本当に損してない? ディーラーのメンテパックはありorなし??

ディーラーのメンテナンスパックはありorなし? メリットとデメリットを深堀してみた

 ディーラーで新車の商談をしたことがある人なら、誰でも勧められた経験を持っているのが「メンテナンスパック」(メンテパック)。呼び方は各社で異なるものの、メーカーや販売店が行っている有料サービスのひとつで、車両購入後に実施する点検整備にかかる費用を事前に支払うことで、通常よりも割引された額で点検整備を受けられるというもの。

 と言っても、その内容は多岐に渡っていて、メーカーや販売店によってもさまざま。実際のところ、メリットをあまりよく考えずに加入している人がほとんどではないだろうか? そこで今回はメンテパックのメリットとデメリットについて深堀してみます。

文/小鮒康一、編集/奥野大志、写真/スズキ

【画像ギャラリー】メリットいっぱいのメンテパックを活用して乗りたい! スズキ スイフトスポーツをチェック(10枚)画像ギャラリー

点検+オイル交換+オイルフィルターというメニューが一般的

 冒頭に新車の商談時に勧められることが多いと書いたが、実は新車だけではなく、今乗っている愛車や中古車として購入した車両でも途中からメンテパックに加入することができることがほとんどだ。

 そのため加入できる期間も新車の場合は2回目の車検直前までの5年間を網羅するものから、次回の点検もしくは車検分のみをカバーする6か月というものまで幅広く、ニーズに合わせて期間を選ぶことができる。

 メンテパックに含まれる作業内容は点検整備の基本作業代はもちろんだが、多くの場合は半年ごとのエンジンオイル交換と1年ごとのエンジンオイルフィルター交換が含まれるケースが一般的だ。

 車検整備付のメンテナンスパックに関して車検整備の費用はパックに含まれるが、自賠責保険や重量税、印紙代といった諸費用は含まれていないので注意が必要だ。

車検時の点検整備はすべてメンテパックに含まれるため、諸費用以外の出費はわずか

 一方、半年ごとにオイル交換が必要なほど距離を走らないというユーザーや、愛車にはこだわりのオイルを入れているというユーザー向けに、オイル関連商品を除いたメンテパックを用意しているメーカーやディーラー、追加費用をプラスすることでより上級のオイルを使えるプランを用意しているところもある。

 有名なところでは日産が展開している「メンテプロパックNISMO」がそれに該当し、このパックに加入すると半年ごとに実施されるエンジンオイル交換時に使用されるオイルが、MOTULが開発したNISMOスポーツオイルなるというもの。モータースポーツファンの多い日産車ユーザーにとってはうれしいサービスと言えるだろう。

 また、東京都内に大きな販売網を持つトヨタモビリティ東京が展開するメンテパックには、契約期間内であれば点検のタイミング以外でもメニューを実施できる「セレクトコース」が用意されている。

 これにはオイル交換やエアコンフィルター交換といった定番メニューのほか、フロントガラスコートや撥水洗車、タイヤローテーションに夏冬タイヤの履き替え、各種添加剤注入など、やってもらえると助かるサービスの中から選択して実施してもらえるサービスがそろっているのだ。

メンテナンスの予定が把握しやすいのもメリット

ユーザーのメリットは都度支払いより安いこと。デメリットはほとんどない

 そして、メンテパックの最大の利点と言えるのがその価格だ。料金は販売会社が独自に設定しているため若干のばらつきが生じているが、概ね都度支払いをする場合と比べて15%~45%程度割安になっていることがほとんど。愛車をしっかりメンテナンスして乗っていきたいと考えている人にとってはメリットしかない。

 長期のメンテパックに加入していて途中で代替などをした場合や、販売会社独自のメンテパックに加入したものの、引っ越しで入庫が難しくなってしまった場合も、ほとんどは若干の手数料を支払えば解約ができ、残金が戻ってくるためデメリットはほとんどない。

 中古車で購入したからディーラーには行きにくいと感じている人には、大手カー用品店でもメンテパックを扱っているところが増えているので、一度相談してみるのもいいだろう。

  一口にメンテナンスパックと言っても、期間やメンテナンスの内容などはさまざまなユーザーにマッチするように細分化されており、自分にあったものをチョイスすればお得にメンテナンスを受けることができるし、新車購入時に加入してしまえば自動車ローンにメンテパック代を組み込むこともできるので、維持費をある程度予測できるという点もメリットと言える。

スポーツカーでもディーラーにお任せという人には大きなメリットに
EVのリーフにもメンテナンスパックは存在する

次ページは : 大きな値引きをしてでも販売会社がメンテパックの加入を勧めてくる理由

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ