時代と共に変わる美意識を実感!! オラオラグリル変遷史

時代と共に変わる美意識を実感!! オラオラグリル変遷史

 スリークでスマートでオシャレさんな自動車の顔を見ながら育った者にとって、オラオラグリルは破壊の神。

 アルファードの巨大銀歯グリルや、レクサスのスピンドルグリル、BMWの巨大キドニーグリル、アウディのシングルフレームグリルを見て、「なんでこんな怖い顔なんだぁ!」と嫌悪感を抱くのも、ある意味当然である。

 がしかし、ふと見渡せば、我々の周囲には、さまざまなオラオラフェイスが存在している。その代表が祭り! 「唐津くんち」の

兜曳山「酒呑童子と源頼光の兜」を見よ! まさにオラオラ! オラオラは人々を熱狂させる! オラオラは迫力満点! カッコいいじゃないかぁっ!

 その視点でオラオラグリルを見直せば、違和感はスッと消え、「もっともっと!」という期待が高まってくる。オラオラグリルはこれからまだまだ発展する! もっともっとオラオラと深化する! そこで今回はこれまでの変遷を辿ってみるぜ、オラオラァ!

※本稿は2021年11月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年12月26日号

【画像ギャラリー】D:5は電気シェーバー、M4はマキバオー!? そう思って見ると楽しいオラオラグリルのイロイロ(42枚)画像ギャラリー

■オラオラグリルの帝王アルファードの快進撃を振り返る

次期アルファードの顔はどうなるのか、全世界が注目している。ベストカーの予想では、周囲のメッキが分厚くなり、ヘッドライトの極薄化が目立つが、インパクトはいまひとつ。もっとハジけて欲しいぜ!(ベストカー制作の予想CG)

 オラオラグリルと言えばアルファード! 誰がなんと言おうとアルファードが世界の帝王だ! ほぼ国内専用モデルでありながら、もはやその名声は遠く東南アジア全域にオラオラとどろき、1000万円オーバーでも「くれくれ!」という人が列をなしている。

 しかしそんなアルファードも、スタートは日産エルグランドの後追いのコバンザメだった。デザイン的にも、初代はまさにトヨタ版エルグランド。マネっ子マネちゃんだったのだ。

 が、4気筒エンジン搭載の廉価版が大アタリで、エルグランドを駆逐。2代目はキープコンセプトなルックスで登場したが、この時同時に出た姉妹車のヴェルファイアがカマしてくれた。

 エルグランドとはかなり異なる、ダブルヘッドライトの凶悪顔(当時の感覚です)が大ウケし、販売台数でアルファードをブチ抜いたのだ。

次期型アルファード(ベストカー制作の予想CG)

 これでトヨタは、「オラオラはなんでもアリ!」と悟る。怖いものがなくなったアルファードは、3代目は巨大銀歯グリルという大バクチに出て、超絶大ヒット。先代のキープコンセプトで出たヴェルファイアを抜き返し、ついには事実上吸収合併、月販1万台を超えるまでに大化けした。

 こうなると、次期アルファードがどんなオラオラグリルで登場するか興味津々だ。

 ベストカーの予想では、グリルの縁のメッキが太くなっているが、現行モデルを見慣れた目には、平凡でやや手ぬるく感じる。我々オラオラグリルウォッチャーをして、「げえっ!」と言わせるような、究極のオラオラグリルに進化していることを望みたい。

 オラオラの辞書に不可能はない! アルファードならできる! いや、やらねばならぬのだ!

■レクサスのスピンドルグリルは「世界の糸巻き口」へ!

10月に世界初公開された新型LXのスピンドルグリルは超強烈! これはもうすべてを吸い込むブラックホールだ。今後すべてのスピンドルグリルがこの方向に進むのか注目するしかない

 高級車の世界に新たな基準を持ち込んだレクサスブランドだが、デザイン的には地味で、象徴となるアイコンを持たなかった。

 このままではドイツ御三家を超えることはできない。熟慮の末に投入されたのが、スピンドルグリルである。

 スピンドルとは「糸巻き」のこと。トヨタの前身は豊田自動織機、つまり糸巻きの会社。そのルーツを示した形状、という理由は実は後付けで、実際はエア導入口をバンパー下まで広げる過程で出てきた形状であったという。

 2012年に4代目GSで初登場した当時は、ムリヤリ後付けした印象も強く、大方の反応もネガティブだったが、トヨタは初志貫徹して試行錯誤を続け、まずはバンパーによるグリルの上下の仕切りをなくした。

 2年後、新型SUV「NX」が登場した時には、スピンドルグリルはボディのフォルムに自然になじみつつ、印象的かつ威圧的な、いい意味でのオラオラ感を獲得していた。

レクサス LX リア。顔に比べてすっきりとスタイリッシュな仕上がり

 その後のスピンドルグリルは、微妙に口を巨大化させつつリファインを続けているが、新型LXのソレは、ひとつの大きなブレイクスルーだろう。

 基本的には従来のスピンドルグリルを継承しているが、形状はシンプルに、開口部はより大きくなり、グリルの縁をなくすことで、輪郭ではなくグリル内の横桟による立体感で見る者を威圧する。

 まるでグリルの奥がブラックホールであるかのような印象を与えるこのインパクトは強烈! それでいてレクサスらしい気品もキープ。これを見たらもう、従来のスピンドグリルが時代遅れに感じる。早く全部コレにしてくれ!

次ページは : ■実は先祖返りの巨大化!? BMWのキドニーグリル