新型レクサスLXは全車指紋認証標準装備「レクサスは盗みやすくて高く売れる」その汚名を晴らせるか?

新型レクサスLXは全車指紋認証標準装備「レクサスは盗みやすくて高く売れる」その汚名を晴らせるか?

 新型ランクル300の日本発売から約2ヵ月後の10月14日にワールドプレミアとなった新型レクサスLX600。2021年11月25日から先行予約が開始され、日本での正式発表は2022年1月12日に予定されている。

 新型LXのグレードは標準(1250万円)、OFFROAD(1290万円)、EXECUTIVE(1800万円)の3種類。標準、OFFROADが5人乗りと7人乗りの2種類を用意、EXECUTIVEは4人乗りのみの設定で、5人乗りと7人乗りの価格差はない。

 搭載されるパワートレインは、3.5L、V6ツインターボの1種類で、415ps/650Nmを発生する。新型ランドクルーザー300にあるディーゼルエンジンの設定は今のところなし。

 さて、レクサスLXといえば盗難件数が多いことでも有名だ。トヨタは新型レクサスLXの盗難防止対策をどう講じてきたのだろうか?

文/加藤久美子、写真/加藤博人

【画像ギャラリー】もう「盗みやすい」とは言わせない!! 指紋認証を標準装備した新型レクサスLX(16枚)画像ギャラリー

■新型ランクル300に続いて新型レクサスLXにも指紋認証システムを標準装備

2021年11月25日から予約受注がスタートし、2022年1月12日に発表予定の新型レクサスLX。価格は標準グレードが1250万円、OFFROADが1290万円、EXECUTIVEが1800万円
2021年11月25日から予約受注がスタートし、2022年1月12日に発表予定の新型レクサスLX。価格は標準グレードが1250万円、OFFROADが1290万円、EXECUTIVEが1800万円
新型LXの指紋認証システムの説明
新型LXの指紋認証システムの説明
新型ランドクルーザー300の指紋認証スタートスイッチの説明
新型ランドクルーザー300の指紋認証スタートスイッチの説明

 2022年1月12日に発表が予定されている新型レクサスLXはすでに11月25日から先行予約が始まっている。LXといえば、1000台のうち50台(2020年)が盗まれた盗難率の高さでも有名だ。

 愛知県ではとくにLXの盗難が多く2020年の盗難台数は119台。県警の発表によると県内で登録されているLXの5台に1台が盗まれた計算になるという。他の車種が軒並み大幅に減少するなか、LXだけが突出して多くなっている。

 さて、そのLX。2022年1月12日に発表される新型にもランドクルーザー300で日本初採用された指紋認証システムが搭載されている。

 装備を紹介するページに以下の説明が書かれているが、同じシステムなのにLXとランクル300では微妙に表現が異なっているのが興味深い。比較してみよう。

●レクサスLX600【指紋認証スタートスイッチ】

 指紋センサーにタッチし、車両に登録された指紋情報と一致しなければエンジンが始動しない、セキュリティに配慮したスイッチです。
※指紋の状態によっては指紋登録ができない場合があります。
※指の状態によっては登録した指紋を認証できない場合があります。その場合は電子キーを指紋認証スタートスイッチにかざすことでエンジン始動が可能となります。

●トヨタランドクルーザー300【指紋認証スタートスイッチ】

 スタートスイッチの中央に指紋センサーを搭載した、指紋認証による始動システムです。スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながら指紋センサーをタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合。指紋情報が一致しなければエンジンが始動しないため、より高いセキュリティ性を発揮します。
(※指紋の状態~以降は同じなので省略)

 比べてみるとランクル300のほうが説明や使い方が丁寧だ。LXのほうには「スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながら指紋センサーをタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合。」としか記載されていないが、ランクルには「ブレーキを踏みながら~」など、使い方まで詳しく記載されている。

 LXの「セキュリティに配慮した」に対して、300は「より高いセキュリティ性を発揮します」とあり、LXは控えめな印象でランクルのほうが力強い印象だ。

 ランクル300には「GX」を除く全グレードに標準装備されるが、LX600は全車標準装備となる。ちなみに、以前もベストカーwebで書いたが、CANインベーダーやコードグラバーなどの最新の盗難手口では指紋認証は全く役に立たない。

通報しました! CANインベーダー コードグラバー… 海外サイトで買える!? 自動車盗難最新事情と「撲滅に向けてやるべきこと」

自動車盗難の新手口 「CANインベーダー」の恐怖! どうすれば防げるのか??

次ページは : ■アメリカ仕様のLXには指紋認証がない!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ