【クルマの塗装にまつわる噂の真相】ボディを磨きすぎると塗装が磨り減るってホントなのか?


 洗車好きのオーナーがクルマを磨いていると、クルマ好きの先輩や仲間から「そんなに磨いてばかりいると、塗装が磨り減って下地が出てくるぞ!」と言われたことがあるかもしれない。

 昔のように塗装が痛んだクルマをあまりみかけなくなったが、実際にはどうなのだろうか? 

 磨きすぎで塗装が擦り減るということはなくなったのだろうか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


昔のクルマは磨きすぎると下地が出てきたことも

ひと昔前のクルマはメタリックカラーでも磨きすぎると塗装面の艶を失うクルマが多かった。当時はワックスが主流だった時代だ

「クルマを磨きすぎると塗装が擦り減る……」、今では都市伝説のように言われているが、実際、昔はあり得ない話ではなかった。それは昔のクルマの手入れの仕方と塗装の仕様が大きく影響していたからだ。

 1970年代までは洗車後に半練りワックスを塗って拭き取るというものが主流だった。これはワックスに研磨材が入っていてボディの小キズや汚れも落としながらワックスを掛けられるため、作業性がよかったのだ。

 そんなボディの手入れ法も、塗装とケミカル剤の進化で変わってきた。1980年代に入ると高級カーワックスが登場し、1990年代はさまざまな洗車用品が充実したり、洗車やコーティングを行なうプロの業者が都市部に増殖した。

 昔はソリッドカラーの場合、上層にクリアーを塗っていないクルマも多かったから、水アカを落とすためにコンパウンドなど研磨材が入ったケミカルで磨くとボディカラーがスポンジに移る、すなわち塗料の顔料が付着することも珍しくなかった。

 そのため磨き過ぎると塗装が磨り減って、グレーの下地塗装が透けてきてしまう、というトラブルも確かにあった。

 前述のように毎週末、半練りワックスを掛けていたようなオーナーのクルマでも、同様な症状が起こったこともあった。

 プロの磨き屋はそんなことにならないよう、ボディの角をマスキングテープで覆って、ポリッシャーを当てないように工夫していた。

 角は塗装時に重力の関係でどうしても塗膜が薄くなってしまうため、平面と同じように磨くと下地塗装が透けてきてしまう心配があるからだ。

 最近はクルマのスタイリングが丸みを帯びていることとポリッシャーのサイズや磨き方などを工夫することで、以前と比べ塗装面をマスキングする箇所は減る傾向にある。

最近の塗装は薄くて耐久性が高い仕様になっている

最近の軽自動車の塗装は、見た目の質感が驚くほど高くなっている

 燃費や衝突安全性、コストダウンのための軽量化と環境保全のための水性化もあって近年、クルマのボディの塗膜は薄くなっている。

 それでも表面のクリアー層は強靭なので、長期間ボディカラーのトップコート(中塗り)を守ってくれる。

 以前はソリッドカラーはクリアー層のない仕様もあったが、今では水性化もあってほとんどのクルマはクリアー層で表面が仕上げられている。

 クルマ趣味のなかでも洗車に凝っている人は少なくないが、毎週末の洗車時にワックスやコーティング剤の度に下地作りにコンパウンドで毎回磨くようなことなどなければ、10年以上は問題なく光沢を維持することができるハズだ。

 昔はクリアーの耐久性が低く、メタリック車の塗装が粉を吹いたように真っ白になってしまったこともあった。

 最近は20年くらい経過したクルマでは、保管状態が悪いクルマでクリア―が剥がれているクルマを見かけるが、塗装や錆の保証を付けているほど、自動車メーカーも耐久性には気を配っている。

次ページは : 色抜けや塗装が剥がれる信じられないトラブルもある

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ