これってどうよ!? 時間が経ってから感じた新車の過大評価と過小評価

これってどうよ!? 時間が経ってから感じた新車の過大評価と過小評価

 新車の評価は、時間の経過に伴って変化することも多い。

 最初の評価は高かったのに、少し時間が経つとそうでもなかったり、逆にデビュー直後の最初の評判や売れ行きはいま一歩でも、少し時間が経つと、意外に良いクルマだったということもある。

 そこで今回は、そうした過大評価と過小評価となりそうなクルマを取り上げて紹介する。

文/渡辺陽一郎
写真/トヨタ、日産、ホンダ、スズキ

【画像ギャラリー】アナタはどう思う!? 過大評価と過小評価が起きていそうなクルマたち!(18枚)画像ギャラリー

■過大評価のクルマ1/トヨタヤリス

ヴィッツの後継として販売開始されたヤリス。このハッチバックはヤリスシリーズの中でも、走りに振っている

 まず注目したいのはヤリスだ。ヤリスは2020年2月の発売時点では、東京地区以外はネッツ店の専売車種だったが、同年5月にはトヨタの全店で全車を扱う体制に移行した。

 そのために設計が新しく価格の割安なヤリスは、トヨタの全店(4300店舗)で大々的に販売されて売れ行きを伸ばした。2020年4~7月は、ヤリスクロスは売られていなかったが、5月と7月にはヤリスだけで小型/普通車登録台数の1位になった。7月の登録台数は1万4000台を超えている。

 しかし実際に使うと、不満な点も散見される。ボディスタイルについては、サイドウインドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたから、斜め後ろの視界が悪い。

 居住性では後席が狭い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々だ。アクアの2つ弱に比べると明らかに狭い。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ少々

 燃費向上のために転がり抵抗を抑えたタイヤを装着しているので、乗り心地は全般的に硬い。特に14インチタイヤは、指定空気圧も前輪が250kPa、後輪は240kPaと高く、突き上げ感が伴う。

 その代わりハイブリッドXのWLTCモード燃費は36.0km/Lと優秀だ。国内で購入できる4輪車では最良の数値を達成したが、機能のバランスはアクアが優れ、装備を充実させて価格は割安だ。

■過大評価のクルマ2/トヨタヤリスクロス

ヤリスクロスはヤリスに対して車高が上がり、また車幅も3ナンバー化(1765mm)されている

 ヤリスクロスも、発売直後の2020年11月などは、1ヵ月に1万台以上を登録した(ヤリスを除く)。運転がしやすく価格の割安なSUVとして人気を得たが、後席はSUVとしては狭い。荷室容量も小さく、乗り心地は硬い。

ヤリスよりやや後席の居住空間が広くなったヤリスクロスの室内。ラゲッジルーム容量は5人乗り時で最大390Lで、対するカローラクロスが487Lだ

 そのために今では、2021年9月に登場したカローラクロスの販売が好調だ。2021年11月の登録台数は、カローラクロスが7300台で、価格の安いヤリスクロスは6480台だ。

次ページは : ■過大評価のクルマ3/ランドクルーザー300