新型レクサスLXは全車指紋認証標準装備「レクサスは盗みやすくて高く売れる」その汚名を晴らせるか?

新型レクサスLXは全車指紋認証標準装備「レクサスは盗みやすくて高く売れる」その汚名を晴らせるか?

 新型ランクル300の日本発売から約2ヵ月後の10月14日にワールドプレミアとなった新型レクサスLX600。2021年11月25日から先行予約が開始され、日本での正式発表は2022年1月12日に予定されている。

 新型LXのグレードは標準(1250万円)、OFFROAD(1290万円)、EXECUTIVE(1800万円)の3種類。標準、OFFROADが5人乗りと7人乗りの2種類を用意、EXECUTIVEは4人乗りのみの設定で、5人乗りと7人乗りの価格差はない。

 搭載されるパワートレインは、3.5L、V6ツインターボの1種類で、415ps/650Nmを発生する。新型ランドクルーザー300にあるディーゼルエンジンの設定は今のところなし。

 さて、レクサスLXといえば盗難件数が多いことでも有名だ。トヨタは新型レクサスLXの盗難防止対策をどう講じてきたのだろうか?

文/加藤久美子、写真/加藤博人

【画像ギャラリー】もう「盗みやすい」とは言わせない!! 指紋認証を標準装備した新型レクサスLX(16枚)画像ギャラリー

■新型ランクル300に続いて新型レクサスLXにも指紋認証システムを標準装備

2021年11月25日から予約受注がスタートし、2022年1月12日に発表予定の新型レクサスLX。価格は標準グレードが1250万円、OFFROADが1290万円、EXECUTIVEが1800万円
新型LXの指紋認証システムの説明
新型ランドクルーザー300の指紋認証スタートスイッチの説明

 2022年1月12日に発表が予定されている新型レクサスLXはすでに11月25日から先行予約が始まっている。LXといえば、1000台のうち50台(2020年)が盗まれた盗難率の高さでも有名だ。

 愛知県ではとくにLXの盗難が多く2020年の盗難台数は119台。県警の発表によると県内で登録されているLXの5台に1台が盗まれた計算になるという。他の車種が軒並み大幅に減少するなか、LXだけが突出して多くなっている。

 さて、そのLX。2022年1月12日に発表される新型にもランドクルーザー300で日本初採用された指紋認証システムが搭載されている。

 装備を紹介するページに以下の説明が書かれているが、同じシステムなのにLXとランクル300では微妙に表現が異なっているのが興味深い。比較してみよう。

●レクサスLX600【指紋認証スタートスイッチ】

 指紋センサーにタッチし、車両に登録された指紋情報と一致しなければエンジンが始動しない、セキュリティに配慮したスイッチです。
※指紋の状態によっては指紋登録ができない場合があります。
※指の状態によっては登録した指紋を認証できない場合があります。その場合は電子キーを指紋認証スタートスイッチにかざすことでエンジン始動が可能となります。

●トヨタランドクルーザー300【指紋認証スタートスイッチ】

 スタートスイッチの中央に指紋センサーを搭載した、指紋認証による始動システムです。スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながら指紋センサーをタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合。指紋情報が一致しなければエンジンが始動しないため、より高いセキュリティ性を発揮します。
(※指紋の状態~以降は同じなので省略)

 比べてみるとランクル300のほうが説明や使い方が丁寧だ。LXのほうには「スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながら指紋センサーをタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合。」としか記載されていないが、ランクルには「ブレーキを踏みながら~」など、使い方まで詳しく記載されている。

 LXの「セキュリティに配慮した」に対して、300は「より高いセキュリティ性を発揮します」とあり、LXは控えめな印象でランクルのほうが力強い印象だ。

 ランクル300には「GX」を除く全グレードに標準装備されるが、LX600は全車標準装備となる。ちなみに、以前もベストカーwebで書いたが、CANインベーダーやコードグラバーなどの最新の盗難手口では指紋認証は全く役に立たない。

通報しました! CANインベーダー コードグラバー… 海外サイトで買える!? 自動車盗難最新事情と「撲滅に向けてやるべきこと」

自動車盗難の新手口 「CANインベーダー」の恐怖! どうすれば防げるのか??

■アメリカ仕様のLXには指紋認証がない!

アメリカ・ラスベガスで2021年11月に開催されたSEMAショーに出展していた新型レクサスLX
ナビゲーションのディスプレイ左下がプッシュエンジンスタートスイッチだが、日本仕様で用意された指紋認証システムはなかった

 アメリカではランドクルーザー300の販売はないが、新型LXはすでに販売がスタートしている。お披露目の場所として選ばれたのはラスベガスで開催される世界最大のアフターマーケットの見本市『SEMA SHOW』のレクサスブースだった。

 筆者は2021年11月上旬、SEMAに取材で足を運んだが、レクサスブースの目玉となる展示でランクル300の発売がないぶん、新型LXに期待するところが大きいのだろう。プレゼンには多くのクルマ業界人(SEMAは業界関係者オンリーのトレードショー)が集まっていた。

 展示車両は室内に座ることができたので、さっそくエンジンスタートのスイッチを見てみたが……指紋認証のリーダーはついていなかった。

 日本とは比べものにならない盗難大国であるアメリカにおいてLXはそれほど盗まれていないのか? 指紋認証がないのはどんなことが理由だろうか? ブースのスタッフに聞いてみた。

 「日本で販売されるLXには全車標準装備だと聞きましたが、アメリカ市場向けのLXには採用されませんでした。その理由としては、アメリカでは重要視されていないんでしょうね」。

 ん?「重要視されていない」とはどういうことなのか。その後、周辺取材を重ねた結果、以下の結論を得た。

 要するにアメリカではLXの盗難比率が低い。日本では突出した盗難率だが、アメリカでは他のクルマの盗難台数があまりにも多く、目立った存在ではないようだ。

 2020年に最も多く盗まれた乗用車はホンダシビックで、その数3万4144台。乗用車の1位~6位まですべて日本車で2位はアコードの3万814台、3位カムリの1万6915台。対する日本は1位プリウスが517台、2位ランドクルーザーが395台、3位LXが286台……。アメリカの盗難台数は日本とは2ケタも違うのだ。

 そしてアメリカで盗難被害に遭うのは20年以上前の古いクルマが主流となる。盗んだ後にバラシて「部品」と流通させるニーズを見込んで盗むのだ。

 つまり、新車のニーズがそもそも低いので、指紋認証のような新しい防犯システムはあまり重要視されない、という意味に解釈できる。

 しかし、近年カナダではレクサスLXの盗難が急増している。カナダの保険会社の調べによると、カナダ・オンタリオ州においては2019年と2020年型のLXがなんと5台に1台盗まれたという。

 そして、カナダで盗まれたLXはバラされることなく、そのままの形で大西洋をわたって海外に密輸されている現状がある。日本の状況と酷似しており、盗難の手口としてもCANインベーダーやコードグラバーが主流だという。とくに、コードグラバーが急増しているそうだ。

 コードグラバーとはどんな手口で、なぜレクサスに多いのか?

次ページは : ■日本でも海外でも、LXの盗難手口で多いのは?