ジューク マグナイト タウンスター 世界で売っているのになぜ日本で売らない??

ジューク マグナイト タウンスター 世界で売っているのになぜ日本で売らない??

 すこし古い話題になるが、2021年12月2日~12月27日までの期間、横浜みなとみらいの日産グローバル本社ギャラリーにおいて、「NISSAN FUTURES」というイベントが開催された。

「日産の電動化の最前線」を伝えるという本イベント。その参考展示として、中国向けのe-POWERシルフィや欧州のキャシュカイなどの日本未導入モデルが展示されたのだ。

 日産に限ったことではないが、各自動車メーカーには、世界では売っているのに日本では売っていないモデルが多くある。特に日産は、なぜか海外モデルにいいモデルがあり、「なぜ日本で売らないのか…」といわれるモデルが多く、今回のe-POWERシルフィやキャッシュカイも、そのなかの一台だ。

 今回日本で展示されたということは、e-POWERシルフィ、キャッシュカイについて日本導入の可能性があるということなのか!? 「世界で売っていて日本で売れそうな日産車」5台をご紹介したい。

本稿は2021年12月のものに適宜修正を加えています
文/吉川賢一、写真/日産

【画像ギャラリー】海外向けの日産がカッコいい!! 日本導入すれば売れそうな日産車5台をギャラリーでチェック(22枚)画像ギャラリー

■日産 キャシュカイ(3代目 2021年~)

日産 キャシュカイ。全長4425×全幅1838×全高1635mm、ホイールベース2666mm、2代目キャシュカイ(日本未導入)に対し、ひと回りほど大型化している
日産 キャシュカイ。全長4425×全幅1838×全高1635mm、ホイールベース2666mm、2代目キャシュカイ(日本未導入)に対し、ひと回りほど大型化している

 キャシュカイは、欧州を主戦場とするクロスオーバーSUVだ。

 北米では「ローグスポーツ」という名称で販売されており、現行型は3代目となる。初代モデルは日本でも「デュアリス」という名で販売されていた。

 2020年に登場した、兄弟車の北米新型ローグ(日本名エクストレイルだが、新型は日本未発表)が、直線やスクエアなかたちを意識したデザインに対し、新型キャシュカイは、アリアや新型ノートにも似た、カーブを意識したデザインで登場。このデザインは、日本でも大いに受け入れられると思う。

 ボディサイズは、全長4425×全幅1838×全高1635mm、ホイールベース2666mm。

 キックスe-POWER(全長4290×全幅1760×全高1610mm)に対し、ひと回り大きなサイズ感ではあるが、新型ローグ(=新型エクストレイル)よりも小さいことから、日本でも大きすぎるサイズ感ではない。

 この新型キャシュカイには、12Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた1.3Lの直噴ターボエンジン仕様のほかに、排気量1.5Lの可変圧縮比エンジン「VCターボ」を発電専用エンジンとして搭載したe-POWER仕様がある。

 最高出力は187ps、最大トルクは330Nmだ。

 これだけの強いトルクがあれば、スピード嗜好の欧州ドライバーにとっても、まったく不足ないパフォーマンスとなっている。

 日本市場においても、エクストレイルでは大きすぎる、でもキックスでは小さくて……と感じる方にとっては、いい選択肢になるだろう。

次ページは : ■日産 ジューク(2代目 2019年~)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!