エンジンオーバーホール代は200万円!? FD3S型RX-7の修理代&維持費とは

エンジンオーバーホール代は200万円!? FD3S型RX-7の修理代&維持費とは

 1991年12月にFC3S型サバンナRX-7の後継モデルとしてデビューしたのがFD3S型RX-7だ。

 当初はアンフィニRX-7として売り出され、スポーツカーらしい流麗なスタイルは、先代のFC3S型とはまた異なる魅力を放っていた。その結果、当時はもちろん、2002年8月に生産終了が決定されたあとも根強い人気を誇っている。

エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは
FC3SからFD3Sへ。RX-7という名を冠してはいるが、まったくデザインの異なる2台。それぞれ熱狂的なファンを持つ

 いわゆる「ネオクラシックカー」と呼ばれる部類に属するFD3S型RX-7だが、近年の価格高騰は、リアルタイムでこのモデルの相場を見てきた世代にとってかなりショッキングだと思う。

 そんなFD3S型RX-7を、長年にわたって大切に所有しているオーナーがいる一方で、価格高騰に困惑しつつも憧れを現実にするユーザーも少なくない。

 しかし、最終モデルであっても20年前のモデルだ。どれほどの極上車であっても経年劣化は避けられない。

 そこで今回は、超人気のFD3S型RX-7の現時点における修理代&維持費について触れてみることにしよう。

文/松村透
写真/マツダ、トヨタ、日産、ホンダ、松村透

【画像ギャラリー】エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは(17枚)画像ギャラリー

■FD3S型RX-7のエンジンオーバーホール代は?

エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは
ロータリーエンジンを扱うショップや部品点数にもよるが、現時点で「FD3S型RX-7のエンジンオーバーホール代は200万円前後」がひとつの目安といえる

 ロータリーエンジンを扱うショップや部品点数にもよるが、現時点で「FD3S型RX-7のエンジンオーバーホール代は200万円前後」がひとつに目安となりそうだ。

 純正部品そのものの価格があがっており(定期的に価格改定がある)、それに呼応してトータルコストが上昇しているのだ。

 後述するFD3S型RX-7のオーナーも、昨年、愛車のエンジンがブローしてしまい、周辺部品を含めたオーバーホール代の見積もりは約170万円と算出されたという。

 ここで一歩踏み出すか、勇気ある撤退(売却を含めて)を決断するか? 決して踏み絵ではないし、どちらが正解というわけでもない。多くのユーザーにとって一大決心するだけの大金といえるからだ。

■その他、足回りのリフレッシュも

エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは
スポーツカーだけに足回りは命といえる。個体の延命を考えると純正部品に戻してあげることを考える時期かもしれない

 FD3S型RX-7というと、サスペンションやダンパーなどを社外品に交換している個体も多いだろう。

 中古車を購入した際に、新品の社外品に交換・・・するのもありかもしれないが、長く乗るつもりでリフレッシュするなら、ブッシュ交換という手もある。

 ローダウンのように見た目が変わるわけではないので、どちらかというと地味な部類の部品交換にはなる。しかし、走りや乗り味のフィーリングが劇的に変化あるいは改善するという点において着手する価値は充分にあるだろう。

 経年劣化が進んでいる箇所のみを交換する場合は15万円前後。どうせならばすべてのブッシュを新品に交換するとなると30〜40万円の予算を用意しておきたい。

エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは
あくまでも目安だが、ダンパーをすべて新品に交換すると30〜40万円くらいの予算が必要になりそうだ

 併せてダンパーを純正部品に交換するとなるとプラス20万円くらい。社外品の車高調とタイヤ&ホイールをセットで交換する予算があるとしたら、決して手が届かない領域ではないことに気づくはずだ。

エンジンオーバーホール代は200万円!? 超人気のFD3S型RX-7の修理代&維持費とは
ブッシュおよびダンパー交換をするならばいっそ・・・ブレーキ周りのリフレッシュも一気に行えるなら理想的だ

 ブッシュおよびダンパーの交換をショップに依頼するとしたらリフトアップして作業するはずだ。それならばブレーキ周りのリフレッシュもセットで行うのも手だ。

 現状のローターをそのまま使用するとした場合、ローター研磨とキャリパーのオーバーホール、パッドの交換で10万円前後の予算と考えておけばいいだろう。

次ページは : ■FD3S型RX-7オーナーの修理代および維持費とは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ