にとっては「日本のコンパクトカーのなかでも特に小さいクルマ」という程度の認識を持つ人が大半だと思われる。

 しかし、アメリカの日本車ファンの間ではすでに「Kei-CAR」「kei-tora」などという呼び名が浸透しており存在感や注目度は抜群だ。「Kei」という言葉は認知されており、クルマ好きの間ではJDMの人気カテゴリーとして定着しているのだ。

 なお、アメリカでは「Kei-CAR」のサイズ感を説明する際small(スモール)ではなく、tiny(タイニー)と呼ばれることが多い。タイニーはスモールよりも小さいものを指すが、単に物理的な小ささだけではなく「ちっちゃくてかわいい、愛らしい」という意味を込めて使われる。

 アメリカではカローラやRX-7(FD)、32GT-Rですら「コンパクト」というカテゴリーになるので、軽トラはまさに「タイニー」に相応しい、アメリカには存在しない小さくて愛らしい存在なのだろう。

■注文に対して納車が追い付かない! 軽トラ人気急上昇

日本で使われていた軽トラは、新車の時から錆び防止の加工などがきちんとしてあって感心するほどだという

 軽トラが人気の理由。それは実用性と見た目のかわいらしさ、ごくごく小さな車体でありながら、機動力があり、また荷物がたくさん積めること。

 もちろん日本の実用車としての優れた品質、整備性の良さ、汎用性がありタフでハードな作業も難なくこなす。操作性に優れており燃費もいい……

 軽自動車を数多く扱うアメリカの中古車販売業者は軽トラ人気の理由を以下に分析する。

 「日本の軽トラが大人気で、注文に対して納車が追い付いていません。人気の理由は小さいボディに使いやすい荷台がついており機動性は最高です。そして、品質も素晴らしく、またアフターパーツの入手がしやすい。

 構造がシンプルで耐久性があるので25年~30年以上前のクルマでも全く問題なく使い続けることができます。これが、軽トラが支持される理由でしょうね。実用性を重視して買う人もいれば、これぞ日本車! これぞJDM! というイメージで日本車らしい、珍しいスタイルだから買う人もいます。

 なお、日本からの中古車に対して全般的に言えることですが、走行距離が短いこともクルマの価値を高めています。日本で30年使われている軽トラであっても驚くほど走行距離が少ない。

 輸出業者に聞いたことがありますが軽トラは日本では年を取った夫婦が農作業に使うことが多いそうですね。家と農場との往復に使うことが主なのであまり遠出をしないのでしょうか。高速道路も十分走れるパワーはありそうですが。

 また、新車の時から錆び防止の加工などがきちんとしてあって、毎回、軽トラを見るたびに感心します。そうそう、あとは日本から輸出する際、業者がクルマをキレイにしてくれるんですがこれが本当に助かります」

 実際に数か月前に軽トラを購入したカリフォルニア州の女性は農場で使っているという。

 「農場を見回るのにとても便利です。これまでは電動カートを使っていましたが軽トラにしてから作業効率がグンと上がりました。登録から25年を過ぎたクルマでも力強くグングン走ります。また5速MTというのもいいですね。運転が面白いです。長年AT車しか乗ってこなかったのでとても刺激的です。

 あの形がいいですね。収穫した農作物などをさっと荷台に載せられます。アメリカのピックアップトラックは大きすぎて、また荷台の位置が高く積み込むのも一苦労ですが軽トラックは荷台の位置が低く、三方向から詰めるのが凄いです。

 日本のメーカーは、本当に使う人の立場に立って設計しているのだなあと、いつも驚いています」。

次ページは : ■2021年から「解禁」のダイハツ・ミゼットIIの販売もスタート

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ