ワゴンRスマイル絶好調! 両側スライドドアの威力を再検証する


 スズキが昨年9月に発売した「ワゴンRスマイル」の販売が好調な滑り出しを見せている。これがワゴンRか⁉ の常識を覆したマルっとしたスタイルに、今や必須アイテム化しつつある両側スライドドアも備えているところがウリ。

 ただ、よく見るとすごく作り込まれたいいクルマ感満載!! 人気急上昇のワゴンRスマイルの魅力に迫ってみる。

文/飯田裕子写真/飯田裕子、スズキ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】ワゴンRに「スマイル」ムーヴに「キャンバス」……ともに売れ筋はサブネーム車であーる(16枚)画像ギャラリー

■昨年10月の販売台数でワゴンRが王者N-BOXの独走を止めたことが話題に

かつての販売No.1の軽ワゴンRに昨年追加されたのが「ワゴンR スマイル」であーる。直線基調としていた本家ワゴンRからの派生車として、かわいらしいスタイルでの登場となった

 スズキが昨年9月に発売したワゴンRの両側スライドドアバージョンの「ワゴンRスマイル」の販売が好調だ。昨年10月のワゴンR全体の販売実績は8808台(全国軽自動車連合会集計)で首位となり、長らく続いていたホンダN-BOXの連続首位記録を止めたのは大きなニュースとなった。

 発売直後だからという見方もできるけれど、正直に言ってN-BOXの人気は群を抜いているうえ、スーパーハイト系モデル(ダイハツタントやスズキスペーシア、日産ルークスなど)人気の層は順位に係わらず厚い。

 10月以降もそれまでは10位前後が定席だったワゴンRはほかのハイト系(日産デイズやダイハツムーヴ、スズキハスラー)やミラやアルトなどのスタンダート系、SUVたちもひしめくなか、ハイト系のトップセラーとして第2集団の上位を走り続けている。

 そんなワゴンRの販売の好調ぶり、その半数以上をスマイルが占めているという。しかも少なくとも7割は女性ユーザーなのだとか(これは登録名義が女性になっている割合であり、実際のユーザー数ではない)。

■今や指名買いも出るほど欲しい装備となった、スライドドアを採用して人気復活!!

 ここ最近のワゴンRの販売を牽引している特徴のひとつが両側スライドと質感にもこだわった個性的なデザインだ。

 ディーラーに「スライドドアのモデルはありますか?」とスライドドアを指名してお店を訪ねる方も多いそうで、スズキがハイト系モデルにもスライドドアを採用した背景にはユーザーのニーズを叶えるモデル作りがあったという。

 軽自動車のボディの全長3395mm×全幅1475mmは各社ともに同数値。違うのは全高で、スーパーハイト系なら1800mm前後であり、それらには今やスライドドアの採用は当たり前となっている。近年ではアウトドア志向の方もユーザーにいるが、子育て世代や介護や介助の必要な高齢の両親を持つ

■今やハイト系ワゴンにも両側スライドドア仕様がマストとなってきた

ルーフはそんなに高くなくてもいい。でもスライドドアは欲しい。そんなユーザーのニーズに応えて登場!! ワゴンRを名乗ったのは先行しているムーヴキャンバスへのリスペクト……と捉えたい

 一方、ハイト系は全高1600mm台のなかで寸法はメーカーによって異なる。全高の高さ=室内高は高いほうがいいが、スーパーハイトモデルたちほど高くなくてもいい。でも、狭い駐車場での乗り降りの際などで隣のクルマに気を遣わなくていいという安心感もあってスライド式ドアが好まれる傾向がうかがえる。

 そんなスライドドアの開口幅600mmやリアのステップ高345mmはすでにスペーシアで定評のある広さや高さを採用し、乗降性にも優れる。また、大きな荷物やお子さんを抱っこして車外で出る際などに便利な「パワースライドドア予約ロック機能」なども備えているのも便利。

 ハイト系モデル+スライドドアの人気ぶりの裏づけと言えるのがダイハツムーヴキャンバスだ。元祖ムーヴには採用していないスライドドアをこのクラスとして初採用したこちらも、個性的なデザイン(しかも8割の方が個性の強いストライプカラーを選ぶらしい)とともに今やムーヴのなかでも圧倒的に

次ページは : ■ワゴンRとムーヴハイト系ワゴンの2TOPがともにスライドドア搭載車が人気の中心に!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ