ディーラーの洗車はこう頼め!! 手洗い洗車愛好家に捧ぐ ディーラー洗車あれこれ

ディーラーの洗車はこう頼め!! 手洗い洗車愛好家に捧ぐ ディーラー洗車あれこれ

 専門店に比べると、ディーラーの洗車はお粗末な部分が多く見える。洗車機で適当に洗われて、洗車傷をついて点検から戻ってくるという体験をしたことがあるユーザーもいるのではないだろうか。

 しかし、ディーラーでも依頼の仕方によっては、品質良く洗車を行ってくれるところもたくさんあるのだ。そこで今回は、カーディーラーに、良い洗車をしてもらうための、テクニックを紹介していこう。

文:佐々木 亘
画像:Adobe Stock(トップ:384499087@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】ディーラー洗車を高品質にしてもらうためのテクニックを画像でチェック(5枚)画像ギャラリー

■手洗い・機械洗車、どちらも傷のリスクは付きまとう

 洗車傷とは、予備洗いで落とし切れなかった異物によって付けられる。例えば砂埃が付着したボディに対して、流水で予備洗いを行うわけだが、よほど丁寧に行わないと、微細なものまでしっかりと流し切ることはできない。

 砂が残ったままスポンジやブラシで擦ってしまえば、ボディとスポンジの泡の間に砂などの異物が挟まり傷になる。手洗いでも機械洗車でも、事前の洗浄が不十分であれば、傷がつくリスクは同等だ。

手洗いも洗車機も事前の洗浄次第で傷がつくリスクは同等にある(209964720@AdobeStock)
手洗いも洗車機も事前の洗浄次第で傷がつくリスクは同等にある(209964720@AdobeStock)

 手洗いは傷がつきにくいとされているが、最近の洗車機は十分な予備洗いをするものも多く、下手な手洗いよりも傷がつきにくいものも多い。一概に、どちらがマシとは言い切れないところもある。

■専門業者とディーラー洗車の大きな違いは何か

 コーティングや洗車を専門に行うお店の洗車手順は「素晴らしい」の一言だ。ディーラーの洗車と大きく違うのは、使っている水の量と、使える時間の差にある。

 高圧洗浄機を使用するのは、双方に共通するが、汚れ落としにかける水の量は、専門店の方が圧倒的に多い。そして、ムース上になった泡で滑りを良くし、摩擦を最小限に小さくしながらクルマを洗っていくのだ。

 時間にして30分~60分、価格はプリウスなどのサイズで3,000円弱が相場だろう。

 専門店が収益の柱にする洗車だが、ディーラーでは点検・整備のついでに行われるサービスだ。

 点検・整備後のサービスでは、1件の洗車にかけられる時間は10分ほど、費用はユーザーから徴収していない(点検費用に含まれる)し、洗車を整備メニューに入れる店でも、費用の相場は1,000円~2,000円程度だ。

 どちらが高品質かは価格をみれば、一目でわかる。

 それでは、専門業者と同等とまではいかないが、質の高い洗車をディーラーに頼むためにはどうしたらいいのか。ディーラー整備の事情を理解すれば、その方法はわかるはずだ。

次ページは : ■時間を確保することが良質な洗車の一歩目

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ