SUV全盛期のいまこの兄弟がいれば…ミニ、イオ、ジュニア、パジェロ兄弟の魅力と実力

SUV全盛期のいまこの兄弟がいれば…ミニ、イオ、ジュニア、パジェロ兄弟の魅力と実力

 2019年に惜しまれつつ生産終了となった、三菱「パジェロ」。40年近くのあいだ三菱の販売を支え、本格オフローダーとして、日本における四輪駆動車へのイメージアップに貢献した偉大なモデルだ。

 そんなパジェロには、パジェロの世界観をコンパクトに表現した「ファミリー」が存在した。軽自動車の「パジェロミニ」、パジェロミニを普通車サイズに拡大した「パジェロジュニア」、そしてその後継の「パジェロイオ」だ。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:MITSUBISHI、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】40年近くも三菱を支えた名車「パジェロ」と、そのファミリーの歴史(31枚)画像ギャラリー

元祖SUV!! 偉大過ぎるパジェロの功績

 パジェロファミリーを紹介するまえに、親である「パジェロ」の歴史と特徴を簡単に振り返っておこう。初代パジェロの登場は1982年のこと。「ジープ」の製造・販売によって、すでに四輪駆動車のイメージが定着していた三菱が、乗用車感覚の強い四輪駆動モデルとして開発したモデルだ。

 初代パジェロは、すっきりとしたカジュアルなデザインに加えて、オンロードでの扱いやすさや高い実用性を有しながらも、三菱らしい悪路走破性もしっかりと持ち合わせ、登場した。

 その後、1991年には2代目、1999年には3代目、2006年には4代目へとバトンタッチしていくが、どの世代であっても基本的なコンセプトは変わらず、パジェロは代を追うごとに、ラグジュアリーで上質な空間や乗り心地、環境性能、運動性能を突き詰めていった。

 クルマにあまり詳しくない人でも「パジェロ」という言葉を聞けばどんなクルマかイメージできるくらい有名だったし、デートで乗りたいクロカンモデルとして女性にも人気だった。

 現在SUVが乗用車として定着しているのも、パジェロが基礎を築いたからだと言っても過言ではない。「パジェロミニ」 「パジェロジュニア」 「パジェロイオ」には、そんなパジェロの世界観がきっちり反映されている。

1982年登場の初代パジェロ。RVブーム、4WDブームの火付け役となった

実はこだわりのメカニズム満載!! 「パジェロミニ」

 パジェロファミリーで真っ先に登場したのが、1994年登場の「パジェロミニ」だ。軽自動車ではあるが、その名の示す通り、パジェロのデザインテイストや技術が、小さなボディにギュっと凝縮されている。

 3ドアに本格的なオフロード性能、ということで、何かと「ジムニー」と比較されるパジェロミニだが、ジムニーがラダーフレームであるのに対し、パジェロミニはラダーフレームにモノコックボディを組み合わせた「ビルトインモノコック」というシャシー構造を持つ。これにより40km/hでの前面衝突時の乗員障害値規制をクリアしている。

 エンジンは1気筒あたり5バルブを持つ660cc 4気筒DOHC20バルブインタークーラー付きターボが設定され、四輪駆動システムは走行中に2WDと4WDを切り替えられる「イージーセレクト4WD」を採用。フロントにはマクファーソン・ストラット、リアは5リンク式のコイルスプリングサスペンションというこだわりの足回りをもち、オンロードでの操縦安定性や快適な乗り心地にもこだわった。

 1998年には2代目にフルモデルチェンジ。限定車の「スヌーピー・エディション」や後期型に設定された最上級グレード「エクシード」など、パジェロミニは、パジェロの世界観を受け継ぎつつも、そのサイズを活かした独特の個性が魅力的なモデルだった。

次ページは : 衝撃的な派生車をもつ「パジェロジュニア」