実は搭載義務なし? スペアタイヤ激減の裏事情と積まなくてもOKな訳


 どんなに気を付けていてもクルマに乗っている限り、完全には防げないパンク。そんなもしもの時を想定し、クルマにはスペアタイヤが搭載されているのが常だった。しかし、現在ではトレンドに大きな変化が見られ、スペアタイヤを省略し、パンク修理材の搭載で代用する車種も急増。

 とはいえ、「パンクに対処する何らかの装備」が搭載されているのが現状だが、果たしてスペアタイヤなどは装備が義務化されているものなのか? 身近なタイヤの意外に知られていない実情と歴史・トレンドに迫ります。

文/諸星陽一、写真/Adobe Stock(メイン:fusssergei@Adobe Stock)、編集部

【画像ギャラリー】ランフラットタイヤを積極採用するレクサスの最上級車は?(15枚)画像ギャラリー

■省スペースで「テンパータイヤ」が登場 スペアタイヤの歴史は?

 みなさんは、スペアタイヤを使ったことがあるだろうか? 2022年には59歳になる筆者はかれこれ40年ほどクルマに乗っているが、スペアタイヤを使ったことがあるのはそれこそ10代か20代のはじめのころチューブタイヤの時代に1回か2回で、チューブレスタイヤになってからはスペアタイヤを使った経験はない。

 もちろん、パンクは何度も経験しているが、スペアタイヤを使うほどの重大なトラブルが発生した経験はない。チューブタイヤはチューブに穴が開くと、あっという間に空気が抜けてしまうが、チューブレスタイヤはゆっくりと空気が抜けていくため、釘などが刺さったとしても空気を入れつつタイヤショップにたどりつけばパンク修理が可能だ。

 スペアタイヤは万が一のために用意されているもので、使わない可能性も高いパーツだ。クルマにスペアタイヤを積んでおくことは、ラゲッジルームの容量を圧迫するとともに、重量増によるエネルギーの無駄づかい、さらには廃車時には未使用のスペアタイヤを廃棄するという事態も発生する。そうした背景を受けて、自動車メーカーはさまざまな手法を模索してきた。

スペアタイヤは必要なのだろうか..?使わない可能性も高く、廃車時には未使用のスペアタイヤも破棄となる。こうした背景を受け、自動車メーカーはさまざまな手法を模索してきた(U-image@Adobe Stock)

 まず、最初に行ったのはスペアタイヤのサイズを小さなものにすることだった。かつてのスペアタイヤは装着タイヤと同サイズ(グランドタイヤと呼ばれる)であったが、これをテンポラリータイヤ(テンパータイヤ)というタイプに置き換える。最初にテンパータイヤが装着されたのは1981年に発売されたスカイライン5ドアハッチバック。このスカイライン5ドアハッチバックのテンパータイヤには、空気圧センサーも装備されていた。

 テンパータイヤ全盛時代は20年近くにわたって続くが、やがてテンパータイヤすら搭載せずにパンク修理剤とエアコンプレッサーを搭載、もしくはパンクしてもある程度の距離が走れるランフラットタイヤを採用するクルマが増えてくる。

 この背景には1999年に日本自動車工業会と日本自動車タイヤ協会が「スペアタイヤレス車両のガイドライン」を作成、国土交通省に提出し、スペアタイヤレス化を推し進める方向に動いたのだ。これは非常にエポックメイキングな出来事だといえる。日本自動車工業会だけでなく、日本自動車タイヤ協会がこのスペアタイヤレスに賛同しているのだ。単純に考えれば、スペアタイヤ分の売り上げを捨てる方向にタイヤメーカーの業界団体が舵を切ったのだ。

■スペアタイヤの搭載義務は「なし」 だからこそ知りたいパンク応急処置の手当

 とはいえ、スペアタイヤは搭載しないでもいいのだろうか? じつは日本の法規にはスペアタイヤ搭載の義務はない。自動車メーカーがスペアタイヤを搭載していたのは、パンク発生時にユーザーの安全性を担保するために自主的に行っているからだという。筆者はユーザー車検を行っているが、車検時にスペアタイヤの有無を確認されていないし、パンク修理剤やエアコンプレッサーの搭載も確認されていない。

 さて、現在主流となりつつあるパンク修理剤やエアコンプレッサーはどう使えばいいのだろうか? まず覚えておいてほしいのはパンク修理剤=パンクを修理する液剤ではないということ。

 パンク修理剤は一時的にエア漏れを止めて、タイヤショップなどまでクルマを走らせることができる応急処置のための液剤だということだ。じつはパンク修理剤を使うと、通常のゴム糊の乗りが悪くなり、パッチやプラグでのパンク修理が難しくなる。場合によっては不可能となることもある。

パンク修理剤=パンクを修理する液剤ではない。一時的にエア漏れを止め、タイヤショップなどまでクルマを走らせることができる応急処置のための液剤である

 パンク修理剤を使う際は、添付されている説明の通りに行うこと。修理剤の種類によって使い方が異なり、パンクの原因となった釘などを除去せずに使うものと、除去して使うものなどがある。

 どちらにせよ、前述のようにパンク修理剤を使うとパッチやプラグでの修理ができなくなることもあるので、できる限りパンク修理剤は使いたくない。もし、空気を足しながらタイヤショップなどにたどり着けるなら、そうしたほうが懸命である。

 この際、原因となった釘などは抜かないのが基本。また、タイヤは空気が抜けた状態で走らせると、構造上のダメージを受けてしまうので、くれぐれも空気圧が一定上に下がらないようにしながら移動することが大切で、速度も抑えめ(50km/h程度が限度)にするべきだ。

次ページは : ■テンパータイヤやランフラットタイヤ装着車も注意点あり