高市早苗氏が22年乗った愛車A70スープラのレストアプロジェクト始まる!


 奈良2区選出の自民党衆議院議員、政調会長を務める高市早苗さん。自分のお金で初めて買ったA70スープラに22年間も乗り続けていたことが2021年9月の衆議院選で話題となり、クルマ好きの間で共感をよんだことは記憶に新しい。

 その“スープラ高市早苗号”は、自身の手元を離れ、地元奈良で大事に保管されてきたそうだが、新車の購入先でもある奈良トヨタがレストアを始めるという。

 それに先立ち、2022年2月17日、奈良トヨタは、「奈良トヨタ80周年記念事業 ST(さなえたかいちのイニシャル)スープラ80レストアプロジェクト発足式」を行った。

 さて、高市早苗さんが乗っていたA70スープラのレストアプロジェクトとはどんなものなのか? そして、A70スープラは今どんな状態なのか? 高市さんの高校の後輩でもある、モータージャーナリストの西川淳氏がレポートをお届けする。

文/西川 淳
写真/タナカヒデヒロ(まほろばミュージアム)、大田中秀一(スープラ)

【画像ギャラリー】かずえシーマに続け!! 高市早苗氏が乗った『さなえスープラ』とまほろばミュージアム展示車両(34枚)画像ギャラリー

■“スープラ高市早苗号”のレストアプロジェクト始まる

西川氏が十年くらい前に高市さんにインタビューした際に送っていただいたという写真。この時点では奈良33ナンバーがついており、自ら運転している写真も残っている
奈良2区選出の自民党衆議院議員、自民党政調会長の高市早苗さんが乗っていたA70スープラと筆者・西川淳氏(2021年9月の衆院選時に撮影)

 日本人初の女性総理大臣に今最も近い位置にいらっしゃる、自由民主党衆議院議員の高市早苗さん。

 同じ奈良県出身で、母校の先輩(四つ上なので学校でお見かけしたことは残念ながらない)という縁もあって以前、もう十年くらい前になると思うが、議員会館でインタビューさせていただいたことがある。その際、クルマとヘビメタ好きであることを伺って、グッと親近感が増したものだ。

 直前に自民党総裁選に出られたこともあって抜群の人気と高い知名度で迎えた2021年9月の衆院選では、全国の他候補応援に忙しく、地元奈良での選挙活動もままならず。その分身として選挙事務所前に飾られて大いに話題となったのが、白いA70スープラだった。

 インタビューでもスープラが話題に上ったことを思い出す。本当にバイクやクルマがお好きで、スープラで奈良と東京を往復されることも珍しくなかった。

 きっと当時(1990年代)はまだ新東名も名古屋湾岸もなかったから、東名から名神、大垣あたりで降りるか名古屋高速を経るかして、東名阪、名阪国道、西名阪というルートだったに違いない。筆者も同じ道をよく走ったものだ。どこかで早苗先生の駆るスープラと遭遇していたかも……。

 「まだスープラは地元にあるのよ。どうしたものかしらねぇ」、なんてことをおっしゃっていたように思う。まさかそのまま保管され、今になって再び登場してくるとは思いもよらなかった。

奈良トヨタ本社で行われた「奈良トヨタ80周年記念事業 STスープラ80レストアプロジェクト発足式」。登壇した奈良トヨタ代表取締役社長・菊池攻さん

  そんな1991年式のスープラを、高市早苗さんに当時新車で販売した奈良トヨタグループが正式にレストレーションすることが、2022年2月17日に正式に発表された。

 プロジェクト名は冒頭にも挙げた通り「STスープラ80」。STとはもちろん高市早苗さんのイニシャル。70なのに80というわけは奈良トヨタが今年80周年を迎えることに因んだものだ。

 スープラ高市早苗号のレストレーションは、奈良トヨタグループ社員のなかから有志を募って、10人からなるプロジェクトチームが立ち上げられた。

 エンジニア6人、ボディ関連2人、ペイント関連2人という陣容だ。「エンジンや内装を全て一旦ばらしてから取り掛かる」とプロジェクトチーフの越田実さん。完成の目処は今年秋。完成後は後ほど詳述する「まほろばミュージアム」に展示されるという。 

エンジニア6人、ボディ関連2人、ペイント関連2人という10人からなるスープラのレストアプロジェクトチーム。完成の目処は今年秋とのこと

 実は奈良トヨタグループは最近とみにクラシックカーレストアに熱心なディーラーだ。

 「これまでの経験とノウハウの全てを注ぎ込んで取り組んでいきたい。グローブボックスからは議員会館の駐車証なども出てきて、本当に愛情を持って乗っておられたのだなぁ、と感じ入った。早苗さんが奈良に戻られた際に、自身の原点を思い出してもらえるような存在になってもらえたら嬉しい」。(奈良トヨタ代表取締役社長・菊池攻さん)

高市早苗さんからビデオメッセージが寄せられた

 発表会には高市早苗さんがビデオメッセージを寄せられた。「自分で買った初めての新車だったので、思い入れも深い。(新幹線の)終電後に議員会館から奈良まで乗って帰ったこともある。レストアされたスープラに再会できることを心から楽しみにしています」。

 奈良トヨタではすでに初代カローラや初代クラウンなどのフルレストアプロジェクトをいくつか完遂しており、2021年11月にはなんと専用の展示場所として「まほろばミュージアム」までオープンさせている(詳細は後述する奈良トヨタ代表取締役社長・菊池攻さんのインタビューをご覧ください)。

 ミュージアムには初代カローラや初代クラウンのほか、セリカLB、スポーツ800、初代MR2など人気モデルも飾られており、珍しいところではトラックのスタウトまでレストアしている。もちろん全て、奈良トヨタグループの社員が創意工夫を重ねてレストアした個体である。

 ミュージアムの題字はオリンピアンでマラソンランナーの有森裕子さんが手がけ、ミュージアムには珠玉のクラシックカーのほか、元近鉄バッファローズの久保康生投手のメモリアルユニフォームなどの展示、昭和の懐かしい部屋を再現したコーナーを設けるなど、入場無料ながら家族ぐるみで気軽に楽しめる空間になっている。ちなみにクラシックカーの博物館としては奈良県で初めての施設だ。

次ページは : ■レストアが施される前のスープラ高市早苗号は今どんな状態?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ